ショートカットキーの設定[キーボード用のベクターフォーカス]

487 view

ベクターレイヤーで作業する特定の方法は、特定のショートカットキーを設定しない場合、面倒で時間がかかります。ショートカットキーを追加したり、独自のプリセットを追加しない場合はプリセットに慣れたりすることで、時間を大幅に節約できるだけでなく、調整のために常にツールを切り替える必要がある場合の不満を減らすことができます


特にカーブツールを使用して描画する場合、オブジェクト[選択]ツールとカーブツール自体を常に切り替える必要が生じる可能性があります。これは、ツール選択バーに毎回アクセスする必要がある場合、操作が非常に面倒になる可能性があります。ツールを変更する時間。連続曲線ツール(二次ベジェ)および(三次)ベジェ曲線ツールを使用して、そうする必要があるかもしれません-少なくとも、完全に近くに線を描くのに十分に慣れていない場合。あなたが一度にそれらを望む方法に正確に。

このため、これらの特定のツールのショートカットキーをよく理解して、ツール間の移行を容易にすることを強くお勧めします。または、これらのツールに新しいショートカットキーを設定して、簡単にアクセスできるようにし、それらの場所を正確に把握することもできます。


このチュートリアルでは、ショートカットキーを再マッピングする方法、そのための一般的な経験則、および実際にキーを再マッピングしない理由と理由について説明します

ショートカットキーを再マッピングする理由[またはそうでない理由]

ここで正直に言いましょう。デフォルトのショートカット設定は混乱しています。それは、Clip Studio Paintがデフォルトのショートカットを設定することで悪い仕事をするということではありません-多くのツールを備えたプログラムは、デフォルトのショートカットを正しく設定する唯一の方法が「悪い」ことを行うことであるため、ショートカットを設定する「悪い」仕事をします(のように、効率的ではありませんが、ショートカットの配置がどこにあるかを簡単に理解できる方法で)


その理由は、次のとおりです。これらのプログラムでは、キーボードでショートカットキーを簡単に見つけられるようにしたいと考えています。そして、それを行うために、ツールのショートカットの場所を見つけるために最も直感的なキーを選択します。つまり、[P]ペン、[P]鉛筆、[B]ブラシ、空気[B]ブラシ、[E]消しゴム、[O]オブジェクト、[T]テキスト、[M]マーキー、[G]グラデーションになります。 。これらは、Adobe Photoshopが使用するものと非常によく似ていますが、同じではありません。

選択したショートカットからわかるように、キーはキーボード全体に散らばっています。これは、効率を重視し、「ピアノを弾く」(指で踊る必要がある方法で)のスキルがなく、キーボードを見たくない場合は、キーを押す-これは使用するのに望ましい構成ではありません


より効率的な構成は、すべてのショートカットキーを凝縮して、位置を大きくシフトする必要なく片手で簡単にアクセスできるようにすることです。ただし、どのタイプの構成が快適になるかを理解するには、非常に長い時間がかかりますが、ワークフローの高速化に関してトレードオフは非常に大きくなります。


望ましいショートカットキーのレイアウトを作成するのに時間がかかり、加えられた変更に慣れるためにさらに時間が必要になるという問題の他に、ショートカットキーを再構成するときに発生する他の問題は次のとおりです。
(1)-簡単な編集のためにプログラムを借りると、他の人に問題が発生する可能性があります
(2)-ショートカットキーがショートカットキーと同じ場所にないため、他の誰かのプログラムでの作業が面倒な場合があります。

プログラム設定をインポート/エクスポートする方法があるかどうかは確認していませんが(どこかに何かがあるはずだと思います)、これらの問題の大部分は解決されます

ショートカットキー設定の一般的な経験則

ショートカットキーを設定するときに覚えておきたいいくつかのトリックと一般的なアイデアがあります

最初にしたいことは、ショートカットキーにアクセスするために手をどこに置くかを決めることです。後で他のすべてを決定します。私の手の配置はかなり標準的なタイピング位置の左手です

ショートカットキーを一元化する場所を決定したら、セットアップを開始できます



最初のアドバイス:正しいと感じる場合、おそらく正しいです。正しくないと感じる場合は、おそらく正しくありません。

おそらく、特定のツールでどのキーを押したいのかをある程度理解できます。おそらく、これらのツールのキーを押す可能性が高いので、これらのキーをショートカットとして設定します。たとえば、かなり基本的な描画ツールが必要なときや、何かを選択したいときに「F」キーを押したいので、両方のショートカットをそのキーに設定します。私のために

一方、一部のキーは、特定のツールにとって扱いにくいと感じます。私にとって、[Z]を使用して何かを「選択」しようとすると、不便に感じるでしょう。



2番目のアドバイス:キーあたりのツールの数を3つのツールに制限します-それ以下、または特定のツールを取得するためにそのキーを数回押す必要があります

必ずしもこの特定のアドバイスに従う必要はありませんが、必要以上にいくつかのツールを繰り返す必要があると、必要なツールを引き出すのにかかる時間が短縮されます。 1つのキーに設定したすべてのツールを順番に切り替えるよりも、ツールにアクセスしてバーから手動で選択する方が速い点があります。その点に到達すると、追加した数が多すぎます。


使用頻度の低いツールの場合、簡単にアクセスできるショートカットキーから「前/次のサブツールを選択」でアクセスできる場合-ツールの設定については心配しません(例:長方形のショートカットを押すことで楕円ツールにアクセスします)次に、「次のサブツールを選択する」ショートカット)。それ以外の場合は、ツールを到達するのが少し難しいキーに設定するか、手動でそのツールに切り替える



最後のアドバイス:使用しない場合は設定しないでください

このチュートリアルの最後にある私のセットアップを見てみると、連続曲線ツールのショートカットを設定していないことがわかります。これは、実際には連続曲線ツールを使用していないためです。代わりに、単純な曲線ツールを使用してから、オブジェクトツールに切り替えて、ポイントを追加し、それらを適切な場所に移動します。二次ベジェ設定の連続曲線上の次の点をどこに配置するかを「推測」するよりも直感的であり、ベクターで作業するときにスプライン曲線を使用しません

特定のツールを実際により頻繁に使用する必要がある場合は、そのツールを設定することを検討してください。キーをどこに設定するかを正確に把握することは非常に長く進化するプロセスであり、すべてが移動する場所に慣れるには時間がかかる場合があります

Vectorの推奨ツール

ショートカット設定を変更するには、[ファイル]> [ショートカット設定]に移動し、次のカテゴリで設定するツールを確認します。これら以外にも、設定するツールが他にもある場合があります。


メインメニュー:
-(オプション)表示>回転/反転>回転/反転のリセット
-(オプション)表示>回転>水平反転
-(オプション)表示>回転/反転>右回転
-(オプション)表示>回転/反転>左回転
-[デフォルト-リマップ]表示>ズームイン
-[デフォルト-リマップ]表示>ズームアウト


オプション:
-[推奨]ブラシサイズパレット>現在よりも小さいプリセットを選択
-[推奨]ブラシサイズパレット>現在よりも大きいプレゼントを選択
-[推奨]サブツールパレット>前のサブツールに切り替え
-[推奨]サブツールパレット>次のサブツールに切り替え


ツール:
-線を修正>ベクトル線を接続
-(オプション)正しい線>正しい線幅
-線を修正>ベクターの線幅を再描画
-図>曲線
-(オプション)図>連続曲線
-図>ベジェ曲線
-操作>操作>オブジェクト


キーを設定した後、「OK」を押してください。そうしないと、キーが登録されません。また、[リセット]を単独で押しても、[OK]を押すまでショートカットの設定は上書きされません。

現在のショートカット設定

私がプレイしたほぼすべてのゲームでクイックスロット構成を再マッピングする元のコンピューターゲーマーとして、次はキーによる私のセットアップです(このセットアップは、右手でドローイングタブレットを使用して描画し、アクセスする人向けです。左がアメリカ英語キーボードのショートカット):


[F]-オブジェクト、G-ペン
[G]-ハンド(通常は未使用)、曲線、長方形
[S / D]-ズームイン/ズームアウト
[W / E]-ブラシサイズ
[A]-ベクトル線の接続、ベクトル線幅の再描画
[V / B]-前/次のツールを選択
[X / C]-左/右に回転
(他のいくつかのツールを他のキーに設定しています。たとえば、Zでブレンド、Rで塗りつぶし、Tで透明色に切り替え、Hで水平方向に反転など)。


これらは私が使用している現在の設定です。正常に機能していないと感じたときに定期的に移動します。追加を検討しているのは、テキストのショートカットとベジエ曲線ツールのショートカットですが、「前/次のツールを選択」からベジエ曲線に簡単にアクセスできるため、必要ありません。

すべてのショートカット設定をめちゃくちゃにしたと感じた場合は、心配しないでください。「リセット」、「OK」の順にクリックして、ショートカットをプログラムのデフォルトに戻すことができます。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着