製図

15,080 view

描きたいものを選択したので、最終ドラフトから始めましょう!

新しいベクターレイヤーを作成します。モノクロレイヤーが提供しない不透明度の切り替えが必要な場合があるため、通常はグレーのままにします。

この段階で建物を描画するプロセスは、「ボックス」を描画し、それらに詳細(ウィンドウ、レンガなど)を追加することを要約しています。




ルーラーで許可されていない線を描画するには、クリック+ Shiftを使用します。

構図が古くなりすぎないように、より多くの消失点を作成して建物や物を描いて角度を区別することができます。

ルーラーレイヤーで、ルーラーをクリックして選択します。次に、右クリックしてウィンドウを開きます。 [消失点の追加]を選択します。新しい消失点を水平線に沿って希望する位置に配置します。

この段階では、より正確に入力する必要があります。なぜなら、インクを塗るときは、できるだけ明確にする必要があるからです。

幸いなことに、私たちが本当に厄介であっても、親友のベクター消しゴムは特定の運命から私たちを救います。

 ドラフトが十分にきれいになり、低不透明度で簡単に理解でき、簡単にインクが塗れるまで、余分な行を洗練および消去し続けることができます。

仕事を始める前に、下書きをできるだけきれいで詳細なものにしようとしましたが、その後、できる限りシンプルに保つことが最善であることがわかりました。

だから私は提案する:

-落書き風の背景を描きたいですか?満足できるまで下書きを調整します。

-あなたのプロセスの写真をSNSに投稿したいですか?満足できるまで下書きを調整します。その後、インクで仕上げます。

-コンテスト/商業プロジェクトのコミックを描いていますか?ここでは時間の節約が最善の選択です。インクを入れるときに理解できる最小限のドラフトを作成します。

これが最終ドラフトです!

いくつかの線がルーラーの視点に従って描かれていないことがわかります。これは、図面がより自然な感じになるためです。

また、私の経験から、背景が「正しく」感じられ、見栄えが良い限り、遠近法はすべての行で100%正確である必要はないことを学びました。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着