Arcanine - フルペインティングチュートリアル

1,238 view

前書き

このチュートリアルでは、技術的な部分とアートワークを作成するときの考え方について説明します。ご覧のとおり、私は自分のプロセスを8つのステップに分けました。そのうちの1つについて説明します。あなたがより実用的なデモンストレーションにもっと興味があるならば、私は記録されたプロセスを下にリンクしました。

https://youtu.be/n21wZnqIkn0

1-スケッチ

最初にすることは参照収集です:あなたはあなたが描くことになっているものを知っている必要があります、あなたは特にそれがすでに存在しているキャラクターであるならば、あなたは正確である必要があります。手短に言うと、あなたが描いているものを理解するのに役立つ参考写真を見つけてください。

新しいキャンバスを作成するには、紙のアイコンを選択するか、[ファイル]> [新規]の順に選択します。解像度を300 dpiに設定すると、印刷したりサイズを変更したりするのに問題があります。

今あなたの考えをスケッチしなさいスケッチには、明るいオレンジ色とデフォルトの明るい鉛筆を使います。
設定:

2 - ベースカラーを塗りつぶす

1.スケッチレイヤに移動して[Multiply]に設定します。これで線が暖かくなり暗くなります。

2.不透明度100%、ブレンド0%のブラシを使用して、スケッチの下の別のレイヤーに描画を塗りつぶします。この作業には[カブペン]を使用するのが好きです。

3. 2つの[グラデーションマップ]レイヤーを使用して、彩度の低いオレンジと黄色にします。私は通常少し暗くて彩度の低い色から始めて、より活気のある色へと私の道を築きます。

4.私は自分の光源が暖かいと想像しています、それは私の影がわずかに涼しくなることを意味します。影の形を彩度の低い青で塗りつぶして、効果を際立たせます。

3 - 光、影そして色温度

1.すべてのレイヤーのコピーを1つのレイヤーにまとめて表示することで、レイヤー>結合を新しいレイヤーに表示することで画像を平坦化できます。これは非常に便利です。

2.先に述べたように、Arcanineは暖かい日差しで明るくなり、その効果を生み出すために、デフォルトの[Soft] - [Airbrush Tool]をダークブラウンでペイントしてから、[Glow dodge]のようなレイヤーブレンドモードにします。 ]。

3.私はそれをもう少し面白くするためにいくつかの異なる青/緑の色合いでペイントします。

4.濃い青の[グラデーションツール]を使用してグラデーションを作成し、それを[ソフトライト]モードにします。これは焦点を設定するのに役立ちます。

5.次に、レイヤー>新しい補正レイヤー>トーンカーブの順に選択して、影用の[調整レイヤー]を作成します。より濃くて彩度の高いバージョンが見つかるまでカーブの周りを移動します。その後、[レイヤーマスク]パネルでレイヤーを完全に消去してから、そのパネルでペイントして影を表示します。

6. [オーバーレイ]モードのレイヤーで、目を明るくするために薄い色でペイントします

4 - クリッピングとレイヤーマスクは非常に便利で、これがその理由です。

両方ともレイヤーパネルにあります。

クリッピングマスク:
描画プログラムの最も便利な機能の1つです。彼らがしていることは、下のレイヤーを参照しているクリップされたレイヤーの中の見えるペイントされた領域を制限することです。ですから、基本的には下の画像の境界を越えることはできません。例えば :

レイヤーマスク:
それらは同じ原理で動作しますが、同じ制限はありません。
クリッピングマスクは必ずしも望みどおりに機能するわけではありません。それが、レイヤーマスクが役に立つときです。たとえば、1) "ベースカラー"レイヤーが外れている場合はクリップがフォルダーレイヤーとうまく動作しません。2)メインレイヤーとクリップされたレイヤーの近くにいられない場合は。
溶液
1.メインレイヤーを選択して、レイヤー>レイヤー選択>選択範囲の作成に進みます。これでレイヤー内のすべてが選択されます。フォルダに移動してマスクボタンを押すと、フォルダ内のすべてのものが選択した境界線の内側に残ります。
ポイント1と同じ処理

5と6 - レンダリングとクリーンアップ

塗装は、主に[ソフト] - [エアブラシツール]で作成したブラシを使用します。最大の硬さと80/90%の不透明度で、それは非常にうまく混じり合っています。私はまた、明るい部分と暗い部分との間のやりとりが、他の部分よりも暖かく/赤くなり、飽和していることを心に留めています。
設定:

7 - 色相バリエーション

色相の範囲が広いことは、私がアートワークの中で本当に面白いと思うものですので、ここでそれを実装しようとしました:

ここで私がしたのは、主に肩の上の[Multiply]と[Overlay]に濃い黄色と紫を使ったものでした。さらに、私は[オーバーレイ]の上に明暗のトラディションを赤で強化しました。

8 - 仕上げタッチ

最後の仕上げには、[トーンカーブ]や[レベル]などの[調整レイヤー]を使用します。今回はいくつかの光と色を追加するために[グラデーションマップ]を使用しました。

Sepiaはデフォルトのグラデーションで、その他はこのグラデーションセットのものです。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1715895

このチュートリアルが役に立つことを願っていますし、質問がある場合はお気軽にお問い合わせください。
あなたが私のアートが好きならあなたは私のソーシャルメディアでそれのより多くを見つけることができます

https://www.instagram.com/coldsteam_art/
https://coldsteam.tumblr.com
https://www.deviantart.com/coldsteam-art
https://www.youtube.com/channel/UCMir888X28oo3h-wbNZ2dOA?view_as=subscriber
https://twitter.com/coldsteamart

コメント

関連する記事

新着

公式 新着