▼完成イラストはこちらです。
・作者プロフィール:筑波マサヒロ
会社員のかたわら絵を描いている。仕事で絵を描くこともあるがプロではない。SFとドラゴンとロック好き。

[1]ワークスペースの準備

今回、CLIP STUDIO PAINTを初めて使うので、解説はツールの使い方よりも絵を描くための作法が中心になりますが、1から10まですべてCLIP STUDIO PAINTだけで行っていきます。
まずは、準備から始めます。

ソフトウェアを起動すると初期設定のウィンドウレイアウト(ワークスペース)で表示されますが、必要な機能だけ、必要なときにアクセスできればよいので、必要なウィンドウ以外は消して使おうと思います。

必要になる機能は恐らく「レイヤー」「ブラシ」「消しゴム」「グラデーション」「選択範囲」になると思われますので、[ツール]パレットにはそれらのアイコンだけ表示しておきます。
また、[サブツール]パレット内のデフォルト素材も選択時に邪魔になるので消しておきます。
[ブラシ]ツールも、[サブツール]パレットをスクロールするような数は使わないと思いますので、パレットに収まる個数にしました。あとでブラシを作るので、ここで残したものも消すかもしれません。

レイヤーは今までの自分の経験から、かなりたくさん使用すると思うので、[レイヤー]パレットは右側に1列で配置します。
ブラシなどの[ツール]パレット、[カラーサークル]パレットはアクセス率が高いので画面真ん中、上部に配置しました。
[ヒストリー]パレットは、何が起こったか確認したいのでログとして左側に出しておくことにします。

インターフェースの色は絵の色みを確認しやすい暗い色にしました。
※インターフェースの色は、[ファイル]メニュー→[環境設定]→[インターフェース]→[カラー]で変更できます。

まとめると、だいたいこんな配置のワークスペースになります。
①[ヒストリー]パレット/②[サブツール]パレット/③[カラーサークル]パレット/④[ツール]パレット/⑤[レイヤー]パレット

[2]ブラシの作成

[サブツール]パレットにあらかじめ収録されているブラシ設定を使ってもいいのですが、難しくなさそうなので新しく作ることにしました。

作成したブラシ先端画像は、細長「01」、四角形の2つの角を斜めに切ったもの「02」と、それを細くした「03」の3種類です。
この中の真ん中のブラシ先端形状をメインに使用します。

この角の立った画像を先端形状に設定したブラシは、デフォルトの丸い先端形状のブラシと違い、ふにゃふにゃな感じをなくすことができるため、結果的にイラスト全体をスマートなイメージに引き締められます。

・「ブラシ1」
インクの下地混色:色混ぜ/ストロークの間隔:2.0

・「ブラシ2」
インクの下地混色:色混ぜ/ブラシ先端の向き:47.0/ストロークの間隔:2.0

「ブラシ1」をメインに使用しますが、斜めに傾いていた方が都合のよい角度の線を描く場合や、軽いストロークで描きたいときには「ブラシ2」を使用しました。

講座内で解説しているオリジナルブラシは、CLIP STUDIO ASSETSからダウンロードできます。検索ボックスに作家名を入力するか、または「講座紹介」と入力して検索してください。
※ダウンロードするには会員登録(無料)が必要です。

[3]キャンバスの作成

この講座の依頼内容は、イラストサイズの指定がA4サイズ350dpi以上だったので、画素数はおおよそ3500px×2500pxくらいになると思いますが、背景メインのイラストとはいえキャラが入る予定なので、キャラを描くスペースにA4サイズ分をとっておきます。
ということで、横長の構図でも縦は3000px以上必要になるため、余裕を見て7500px x3500pxにしました。
まぁ、このサイズなら別のテーマで描くことになってもギリギリ収まるので目安にしておけます。

普段は今回の指定サイズの2倍~3倍(が理想)で描きますので、縦か横が10000pxを超えることや最終的なファイルサイズが1GBを超えることも珍しくありません。
最近は、それをたやすく扱えるようになったので時代は変わったものです。64bitさまさまですね。