24フレームを使用した拡張降雪ループ

3,300

序文

このデモでは、簡単な降雪アニメーションを作成する方法について説明します。

多くのビデオ編集ソフトウェアがまともな降雪効果をすばやく生成できることを考えると、このチュートリアルはおそらく最も便利なものではありません。ただし、私がデモンストレーションする特定のテクニックは、他のエフェクトやループアニメーションに適切に適用できます。

「雪が降る」効果のデモを選択したのは、より複雑なアニメーションと効果を開始するための良い出発点として、簡単でシンプルなアニメーションから始めるためです。たとえば、「降る雪」は簡単に「降る花びら」や羽になる可能性があります。また、適用された手法は他のアプリケーションでも利用できます。この特定のアプリケーションでは、ループ内の.gifをシーケンスで別の人の代わりにアニメーション化する場合、このデモのほとんどの同じ手法を適用して生成します。効果。

概観

私は、毎秒24フレーム、12セルの描画で1秒ループをデモンストレーションします。エクスポートファイルは、毎秒12フレームになります。

これを作成するために私がデモンストレーションするいくつかの簡単なテクニックは次のとおりです。
-ループするシームレスで流れる.gifを作成する方法
-後続のループで継続してアニメーションを拡張する方法
-アニメーションのフレームシーケンスの再配置

オブジェクトを利用したこのデモのやや高度なバージョンについては、代わりにviciaiaが投稿した2020年1月のTips of the Month GOLDの報酬受賞者を参照してください。https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2679

最初のセットアップ

まず、ファイルを開くか、新しいファイルを作成します。既存のファイルから作業している場合は、新しいタイムラインを作成してから、新しいアニメーションフォルダを作成します。

私のバージョンからわかるように、「新しいイラスト」の設定を使用してアニメーションを作成することは、理想的とは言えません。私のバージョンでは、毎秒8フレームに自動的に設定されているようで、この特定のメニューでは変更できません。

以下は、生成された「動くイラスト」ファイルです。

これに関する私たちの目的のいくつかの問題は、すべてのセルがすでに作成されており、すべてのレイヤーがアニメーションフォルダー内に作成されていることです。必要なのは、最初のセルのみが作成された明確なスレートです。したがって、アニメーションフォルダを削除して新しいフォルダを作成し、タイムラインで最初のセルを指定します。

ファイルを作成した後、フレームレートを調整できます。次のポップアップメニューの[アニメーション]> [タイムライン]> [フレームレートの変更]に移動します。フレームレートを24に変更します。ファイルがすでに24フレームに設定されている場合は、[フレームの総数を変更する]ボックスをオンにしないでください。再生時間を保持し、それに応じてフレーム数を調整します。完了したら「OK」を押します。

この特定のアニメーションでは、毎秒24フレームに切り替える必要はありません。これは、私がアニメーションに慣れているため、使用するものです。

私がアニメーションファイルを使い始めたとき、タイムライン上にそれを参照する既製のアニメーションフォルダー、セル、およびフレームがあります。デフォルトでは、そのセルはラスターレイヤーとして設定されます。

このデモでは、ベクターレイヤーを使用します。ベクターレイヤーは、このデモの目的で使用する方が簡単だからです。ラスターレイヤーの使用を計画している場合、このチュートリアルに従っている場合は、実行する手順にいくつかの調整を行う必要があります。アニメーションレイヤーをラスターからベクターに、またはその逆に変更するために必要な特別なことはありません。右クリックして「Convert Layer(H)...」に移動し、ポップアップメニューの設定を変更します。

このデモでベクターレイヤーを使用することを選択した理由は、新しいレイヤーを作成せずに、他のベクターレイヤーから選択したパーツをコピーして貼り付けることができるためです。

私の例よりも複雑なものを作成する場合は、フォルダーを使用してアニメーション化することを強くお勧めします。または、ラスターレイヤーを使用している場合は、コピーと貼り付けも機能しないためです。さらに、セルを単一のレイヤーではなくフォルダとして使用している場合、遭遇する可能性のある他の問題はより簡単かつ迅速に解決されます。

フォルダーを使用してアニメーション化するように切り替えるには、フォルダーをアニメーションフォルダーに作成し、タイムラインで参照します。

タイムラインの設定

まず、実際にセルを作成する前に、アニメーションタイムラインでアニメーション化するセルを準備します。

「2」でアニメートするので、2つのキーフレームを「ビトウィーニング」するのではなく、「真っ直ぐ」なアニメーションを実行し、各フレームが等間隔になるため、「」を使用してすべてのフレームをすばやく生成できます。バッチ指定。」これについては、Clip Studioが投稿した「手描きアニメーションの便利な機能」チュートリアルで説明されています。https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2049

2番目のフレームを選択します(私のタイムラインは0から始まるため、1とラベル付けされています)。次に、バッチ指定を押して、アニメーション用のセルを生成します。

[注:現在の最新バージョンでは、「バッチ指定セル」は「アニメーション>セル指定」ではなく「アニメーション>トラックの編集」にあります]


「セルの一括指定」メニューの「値を指定(N)」は、タイムライン上にアニメーションセルを作成し、「開始番号」と「終了番号」に入力した番号をレイヤー名として使用してラベルを付けます。既存のアニメーションセルの名前を指定して、既存のアニメーションセルを参照し、タイムラインに新しいコピーを作成します。

すでにセル1があるため、「開始番号」として「2」を入力し、セル番号「12」で終了するため、それを終了番号として入力します。 「2」をアニメートするときに、「フレーム数」を2に変更して、各セルが2フレーム保持されるようにします。これ以上セルを作成したくないので、「繰り返しの数」をチェックしたままにし、シーケンスを繰り返さないように「1」に設定します。

タイムラインの結果は次のようになります。

ご覧のように、セル1は元々アニメーションの長さを実行していたため、フレーム0とフレーム23に設定されています。そして、最初と最後のフレームが同じ画像を参照する必要があるので、そのようにしたいと思います。ループがあるため、アニメーションがループするとき、すべてのセルが同じ時間保持されます。

最後のフレームがセル「1」を参照していない場合は、タイムラインでそのフレームを右クリックしてセル「1」を参照するように設定するだけです。

12セルを超えるアニメーションを作成する必要があり、Clip Studio Proを使用している場合は、初期ループを完了してから戻り、残りのアニメーションを終了した後、最初または最後のフレームを新しい中間セルに変更することを検討してください。

これで準備が整いました。

スノーフレークのアニメーション-最初のパス

まず、アニメーションフォルダーの外側の新しいレイヤーをたどるスノーフレークのパスを緩く描きます。これは完全に必要なわけではありませんが、アニメーションの次のスノーフレークをどこに配置するかを理解するのに役立ちます。ゆるいジェスチャーラインだけで十分です。通常、雪片を下に置くと、ほとんどカーブをたどりません。

パスを参照に変換します-不透明度を調整し、レイヤーの色を変更してロックします。

アニメーションフォルダーのレイヤー1で、スノーフレークを作成します。ゆるくしているので、実際の雪の形ではなく、単純な形で降雪します。雪を表す小さな六角形を作ります。

最初のスノーフレークを所定の位置に移動します。スノーフレークをシーンに「入る」ように表示したいので、開始点の端から半分のところに配置します。

次は新しいレイヤーを作ることです。レイヤー「1」を選択して、新しいコピーを作成するだけです。レイヤー名は自動的に「2」に変更され、自動的に2番目のセルとして参照されます。

ここで、オニオンスキニングをオンにするためのメモを作成します。これにより、前のフレームと次のフレームのアウトラインを確認して、アニメーション化する際の参照ポイントを提供できます。詳細については、Clip Studioによるこの公式チュートリアルに記載されています。https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2048#f8978c94

スノーフレークをそのレイヤー上の位置に移動します。次のようになります。

レイヤー2を配置した後、レイヤー「2」の新しいコピーを選択して作成します。これにより、レイヤー「3」が生成されます。レイヤー「1」の新しいコピーを貼り付けないでください。別の名前が生成され、タイムラインで自動的に参照されなくなります。

新しいレイヤーのスノーフレークを適切な位置に移動します。

作業した最後のレイヤーの新しいコピーを作成し、レイヤー/セル「12」が完了するまでスノーフレークを所定の位置に移動する同じ手順を繰り返します。これは、フレーム「7」での様子です。

よく見ると、その画像にわずかな間違いがあります。無視してください。気が付いたら後で直した。 (フレーム1と2のスノーフレークの位置が入れ替わっているので、細心の注意を払うと、タマネギの皮が少しずれて見えます。ほとんど目立ちません)

スノーフレークのアニメーション-2回目以降

最後に到達すると、セル1に戻りますが、アニメーションの最後のフレームに戻ります。

タイムラインの最後のフレームを実際に選択していることを確認してください。レイヤー「1」を選択すると、タイムラインの最初または最後に配置されます。フレーム0/1にいると、オニオンに関しては役に立ちません。肌。

ここから先のレイヤーのセグメントをコピーして、作業中のレイヤーに貼り付け、必要な調整を行って所定の位置に移動します。前のサイクルからまったく変更されていない単純な形状を使用しているので、同じレイヤーのスノーフレークを選択してコピーし、代わりに所定の場所に移動するだけです。

ベクトルではなくラスターを使用している場合は、セルを参照する代わりにセルを参照する方が簡単な場合があります。これにより、新しいレイヤーをコピーしてフォルダーに貼り付けることができます。

セル2のアニメーションに戻るときに注意すべき点は、オニオンスキンがないことです。あなたがしたいことは、セル1の最後のフレームで何かを参照することです。

私がやったことは、最後のフレームで、セル1のセル2とセル3に2つのマークを付け、セル2と3に雪片を置いて、戻ってマークを削除したことです。これが機能するのは、私のアニメーションが単純だからです。

 より複雑なものを作成する場合は、セルのフォルダを使用し、セル1内のレイヤを使用して参照マークを描画し、セル2および3にコピーして使用することをお勧めします。

これは、毎秒12フレームで完了した単一ループのエクスポートです。

降雪効果の作成

雪片の単一ストランドがループ状に落ちたので、降雪量を増やして実際の降雪効果を作成します。

アニメーションフォルダを選択して、新しいコピーを作成するだけです。単純な「Ctrl + C」と「Ctrl + V」で十分です。

次に、新しいアニメーションフォルダを選択し、移動して変形します。 「Ctrl + T」を押すと、選択を変形してドラッグできます。

これは、アニメーションの1つの複製コピーのプレビューです。

これですでに潜在的な問題がどこにあるかをいくらか見ることができます。これは両方のストランドのまったく同じアニメーションなので、非常に明白で退屈な可能性があります。

アニメーションフォルダーの次のいくつかのコピーを使用して、アニメーションを実際に回転および反転させて、それを変更しましょう

これは、アニメーションをコピーして、平行移動、反転、回転した後の結果です(どちらかの方向に最大60度まで回転できるため、残りが落ちるときに雪が不自然に浮き上がりません)。

アニメーションを左右にしか翻訳しなかったため、ステージに表示されているものを超えてアニメーションを拡張しなかったため、ここに新しい問題があることがわかります。

私が行ったのはアニメーションをコピーして貼り付けてから変換することだけだったので、問題を修正する簡単な方法は、最初のアニメーションに戻ってそれをいくつかのラウンドに拡張して、アニメーションを上下に移動してずらすことです。雪が降るので、ステージ上でアニメーションを左右にシフトできるだけでなく、より自然に見えます。

ただし、問題を修正する別の方法を紹介します。
一部のアニメーションシーケンスのフレームの順序を再調整する

簡単に言うと、アニメーションフォルダーに移動して、すべてのアニメーションレイヤー/セルの名前を変更/ラベル付けして、それらを再配置するだけです。このアニメーションを6セル下にシフトしたので、セル「12」の名前をセル「6」に、セル「11」の名前をセル「5」に変更しました。

通常、アニメーションフォルダー内のレイヤーの名前を変更すると、同じ名前を共有する対応するセルもその名前の変更に合わせて変更されます。ただし、レイヤーの名前を既存のセルに変更しているため、レイヤーにリンクされている対応するセルの名前は変更されません。既存のセルに名前が変更されたレイヤーは、既存のリンクがない場合、代わりにそれらのセルにリンクします。

残念ながら、フォルダー内のレイヤーを再配置し、「セルの指定」の下にある「レイヤー順に名前を変更する」機能を使用しても、各レイヤーの名前を別のセルに手動で変更するのと同じことはできません。 「レイヤー順に名前を変更する」機能を使用すると、セルとレイヤー間のリンクが保持されるため、タイムラインセルはすべて、フォルダー内の変更に合わせて名前が再割り当てされます。

または、タイムラインに移動し、タイムライン上のフレームを右クリックして新しい参照レイヤーを選択することにより、参照されているレイヤーを数フレーム上に移動します。したがって、フレーム0(1)とフレーム23(24)は代わりにレイヤー6を参照し、フレーム1(2)は7を参照し、フレーム3(4)はレイヤー8を参照します。

これは、アニメーションの2つのストランドを6セルだけシフトした後の外観のプレビューです。

かなりよく見えますよね?しかし、いくつかのストランドはまだ類似しすぎて互いに近接しているため、十分ではありません。だから私はいくつかのより多くのストランドを通過し、アニメーションを4セル分シフトして、もう少しバラエティを作成します

完成品

これは、アニメーションのいくつかのストランドを4セルずつシフトして洗練されたバージョンで、毎秒12フレームでエクスポートされ、すべてのフレームをキャプチャします。これは、このチュートリアルの上部に投稿されています。

正直なところ、大きなステージで十分に大きな降雪効果をアニメートする場合、セルをシフトすることは、元のアニメーションに戻って数ラウンド下に延長するよりも多くの作業になります。ただし、これはコピーされたストランドをあまり必要としない短いシンプルなアニメーションであるため、アニメーションストランドのいくつかのコピーでセルの再生順序を調整する方が簡単でした。

このテクニックを他のループ.gifアニメーションにも適用できます。最初にすべてをアニメーション化してから、表示として最適なセルを見つけ、アニメーションの順序を最初に変更します。

セル/フレームを再配置するこの手法は、参照画像で雪をアニメーション化していて、雪を元の画像と正確に合わせる必要がある場合にも使用されます。通常どおりにアニメートし、アニメーションを1つのフレームでオリジナルと揃えます。これをマークすると、後ですべてのフレームを再配置して、そのフレームを最初のフレームとして表示できます。


以上です〜!!

私のチュートリアルを読んでくれてありがとう〜私はこれを作っている間に多くを学びました、そして、うまくいけば、これのいくつかはあなたにも役立ちます!

コメント

新着

公式 新着