ベクトル曲線の紹介

591 view

概観

連続曲線ツールには3つの主要な曲線オプションがあります(4番目は直線なので、除外します)。これらの3つの主要な曲線オプションは、Clip Studio Paintでベクトル曲線をプログラムする方法です。これらのそれぞれには、使用に関して独自の長所と短所があります

このチュートリアルでは、ベクトルカーブの一般的なタイプと、どのタイプの作業に理想的なカーブの一般的な例をいくつか取り上げます。

さらに、どのタイプのベクトル図形を利用するか、またはどのタイプの曲線に変換するかについて話します-このセクションは、Clip Studio Paintの更新に応じて変更される可能性があります

スプライン

スプライン曲線は、選択した点を通る線を通過させ、それらを通る曲線を形成することによって描画されます

スプラインの長所に関しては、連続曲線ツールの使用方法を学習するときに使用する3つのうち最も直感的です。追跡している線に沿って次の点をクリックするだけです。これは、ベジェカーブツールと比較して、スプラインツールでより多くのポイントを生成する可能性が高いことも意味します。これは、「ベクトル線幅の再描画」ツールがいくつかのポイントでより適切に機能するため、必ずしも悪いことではありませんベクトル線に沿って

ベクタースプラインカーブについて私が考えることができる最良の使用法は、ベクターラインの線の太さの変化にさらに焦点を合わせたい場合、またはベクターラインで「手描き」効果を模倣したい場合です。


残念ながら、スプラインは他の2つに比べて一般にVectorで作業するときの有用性が低く、特定のポイントでLOTを追加してカーブを特定の方法で動作させない限り、特定のポイントでのカーブの描画方法を制御する能力が低下します。

より多くのコントロールポイントは、ラインの微調整時の作業の増加も意味します。これが「ベクターラインの再描画」ツールと「ベクターラインの簡略化」ツールの目的であり、スプラインラインの調整プロセスを簡略化するのに役立ちます(ベクターラインの簡略化も変換します)非スプラインからスプライン曲線へ)。これらの2つのツールはこれら2つのカーブの強さを損なうため、通常、これら2つのツールを他の2つのタイプのカーブで使用したくない

二次ベジェ曲線

二次ベジェ曲線は、基本的な曲線ツールを使用するときに使用されるデフォルトの曲線タイプです


私の意見では、Quadratic BezierはSplineと次のCubic Bezierカーブの間の幸せな媒体です。非常に丸い形状を作成するには、Cubic Bezierよりもさらにいくつかのポイントが必要ですが、こだわりがある場合、これらの追加のポイントにより、線の太さ/太さをもう少し制御できます。これにより、線の太さや太さを変化させて効果を出すイラスト風の作品にかなり活用できます。


Quadratic Bezierの欠点は、滑らかな円図形を作成するためにまだいくつかの制御点が必要であり、きれいなグラフィックを作成するときにできるだけ少ない制御点が必要なため、グラフィックデザインタイプの使用には望ましくないことです。


二次ベジェ曲線の使用方法の詳細については、次の公式チュートリアルを参照してください: https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/1029 https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/1029

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/1029

キュービックベジェカーブ

Adobe Illustrator、Photoshop、および関連するプログラムに精通している人にとって、キュービックベジエ曲線は、おそらくベクトル線として見たり使用したりするのに最も慣れているものでしょう。


キュービックベジェカーブは、非常に丸いカーブを作成するために必要なコントロールポイントの数が最も少ないため、きれいなグラフィックを作成するための最良のオプションです。実際、2つのポイントとそれらのポイントの4つのコントロールハンドルを使用して、「円」形状を作成できます。

注:キュービックベジェ円が必要な場合は、上記の例を使用することはお勧めしません。これは、2つの制御点しか含まれておらず、柔軟性が非常に低いためです。後でコントロールポイントを追加することはできますが、ハンドルの配置とコントロールポイントの位置は不均一になります。円を何に使用しているかによって問題になる場合とそうでない場合があります。この例は、何を利用できるのかではなく、可能なことの参照としてのみここにあります


実際、1年前にClip Studio Paintで最初に作成したロゴデザインをAdobe Illustratorに移動して調整する必要があったのは、Clip Studioにキュービックベジェカーブがないためです。ここではキュービックベジェカーブを代わりに使用できるため、これを行う必要はないかもしれません-このプログラムでテキストをベクトルに簡単に変換する方法がわかれば...


キュービックベジェ曲線の欠点は、それほど多くの制御点を必要としないことです。これにより、線の太さの変化によるオプションが制限されます。これは、線の太さを調整できるようにコントロールポイントを追加することで簡単に解決されます。線の太さの調整に使用している場合は、「正しい線幅」ツールがこれらのコントロールポイントを自動的に追加します。ただし、コントロールポイントを追加すると、ハンドルが追加され、調整が必要な場合にカーブの調整が少し面倒になります。


キュービックベジェ曲線の使用の詳細については、次の公式チュートリアルを確認してください。https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/1030

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/1030

デフォルトのコーナー変換

ベクトルシェイプの角にポイントを切り替えると、特定のシェイプは通常、デフォルトで特定のタイプのカーブになります


Clip Studio Paintの進化に伴い、これらの変換が将来どのように機能するかについていくつかの調整が行われる可能性が高くなります(例:元々キュービックベジエで形状を作成でき、まだ二次ベジエではないものについては二次ベジエを使用できます)ベジェ)



直線:

「コントロールポイントの追加」+「コーナーの切り替え」により、コーナーがスプライン曲線になります。


曲線:

「コントロールポイントの追加」は、新しい2次ベジェ曲線のコントロールポイントを生成します


楕円-現在のデフォルトはスプラインです。現在、これにはオプションがありません


長方形とポリゴン:

「コーナーの丸み」設定がオフの場合、現在のデフォルトはスプラインです。


長方形とポリゴン(角が丸い):

現在のところ、「角の丸み」設定がオンになっている2次ベジェにデフォルト設定されています。これらは、エッジの直線2次ベジェ曲線で作成されます

ただし、丸みのある長方形のエッジが直線として作成される場合があります。これらの奇妙なケースでは、直線のエッジにコントロールポイントを追加してコーナーを切り替えると、代わりにスプラインになります。プログラムの最新バージョンでは、これはバグ/グリッチです-これが一度だけ発生するのを見たことがあります。異なるタイプのカーブを組み合わせると、組み合わされているすべてのカーブタイプが、最も支配的なタイプに変換されます(以下のセクションを参照)。

コーナー変換の変更のオーバーライド

カーブのプログラミング方法を強制的に変更したい場合に使用できる特定のトリックがあります。これらはClip Studioで意図的にプログラムされたものであり、一種のバグではないので、以下で紹介します。
これらは、今後のアップデートで変更される可能性があります。


スプラインに変更:
-ラインで「ベクターラインの簡略化ツール」を使用する
-[ベクターラインの接続]または[ベクターラインの再描画]ツールを使用して、[簡略化]オプションをオンにします。

注:カーブをスプラインカーブに変更すると、2次ベジェまたは3次ベジェに戻すことはできません。



2次ベジエまたは3次ベジエへの変更:

「直線」、「ポリライン」、「長方形」、「ポリゴン」ツールを使用して描画され、変更されていない(たとえば、コントロールポイントが追加された、またはコーナーがスプラインに切り替えられた)図形の場合、ラインを接続できます。二次ベジエ曲線に変換すると、曲線全体が二次ベジエに変換されます。これらの図形をベジェ曲線に接続する前にこれらの図形に「スイッチコーナー」または「コントロールポイントの追加」を使用すると、これは機能しません。

ラインを分割し、「Connect Vector Line」ツールを使用すると(単純化オプションなし)、「Straight Line」が元のプロパティを保持できるため、これらのラインのいずれかに接続されている場合でもベジェに変換されます。


さらに、二次ベジエ曲線を三次ベジエ曲線に接続すると、それらは自動的に三次ベジエ曲線に変換されます



曲線プログラミングをオーバーライドする際の強さの順序は、最強(保持される可能性が最も高い)から最弱(上書きされる可能性が最も高い)までです。

スプライン>キュービックベジェ>二次ベジェ>直線(変更されていない直線の図)

おわりに

このチュートリアルを読んでいただきありがとうございます

私はいくらか経験が浅く、これらのいくつかを試してみる必要があったので、主題について間違った結論を出したために情報が不正確になる場合があるかもしれません-不正確な点がある場合は指摘してください。私はこれらのエラーを修正するために最善を尽くします(「ベクターレイヤーのトラブルシューティング」セクションでいくつかの修正を行わなければなりませんでした)


さらに、カーブタイプに追加する必要がある追加のメモがある場合は、メモをドロップして追加できるようにします


「デフォルトのコーナー変換」セクションのサポート.gifをいくつか追加します(すぐに-記録と処理の最中です。非効率的な方法で処理するため、時間がかかります)。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着