CLIP STUDIO PAINTで線が描けない場合がある

827 views
ClipStudioFAQ

ClipStudioFAQ

CLIP STUDIO PAINTで線が描けない場合は下記をご確認ください。

■カーソルがOS標準の矢印や禁止マークになる場合

【矢印のカーソルの場合】
キャンバスが作成されていません。

[ファイル]メニュー→[新規]からキャンバスを作成して描画してください。


【禁止マークの場合】
[用紙]などの描画が出来ないレイヤーか、ロックされたレイヤーが選択状態になっています。

[レイヤー]パレットを確認の上、ラスターレイヤーを選択して描画してください。
※ラスターレイヤーは、[新規ラスターレイヤー]アイコンから作成出来ます。

■カーソルは正常でも、ストローク時に何も描かれない場合

【選択範囲の確認】
選択範囲が作成されている場合、選択範囲外では描画出来ない状態になっています。

[選択範囲]メニュー→[選択を解除]をクリックし、選択範囲を解除してから描画してください。


【表示倍率を確認】
表示倍率が小さい状態で細い線を引いていると、線を視認出来ない場合があります。

表示倍率を100%にして、線が引けているかどうかご確認ください。


【選択中のツールを確認】
消しゴムツールなどの、描画出来ないツールを選択しています。

ツールパレットで、ペンや鉛筆などを選択して描画してください。


【描画色を確認】
白色や透明色が選択状態になっています。

ツールパレット下部のアイコンで、黒色が選択状態になっていることを確認して描画してください。


【レイヤーの表現色を確認】
黒ではない薄めの色を選択している際に線が描けない場合、モノクロのレイヤーに描画しています。

モノクロのレイヤーに描画すると、濃い色は黒、薄い色は白に変換されて描画されます。

薄い色で描画する場合は、新規作成時に基本表現色を[カラー]にしてください。


【レイヤーの並び順を確認】
選択中のレイヤーより上にレイヤーがある場合、上のレイヤーで、線が隠れています。

レイヤーパレットで、選択中のレイヤーを一番上に移動し、描画してください。

■マウスだと描画出来る場合

マウスだと描画が出来て、ペンタブレットだと出来ない場合、ペンタブレットに問題が発生してます。

タブレットドライバをアンインストールし、最新版のドライバを再インストールしてください。

ワコム社のタブレットドライバの再インストール手順については、下記ページをご参照ください。

https://tips.clip-studio.com/q/articles/853

Can’t find your answer on Tips?

Question & Answer forum

Related articles

New

New Official Articles