クリスタでAutoHotkey、通称AHKという外部マクロを活用する為のTIPSです。
実際に使っているコマンドを紹介します。
AHKの導入法については各自ググって勉強してください。

まずは最も基本的な、複数キーの同時押しを任意のキーに変更するコマンドを紹介します。
初心者はこの辺から初めてはいかがでしょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

SetDefaultMouseSpeed, 0 ;マウス移動を瞬間移動にするコマンド
SetKeyDelay, 0 ;コマンド間隔を0にするコマンド この二つはAHKファイルの先頭に置いておく

~Space & a:: ;同時押ししたい任意のキー
IfWinActive ahk_exe CLIPStudioPaint.exe ;クリスタでのみ発動するというコマンド
{
Send,^!+{F8} ;割り当てるキー
}
Else
{
Return
}
Return

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

spaceとAキーを同時押ししたらCtrl Alt Shift F8が実行されます。
スペースキーを修飾キー代わりに用いてショートカットを増やす目的のコマンドです。
~以下のコマンドを複製してキー部分を任意のキーに書き換えて使ってください。
;より右はコマンドに干渉しない説明文なので消しても大丈夫です。
例えばZとBの同時押しにShift F12を割り当てたい場合は…

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

z & b::
IfWinActive ahk_exe CLIPStudioPaint.exe
{
Send,+{F12}
}
Else
{
Return
}
Return

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

このようにコマンドを書き換えます。
AHKはほぼ全てのキーに対応しているので好きなだけショトカを増やせます。
同時押しする際に先に押したキーは実行されるので機能の競合しないキーを設定しましょう。