単層カラーリング

880 view

前書き

これは、1つのレイヤーを使用した色付けの私の方法にすぎないことに注意してください。ラインアートは個別に保持されるため、「1レイヤーペインティング」ではありません。タイトルは、ラインアートのピースを1レイヤーだけで着色または「ブラッシング」することを指します。読んでくれてありがとう!

パート1:着色順序

1.図面をスケッチします。

2.好みのツールで図面に線を引きます。ラインとスケッチの両方のレイヤーを最後まで保持するのが好きです。ラインレイヤーの不透明度は約50〜60%に設定されます。

3.新しいレイヤーを作成し、「BG」または「background」という名前を付けて、線の下に移動します。このレイヤーをすべてのカラーリングに使用します。私は他の何よりも先にこの背景手順を作成して完了します。
要素に番号を付けることで、<coloring priority>の順序を決定できます。

以下に示すように、「空」は1、「床」は2、「キャラクター」は3です。

最初の要素「空」を完成させます。
[ヒント:レイヤーを追加すると星が鮮明で光沢のあるものになります]
スターレイヤーを使用した場合は、BGにマージします。

パート2:優先順位2

好みのペイントツールを使用して、2番目の優先順位の場所から開始します。
1層の絵画では、きれいな作品を得るために、部品で仕上げることが良いでしょう。

最初にシャドウトーンでブラシをかけ、次に徐々にライトトーンを加えます。ペイントを終えたら、あちこちで細部を磨きます。

パート2(B):2番目の優先順位

オーバーレイと追加(明度/グロー)フェーズ:レイヤーにキャッチーな色をエアブラシして、生き生きと見えるようにします(以下を参照)。ペイントを続行できるように、後でレイヤーをBGレイヤーにマージします。この[色調整]を検討します。

パート3:キャラクター

これでフロアが完成したので、コンポジションの最後の要素であるキャラクターのブラッシングを開始できます。

1.最初のトーンを追加
キャラクターを慎重に磨きます。消しゴムはペイントしているレイヤーだけでは使用できないため、間違いを修正するには色とブラシツールを使用する必要があります。
最善の方法は、あなたの列にとどまることです。この1層のみの手法は、かつて「床」だった部分をブラッシングすることでさまざまなトーンを作成できるため、非常に優れています。

[ヒント:最大限の注意を払うために、行の最後を最後に残すことをお勧めします。]

2.次の図に示すように、周囲のトーンを追加してキャラクターをブレンドします。キャラクターの近くの場所での編集は非常に時間がかかるため、今までにペイントの他の部分を終了していることを確認する必要があります。

細かい部分、特に肌や衣服に重なる部分は常に最後です。

研磨とクリーンアップ

結果に満足するまで、キャラクターのブラッシングを続けます。

掃除:
ブラシツールとピックアップツールを使用して、間違いを修正します。あなたの間違いの領域を囲む色を取り、それを再びカバーします。

最終オーバーレイ調整:
以下の丸で囲まれた部分は黄色と青でエアブラシされています。

最終追加レイヤー調整:
ハートとライト、オレンジと黄色のエアブラシ。

これは、1つのレイヤーで図面をブラッシングするプロセス全体です。描画中、必要な色が見つかったらすぐにレイヤー調整をマージする必要があります。これにより、レイヤーのペイントを続行できます。
読んでくれてありがとう!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着