ファイルの作成-新しいファイルについて知っておくべきことすべて

194 view

こんにちは!私の名前はLiz Staleyで、Clip Studio Paintを長年使用しています(このプログラムはManga Studio 4と呼ばれていた頃から使い始めていました)。私はManga Studio 5プログラムとClip Studio Paintのベータテスターであり、このプログラムについて3冊の本といくつかのビデオコースを書きました。皆さんの多くは、おそらくそれらの本から私の名前を知っているでしょう。

Clip Studio Paintを初めて使用するユーザーからよく聞かれる質問の1つは、新しいファイルを作成する方法です。新しいファイル作成ボックスは、特にデジタルアートに慣れていない場合は、一見すると少し圧倒されるかもしれません。チェックするオプションとボックスが非常に多いため、すべてが何をしているか、プロジェクトに最適な設定を把握するのは難しい場合があります。

この記事では、「仕事の使用」カテゴリの下の個別のカテゴリを個別に取り上げます。異なるカテゴリのオプションの一部は同じですが、関連するカテゴリでそれらのオプションの説明を繰り返します。コミックを作成するためのオプションについてのみ知りたい場合は、記事全体を読まずに、「コミック」セクション(または興味のある他のセクション!)にスキップできます。

この記事では、以下について説明します。
「新規」ダイアログボックスを開く
イラスト部門
コミック部門
Fanzineカテゴリーの印刷
すべてのコミック設定カテゴリを表示
アニメ部門

「新規」ダイアログボックスを開く

新しいファイルを作成するためのオプションを開くには、Clip Studio Paintソフトウェアを開く必要があります。 CSPソフトウェアを起動したら、キーボードでCtrl + Nを押すか、[ファイル]-[新規]を選択して新しいドキュメントの作成を開始できます。

この記事の残りの部分は、[新規作成]ダイアログボックスの上部にある[作業の使用]オプションの下のカテゴリに従ってグループ化されます。これらのオプションは、次のスクリーンショットの矢印で強調表示されています。

これらのカテゴリは、左端のアイコンから右端の順に説明します。

イラスト部門

「作業の使用」オプションの最初のアイコンをクリックすると、イラストファイルオプションに移動します。このウィンドウを以下に示します。

以下は、このダイアログボックスの各オプションの説明です。

ファイル名:ここにファイルの名前を入力します。これは、Clip Studio Paintが作業中に[保存]オプションを押したときにデフォルトでファイルを保存しようとする名前です。

プリセット:このダイアログボックスでは、いくつかの一般的なサイズのキャンバスから選択できます。これらのサイズは、現在選択されている[作業の用途]カテゴリによって異なります。ここには、ユーザーが保存した設定を見つけることもできます。

プリセットオプションに登録:[プリセット]ドロップダウンの右側にあるこのオプションをクリックすると、現在の設定がプリセットに保存され、後で再び使用することができます。

プリセットの削除:この「ゴミ箱」アイコンをクリックすると、現在選択されているユーザーが保存したプリセットが削除されます。

単位:「キャンバス」領域に表示される測定の単位。このオプションには、CM、インチ、ピクセルなど、いくつかの異なる測定単位が含まれています。

幅:作成されるキャンバスの水平方向の幅を設定します。

高さ:作成されるキャンバスの高さを設定します。

幅と高さの左側にある両端矢印ボタンを使用して、現在の幅と高さの数値を入れ替えることができます。たとえば、設定が現在8 x 10インチのキャンバス用である場合、このアイコンをクリックすると、代わりに10 x 8インチのキャンバスに変わります。

解像度:画像の解像度を設定します。印刷するプロジェクトはすべて、最低でも300 dpiに設定して、印刷がはっきりと見えるようにする必要があります。モノクロ(白黒のみ)になるアートワークは、コンピューターハードウェアが処理できる場合、600 dpiまで高くなる可能性があります。 72 dpiはインターネットディスプレイの解像度ですが、この低い解像度では、ピクセル化されたぼやけた印刷結果が生成されます。 [解像度]ボックスの右側にあるドロップダウンでは、一般的な解像度番号を選択できます。

基本表現色:画像の基本表現色を選択します。オプションは、カラー、グレー、モノクロです。このオプションは、作成される画像のデフォルトのエクスプレッションを設定しますが、個々のレイヤーを異なるエクスプレッションモードに設定できます。したがって、モノクロのキャンバスを作成してから、画像に色を付けることにした場合は、後でカラーレイヤーを作成できます。

用紙の色:このオプションを有効にするには、左側のチェックボックスをオンにする必要があります。このオプションをオンにすると、「Paper」レイヤーが新しいキャンバスに追加されます。このレイヤーは、[用紙の色]ボックスで選択した色で塗りつぶされます。長い長方形をクリックし、目的の色を選択してデフォルトの白から変更します。

テンプレート:このオプションを有効にするには、左側のチェックボックスをオンにする必要があります。このオプションをオンにすると、新しいウィンドウが開き、Clip Studio Paintのマテリアルライブラリのマンガテンプレートカテゴリのコンテンツが表示されます。テンプレートを選択すると、そのテンプレートが既に追加されている新しいキャンバスが作成されます。

動くイラストを作成する:イラストにアニメーションを追加する場合は、このチェックボックスをオンにします。このオプションをオンにすると、以下に示す新しいオプションセットが開きます。

セルの数(「動くイラストを作成」がチェックされている場合のみ):タイムライン上に作成するアニメーションセルの数を指定します。キーボードでボックスに数値を入力するか、右側のドロップダウンメニューを使用して変更できます。

再生時間:現在のフレーム数とフレームレートで、動くイラストのアニメーションの秒数を示します。

フレームレート:再生時にセルが表示されるレートを設定します。フレームレートが高いほど、1秒のアニメーションを作成するために必要なセルが多くなります。

コミック部門

次に説明する設定のカテゴリは、「コミック」設定です。これは、新しいドキュメントの設定の最も複雑なグループの1つですが、各オプションが何であるかが分かれば、それほど悪くはありません。

Clip Studio Paint Proを使用している場合は、「複数ページ」オプションがないことに注意してください。複数のページは、Clip Studio Paint EXでのみ使用できます。

下のスクリーンショットはコミック設定を示しています。

以下は、このダイアログボックスの各オプションの説明です。

ファイル名:ここにファイルの名前を入力します。これは、Clip Studio Paintが作業中に[保存]オプションを押したときにデフォルトでファイルを保存しようとする名前です。

保存先(F):このオプションは、[複数ページ]オプションを使用している場合にのみ表示されます。これは、「OK」ボタンをクリックして新しいファイルを作成すると、ページとマルチページファイルのストーリーファイルが保存される場所を制御します。現在表示されている場所を変更するには、オプションの右側にあるフォルダーアイコンをクリックします。

プリセット:このダイアログボックスでは、いくつかの一般的なサイズのキャンバスから選択できます。これらのサイズは、現在選択されている[作業の用途]カテゴリによって異なります。ここには、ユーザーが保存した設定を見つけることもできます。

プリセットオプションに登録:[プリセット]ドロップダウンの右側にあるこのオプションをクリックすると、現在の設定がプリセットに保存され、後で再び使用することができます。

プリセットの削除:この「ゴミ箱」アイコンをクリックすると、現在選択されているユーザーが保存したプリセットが削除されます。

次に、コミック設定セクションの「製本(仕上がり)サイズ」という見出しの下の設定を見てみましょう。コミックの設定では、ユニットをMM以外に変更することはできません。単位を別の測定形式に変更する必要がある場合は、この記事の「すべてのコミック設定を表示する」セクションに進んでください。

幅:作成されるキャンバスの水平方向の幅を設定します。右側のドロップダウンメニューは、いくつかの一般的な用紙サイズ間ですばやく変更でき、カスタムオプションもあります。

高さ:作成されるキャンバスの高さを設定します。

幅と高さの左側にある両端矢印ボタンを使用して、現在の幅と高さの数値を入れ替えることができます。たとえば、設定が現在8 x 10インチのキャンバス用である場合、このアイコンをクリックすると、代わりに10 x 8インチのキャンバスに変わります。

裁ち落とし幅:これは、ページの端の周囲の裁ち落としのサイズを設定します。裁ち落としとは、ファイルを印刷してブックに綴じたときに切り取られる用紙の領域です。ページからアートが飛び出していくコミックやマンガは、出血までずっと引き寄せます。下の画像では、赤い領域のすべてが最終印刷ページから切り取られます。右側のパネルにはアートがいくつかあり、黒い塗りつぶしはキャンバスの端まで達しています。これにより、ページの印刷時にフルブリードが発生します。左側のパネルは「セーフゾーン」内にあり、まったく遮断されません。

解像度:画像の解像度を設定します。印刷するプロジェクトはすべて、最低でも300 dpiに設定して、印刷がはっきりと見えるようにする必要があります。モノクロ(白黒のみ)になるアートワークは、コンピューターハードウェアが処理できる場合、600 dpiまで高くなる可能性があります。 72 dpiはインターネットディスプレイの解像度ですが、この低い解像度では、ピクセル化されたぼやけた印刷結果が生成されます。 [解像度]ボックスの右側にあるドロップダウンでは、一般的な解像度番号を選択できます。

基本表現色:画像の基本表現色を選択します。オプションは、カラー、グレー、モノクロです。このオプションは、作成される画像のデフォルトのエクスプレッションを設定しますが、個々のレイヤーを異なるエクスプレッションモードに設定できます。したがって、モノクロのキャンバスを作成してから、画像に色を付けることにした場合は、後でカラーレイヤーを作成できます。

用紙の色:このオプションを有効にするには、左側のチェックボックスをオンにする必要があります。このオプションをオンにすると、「Paper」レイヤーが新しいキャンバスに追加されます。このレイヤーは、[用紙の色]ボックスで選択した色で塗りつぶされます。長い長方形をクリックし、目的の色を選択してデフォルトの白から変更します。

テンプレート:このオプションを有効にするには、左側のチェックボックスをオンにする必要があります。このオプションをオンにすると、新しいウィンドウが開き、Clip Studio Paintのマテリアルライブラリのマンガテンプレートカテゴリのコンテンツが表示されます。テンプレートを選択すると、そのテンプレートが既に追加されている新しいキャンバスが作成されます。

裁ちトンボを揃える:このオプションは、[複数ページ]オプションがアクティブで、[2ページの見開きに結合]もアクティブになっている場合にのみオンにできます。

同人誌の設定:このオプションは同人誌印刷データをエクスポートします。これは主に、米国外にいて、同人誌プリンターを使用しているユーザーに関係があるようです。同人誌プリンターを使用して印刷する場合は、「同人誌の印刷」のオプションを使用すると、[ワークの使用]カテゴリでデータをエクスポートするためのオプションが増えます。
複数ページ:この機能は、Clip Studio Paint EX専用です。これをチェックすると、1つのキャンバスだけでなく、複数のページが関連付けられたファイルを作成できます。コミックやグラフィックノベルを扱っている人にとって、この機能は、1つのファイルビューからページを管理したり、ページを並べ替えたり、ページを簡単に削除および追加したりできるので、非常に貴重です。以下に示すように、ページをまとめて一度にまたは個別に見開き2ページにまとめることができ、表紙を複数ページのファイルに含めることができます。

ページ数([複数ページ]オプションの下):ファイルのページ数を設定します。表紙を含める場合は、表紙が最終ページ番号に含まれることを確認してください。たとえば、カバー付きの24ページのコミックを作成する場合、ページ数として28を入力する必要があります。 (内面24ページ、表紙、表紙の内側、裏表紙の内側、裏表紙)

2ページ見開きに結合(複数ページオプションの下):このチェックボックスがアクティブな場合、ドキュメントのすべての内側の見開きページ(または表紙が使用されていない場合はすべての見開きページ)が2ページの見開きに結合されます。

綴じ位置([複数ページ]オプションの下):完成した本のどちら側に背表紙または綴じるかを設定します。和書は右側、洋書は左側です。

開始ページ([複数ページ]オプションの下):最初のページを開始する面を設定します。洋書は最初のページが右側にあり、和書は左側のページから始まります。

表紙:このオプションの横にあるボックスをチェックすると、表紙のオプションが表示されます。これらは、ドキュメントを作成していて、Clip Studio Paintプログラムで直接カバーを作成する場合、つまり漫画の単版を作成する場合に使用できます。

テンプレート(表紙オプションの下):マテリアルライブラリから表紙にテンプレートを適用します。カバーを作成するたびにこれらの要素を追加する時間を無駄にしないように、章のカバーページのロゴとテキストのテンプレートを設定してカバーに適用できるようにして、Webコミックを作成するときにこれを使用していました。

基本的な表現色(表紙オプションの下):前の基本的な表現色設定と同じですが、特に表紙用です。カラーカバー付きのグレースケールコミックを作成する場合は、それに応じてカバーと内部ページを設定できます。

カバーページのレイアウト:これらの2つのアイコンは、Clip Studio Paintでカバーページを1つの連続したラップアラウンドカバー(見開き2ページなど)として表示するか、表紙と裏表紙を別々に表示するかを制御します。左側のアイコンをクリックすると、折り返しの表紙が表示され、右側のアイコンをクリックすると、ドキュメントの最初に表紙、最後に裏表紙の個別のページが表示されます。

背表紙の幅を指定する:このオプションは、表紙が左側のアイコンに設定されている場合にのみ有効になります(連続ラップアラウンド表紙オプション)。印刷された本のラップアラウンドカバーを作成するときは、背表紙の幅を考慮する必要があります。背表紙の幅は、印刷に使用する用紙の種類と内部のページ数によって大きく異なります。特に印刷された本を初めて作成する場合は、カバーデザインのプロセスを開始する前に、プロジェクト用のプリンターを選び、本の計画と印刷する用紙の種類について話し合うことをお勧めします。

ストーリー情報の見出しの下にあるほとんどすべての情報は、この情報が必要なプリンターを使用する場合、または複数のプロジェクトを同時に進行していて、作業内容を追跡する必要があるチームを使用する場合にのみ役立つことがわかりましたオン。ただし、これはネイティブのページ番号を見つけることができる場所なので、オプションを含める場所を知っておくと便利です。

ストーリー名(ストーリー情報の下):作成されるストーリーのタイトル。ウェブコミックを作成する場合、コミックのタイトルをここに置くことができます。テキスト入力ボックスの右側にあるドロップダウンメニューは、ページ上のストーリー名情報の表示場所を制御します。

ストーリー数(ストーリー情報の下):このチェックボックスをオンにすると、新しいファイルにストーリー番号を割り当てることができます。私のウェブコミックを作成している間、私は時々章番号を追跡するためにこれを使いました。手動でボックスに数値を入力するか、代わりに側面の矢印を使用して数値を設定することにより、数値を変更できます。

サブタイトル:ストーリー名にサブタイトルを追加します。

作成者:ストーリーの作成者を設定します。右側のドロップダウンメニューで、ページのどこに著者名を表示するかを制御します。

ページ番号:このボックスをチェックすると、Clip Studio Paintの3つのページ番号付けオプションのいずれかがアクティブになります。 [ページ番号]オプションは、ページの外側の余白の外側にページ番号を配置します。これらの番号は公開後は表示されません。表示されるページ番号については、Folioオプションを参照してください。ページ番号の右側にあるドロップダウンメニューは、ページ上の番号が表示される場所を制御します。

開始番号:ページの開始番号を制御します。デフォルトは1に設定されています。

以下のスクリーンショットは、CSPでのページ番号付けの3つのオプションの位置を示しています。 「ページ番号」オプションは、ページのトリム領域のすぐ外側の番号を、裁ち落とされる可能性のある裁ち落とし領域に配置します。 Folioのページ番号(オプションの詳細については以下を参照)は、ページの内側、「安全領域」のすぐ外側に表示されます。ブラインドフォリオ番号は、それを必要とする可能性のあるプリンターに使用され、ページの内側にある小さなページ番号であり、本のガター(または背が接着されている本の部分とすべてのページが一緒に添付され、ブラインドフォリオ番号が完成品の背に隠されます)。

開始番号(Folioカテゴリの下):Folioの位置に表示される開始番号を制御します-ページ番号の位置の説明については、上記のスクリーンショットと段落を参照してください。

色:フォリオ番号の色を設定します。ドロップダウンメニューからの選択肢は、黒または白です。 [エッジの配置]オプションを使用している場合、エッジの色は、このドロップダウンで選択されているものと逆になります。

エッジを配置:フォリオ番号の輪郭を設定します。アウトラインの色は、左側の「色」オプションで選択した色とは逆になります。このオプションの右側の入力ボックスは、フォリオ番号の周囲の輪郭の太さを制御します。

Folio:このボックスをオンにすると、Folioの番号付けが有効になります。右側のドロップダウンメニューは、数値の表示位置を制御します。

形式:このオプションの開始番号の左側と右側のボックスを使用して、ページ番号の前後に必要なものを表示できます。前のスクリーンショットでは、左側のボックスに「ページ」、次に右側に「of 4」を配置して、フォリオ番号が「ページ1/4」として表示されるようにしました。

デフォルトのボーダーとのギャップ:これらのオプションは、ページの内側のマージンからフォリオ番号が持つ高さと幅のギャップを設定します。 H番号を大きくするとページの下に移動し、番号を小さくすると内側のマージンラインに近づきます。 W番号を負の数に変更すると、フォリオ番号が左にシフトします。正の数を大きくすると、ページの右にシフトします。

フォント:フォリオ番号の表示フォントを制御します。

サイズ:フォリオ番号のフォントサイズを制御します。

ブラインドフォリオ:ブラインドフォリオの番号付けをアクティブにします。ブラインドフォリオ番号は、それを必要とする可能性のあるプリンターに使用され、ページの内側にある小さなページ番号であり、本のガター(または背が接着されている本の部分とすべてのページが一緒に添付され、ブラインドフォリオ番号が完成品の背に隠されます)。

次に、Fanzineの印刷カテゴリの設定を確認します。

Fanzineカテゴリーの印刷

このカテゴリは、主に日本などの地域で使用されているようです。日本では、ファンジンがアメリカよりもはるかに人気があります。ただし、スクリーントーンを使用してコミックを作成する場合、シェーディングにデジタルスクリーントーンを使用してモノクロコミックを作成することを目的としているため、この設定のグループが最も役立つ場合があります。

以下は、印刷のFanzineカテゴリーの設定です。

ファイル名:ここにファイルの名前を入力します。これは、Clip Studio Paintが作業中に[保存]オプションを押したときにデフォルトでファイルを保存しようとする名前です。

保存先(F):このオプションは、[複数ページ]オプションを使用している場合にのみ表示されます。これは、「OK」ボタンをクリックして新しいファイルを作成すると、ページとマルチページファイルのストーリーファイルが保存される場所を制御します。現在表示されている場所を変更するには、オプションの右側にあるフォルダーアイコンをクリックします。

プリセット:このダイアログボックスでは、いくつかの一般的なサイズのキャンバスから選択できます。これらのサイズは、現在選択されている[作業の用途]カテゴリによって異なります。ここには、ユーザーが保存した設定を見つけることもできます。

プリセットオプションに登録:[プリセット]ドロップダウンの右側にあるこのオプションをクリックすると、現在の設定がプリセットに保存され、後で再び使用することができます。

プリセットの削除:この「ゴミ箱」アイコンをクリックすると、現在選択されているユーザーが保存したプリセットが削除されます。

次に、コミック設定セクションの「製本(仕上がり)サイズ」という見出しの下の設定を見てみましょう。コミックの設定では、ユニットをMM以外に変更することはできません。単位を別の測定形式に変更する必要がある場合は、この記事の「すべてのコミック設定を表示する」セクションに進んでください。

幅:作成されるキャンバスの水平方向の幅を設定します。右側のドロップダウンメニューは、いくつかの一般的な用紙サイズ間ですばやく変更でき、カスタムオプションもあります。

高さ:作成されるキャンバスの高さを設定します。

幅と高さの左側にある両端矢印ボタンを使用して、現在の幅と高さの数値を入れ替えることができます。たとえば、設定が現在8 x 10インチのキャンバス用である場合、このアイコンをクリックすると、代わりに10 x 8インチのキャンバスに変わります。

裁ち落とし幅:これは、ページの端の周囲の裁ち落としのサイズを設定します。裁ち落としとは、ファイルを印刷してブックに綴じたときに切り取られる用紙の領域です。ページからアートが飛び出していくコミックやマンガは、出血までずっと引き寄せます。視覚的な例については、下の画像を参照してください。

解像度:画像の解像度を設定します。印刷するプロジェクトはすべて、最低でも300 dpiに設定して、印刷がはっきりと見えるようにする必要があります。モノクロ(白黒のみ)になるアートワークは、コンピューターハードウェアが処理できる場合、600 dpiまで高くなる可能性があります。 72 dpiはインターネットディスプレイの解像度ですが、この低い解像度では、ピクセル化されたぼやけた印刷結果が生成されます。 [解像度]ボックスの右側にあるドロップダウンでは、一般的な解像度番号を選択できます。

基本表現色:画像の基本表現色を選択します。オプションは、カラー、グレー、モノクロです。 Fanzineアートは通常、網かけを提供するためにスクリーントーンと呼ばれるドットのパターンを備えたインク描画された描画であるため、Fanzinesのデフォルトの表現色はモノクロ(グレーのシェードではなく、白黒のみが許可されます)です。

デフォルトの頻度:この設定は、Clip Studio Paintのシンプルトーン設定を使用して作成されたスクリーントーンフィルのデフォルトの頻度を制御します。周波数の数値が小さいほどスクリーントーンのドットが大きくなり、数値が大きいほどドットが小さくなります。この例については、以下の例を参照してください。

ファンジン印刷ベンダー(ファンジンカテゴリの設定の下):このドロップダウンメニューを使用すると、ユーザーはファンジンプリンターを選択するか、設定を「汎用」のままにすることができます。これはまた、主に米国以外の国で使用されている機能のようで、ファンジンや同人誌(ファンコミック)がより人気があります。ドロップダウンメニューにFanzineベンダーのリストが表示されている場合、Clip Studio Paintは選択したプリンターが推奨する設定に変更されます。ただし、私のCSPのコピーには、「汎用設定」オプションしかありません。

ホームページ:選択したファンジンベンダーのホームページURLが表示されます。

複数ページ:この機能は、Clip Studio Paint EX専用です。これをチェックすると、1つのキャンバスだけでなく、複数のページが関連付けられたファイルを作成できます。コミックやグラフィックノベルを扱っている人にとって、この機能は、1つのファイルビューからページを管理したり、ページを並べ替えたり、ページを簡単に削除および追加したりできるので、非常に貴重です。ページをまとめて2ページの見開きにまとめて、または個別に作成することもできます。また、表紙を複数ページのファイルに含めることもできます。

ページ数([複数ページ]オプションの下):ファイルのページ数を設定します。表紙を含める場合は、表紙が最終ページ番号に含まれることを確認してください。たとえば、カバー付きの24ページのコミックを作成する場合、ページ数として28を入力する必要があります。 (内面24ページ、表紙、表紙の内側、裏表紙の内側、裏表紙)

2ページ見開きに結合(複数ページオプションの下):このチェックボックスがアクティブな場合、ドキュメントのすべての内側の見開きページ(または表紙が使用されていない場合はすべての見開きページ)が2ページの見開きに結合されます。

綴じ位置([複数ページ]オプションの下):完成した本のどちら側に背表紙または綴じるかを設定します。和書は右側、洋書は左側です。


表紙:このオプションの横にあるボックスをチェックすると、表紙のオプションが表示されます。これらは、ドキュメントを作成していて、Clip Studio Paintプログラムで直接カバーを作成する場合、つまり漫画の単版を作成する場合に使用できます。

テンプレート(表紙オプションの下):マテリアルライブラリから表紙にテンプレートを適用します。カバーを作成するたびにこれらの要素を追加する時間を無駄にしないように、章のカバーページのロゴとテキストのテンプレートを設定してカバーに適用できるようにして、Webコミックを作成するときにこれを使用していました。

基本的な表現色(表紙オプションの下):前の基本的な表現色設定と同じですが、特に表紙用です。カラーカバー付きのグレースケールコミックを作成する場合は、それに応じてカバーと内部ページを設定できます。

カバーページのレイアウト:これらの2つのアイコンは、Clip Studio Paintでカバーページを1つの連続したラップアラウンドカバー(見開き2ページなど)として表示するか、表紙と裏表紙を別々に表示するかを制御します。左側のアイコンをクリックすると、折り返しの表紙が表示され、右側のアイコンをクリックすると、ドキュメントの最初に表紙、最後に裏表紙の個別のページが表示されます。

背表紙の幅を指定する:このオプションは、表紙が左側のアイコンに設定されている場合にのみ有効になります(連続ラップアラウンド表紙オプション)。印刷された本のラップアラウンドカバーを作成するときは、背表紙の幅を考慮する必要があります。背表紙の幅は、印刷に使用する用紙の種類と内部のページ数によって大きく異なります。特に印刷された本を初めて作成する場合は、カバーデザインのプロセスを開始する前に、プロジェクト用のプリンターを選び、本の計画と印刷する用紙の種類について話し合うことをお勧めします。

ストーリー情報の見出しの下にあるほとんどすべての情報は、この情報が必要なプリンターを使用する場合、または複数のプロジェクトを同時に進行していて、作業内容を追跡する必要があるチームを使用する場合にのみ役立つことがわかりましたオン。ただし、これはネイティブのページ番号を見つけることができる場所なので、オプションを含める場所を知っておくと便利です。

ストーリー名(ストーリー情報の下):作成されるストーリーのタイトル。ウェブコミックを作成する場合、コミックのタイトルをここに置くことができます。テキスト入力ボックスの右側にあるドロップダウンメニューは、ページ上のストーリー名情報の表示場所を制御します。

作成者:ストーリーの作成者を設定します。右側のドロップダウンメニューで、ページのどこに著者名を表示するかを制御します。

Folio:このボックスをオンにすると、Folioの番号付けが有効になります。右側のドロップダウンメニューは、数値の表示位置を制御します。フォリオの番号付けは、「コミック」および「すべてのコミック設定を表示」カテゴリで利用可能なページ番号とは異なることに注意してください。

形式:このオプションの開始番号の左側と右側のボックスを使用して、ページ番号の前後に必要なものを表示できます。前のスクリーンショットでは、左側のボックスに「ページ」、次に右側に「of 4」を配置して、フォリオ番号が「ページ1/4」として表示されるようにしました。

フォント:フォリオ番号の表示フォントを制御します。

サイズ:フォリオ番号のフォントサイズを制御します。

ブラインドフォリオ:ブラインドフォリオの番号付けをアクティブにします。ブラインドフォリオ番号は、それを必要とする可能性のあるプリンターに使用され、ページの内側にある小さなページ番号であり、本のガター(または背が接着されている本の部分とすべてのページが一緒に添付され、ブラインドフォリオ番号が完成品の背に隠されます)。

次に、すべてのコミック設定カテゴリの表示の設定を確認します。

すべてのコミック設定カテゴリを表示

Use Of Workフォルダーのすべてのカテゴリーの中で、これは、インチからミリメートルに変換せずにカスタムサイズのキャンバスを作成できるため、私がまだ最もよく使用しているカテゴリーです。このカテゴリでは、独自の裁ち落とし幅と内部マージンサイズを設定することもできるため、ページのすべての側面を完全に制御したい場合に最適です。

以下は、このダイアログボックスの各オプションの説明です。

ファイル名:ここにファイルの名前を入力します。これは、Clip Studio Paintが作業中に[保存]オプションを押したときにデフォルトでファイルを保存しようとする名前です。

保存先(F):このオプションは、[複数ページ]オプションを使用している場合にのみ表示されます。これは、「OK」ボタンをクリックして新しいファイルを作成すると、ページとマルチページファイルのストーリーファイルが保存される場所を制御します。現在表示されている場所を変更するには、オプションの右側にあるフォルダーアイコンをクリックします。

プリセット:このダイアログボックスでは、いくつかの一般的なサイズのキャンバスから選択できます。これらのサイズは、現在選択されている[作業の用途]カテゴリによって異なります。ここには、ユーザーが保存した設定を見つけることもできます。

プリセットオプションに登録:[プリセット]ドロップダウンの右側にあるこのオプションをクリックすると、現在の設定がプリセットに保存され、後で再び使用することができます。

プリセットの削除:この「ゴミ箱」アイコンをクリックすると、現在選択されているユーザーが保存したプリセットが削除されます。

幅:作成されるキャンバスの水平方向の幅を設定します。右側のドロップダウンメニューは、いくつかの一般的な用紙サイズ間ですばやく変更でき、カスタムオプションもあります。

高さ:作成されるキャンバスの高さを設定します。

解像度:画像の解像度を設定します。印刷するプロジェクトはすべて、最低でも300 dpiに設定して、印刷がはっきりと見えるようにする必要があります。モノクロ(白黒のみ)になるアートワークは、コンピューターハードウェアが処理できる場合、600 dpiまで高くなる可能性があります。 72 dpiはインターネットディスプレイの解像度ですが、この低い解像度では、ピクセル化されたぼやけた印刷結果が生成されます。 [解像度]ボックスの右側にあるドロップダウンでは、一般的な解像度番号を選択できます。

基本表現色:画像の基本表現色を選択します。オプションは、カラー、グレー、モノクロです。このオプションは、作成される画像のデフォルトのエクスプレッションを設定しますが、個々のレイヤーを異なるエクスプレッションモードに設定できます。したがって、モノクロのキャンバスを作成してから、画像に色を付けることにした場合は、後でカラーレイヤーを作成できます。

用紙の色:このオプションを有効にするには、左側のチェックボックスをオンにする必要があります。このオプションをオンにすると、「Paper」レイヤーが新しいキャンバスに追加されます。このレイヤーは、[用紙の色]ボックスで選択した色で塗りつぶされます。長い長方形をクリックし、目的の色を選択してデフォルトの白から変更します。

テンプレート:このオプションを有効にするには、左側のチェックボックスをオンにする必要があります。このオプションをオンにすると、新しいウィンドウが開き、Clip Studio Paintのマテリアルライブラリのマンガテンプレートカテゴリのコンテンツが表示されます。テンプレートを選択すると、そのテンプレートが既に追加されている新しいキャンバスが作成されます。

幅と高さの左側にある両端矢印ボタンを使用して、現在の幅と高さの数値を入れ替えることができます。たとえば、設定が現在8 x 10インチのキャンバス用である場合、このアイコンをクリックすると、代わりに10 x 8インチのキャンバスに変わります。

次の設定グループは、[コミックの設定]の横のチェックボックスがオンになるまで表示されません。ここで、最終的なページサイズ(裁ち落としが切り取られた後のサイズ)と、内側の境界線のサイズ、またはページの「安全な」マージンを設定します。

幅(製本仕上げサイズの下):裁ち落とし領域がトリミングされた後の最終ページの幅。上のスクリーンショットでは、アートが印刷される用紙は、幅7インチ、高さ10.5インチから始まりますが、裁ち落としをオフにすると、幅6.75インチ、高さ10.25インチになります。

高さ(製本仕上げサイズの下):裁ち落とし領域がプリンターによってトリミングされた後のページの高さを設定します。

裁ち落とし幅:これは、ページの端の周囲の裁ち落としのサイズを設定します。裁ち落としとは、ファイルを印刷してブックに綴じたときに切り取られる用紙の領域です。ページからアートが飛び出していくコミックやマンガは、出血までずっと引き寄せます。下の画像では、赤い領域のすべてが最終印刷ページから切り取られます。右側のパネルにはアートがいくつかあり、黒い塗りつぶしはキャンバスの端まで達しています。これにより、ページの印刷時にフルブリードが発生します。左側のパネルは「セーフゾーン」内にあり、まったく遮断されません。

注-この領域の裁ち落とし幅の設定は、非常にうるさい場合があります。この設定が適切でないとCSPが判断した場合、ページを作成しようとするとエラーが表示されます。通常、裁ち落とし幅は0.10のままにしておき、エラーが発生した場合は上下に変更します。

次に、デフォルトの境界線(内側)のサイズ設定を見てみましょう。

幅(デフォルトの境界線サイズの下):ページの内側のマージンの幅を設定します。これは、印刷や製本のプロセスでアートやテキストが切り取られる危険性が少ない「安全な」ゾーンの外側の端です。描くときは、重要なテキストやアートの一部を内側の枠の中に入れてください!

高さ(デフォルトの境界線サイズの下):ページの内側マージンの高さを設定します。

Xオフセット(デフォルトの境界線サイズの下):これは、X軸上のページのデフォルトの境界線のオフセットを制御します。

Yオフセット(デフォルトの境界線サイズの下):ページのデフォルトの境界線のY軸上のオフセットを制御します。

裁ちトンボを揃える:このオプションは、[複数ページ]オプションがアクティブで、[2ページの見開きに結合]もアクティブになっている場合にのみオンにできます。

安全マージン:このボックスをチェックすると、デフォルトの境界線と製本サイズに加えて、ページ上に緑色の「安全マージン」がオンになります。特定のサイズで印刷する場合、この安全枠は重要な要素をより適切に配置して、ページからトリミングされないようにするのに役立ちます。安全マージンはClip Studio Paintで比較的新しいものであり、チェックボックスの右側にある[安全マージンについて]リンクをクリックすると、それらの詳細を確認できます。安全マージンボックスをオンにすると、上部、内部、下部、および外部の値の追加オプションが開き、好みや印刷会社の仕様に応じてマージンを設定できます。

同人誌の設定:このオプションは同人誌印刷データをエクスポートします。これは主に、米国外にいて、同人誌プリンターを使用しているユーザーに関係があるようです。同人誌プリンターを使用して印刷する場合は、「同人誌の印刷」のオプションを使用すると、[ワークの使用]カテゴリでデータをエクスポートするためのオプションが増えます。

複数ページ:この機能は、Clip Studio Paint EX専用です。これをチェックすると、1つのキャンバスだけでなく、複数のページが関連付けられたファイルを作成できます。コミックやグラフィックノベルを扱っている人にとって、この機能は、1つのファイルビューからページを管理したり、ページを並べ替えたり、ページを簡単に削除および追加したりできるので、非常に貴重です。以下に示すように、ページをまとめて一度にまたは個別に見開き2ページにまとめることができ、表紙を複数ページのファイルに含めることができます。

ページ数([複数ページ]オプションの下):ファイルのページ数を設定します。表紙を含める場合は、表紙が最終ページ番号に含まれることを確認してください。たとえば、カバー付きの24ページのコミックを作成する場合、ページ数として28を入力する必要があります。 (内面24ページ、表紙、表紙の内側、裏表紙の内側、裏表紙)

2ページ見開きに結合(複数ページオプションの下):このチェックボックスがアクティブな場合、ドキュメントのすべての内側の見開きページ(または表紙が使用されていない場合はすべての見開きページ)が2ページの見開きに結合されます。

綴じ位置([複数ページ]オプションの下):完成した本のどちら側に背表紙または綴じるかを設定します。和書は右側、洋書は左側です。

表紙:このオプションの横にあるボックスをチェックすると、表紙のオプションが表示されます。これらは、ドキュメントを作成していて、Clip Studio Paintプログラムで直接カバーを作成する場合、つまり漫画の単版を作成する場合に使用できます。
解像度(表紙オプションの下):表紙の解像度を設定します。

テンプレート(表紙オプションの下):マテリアルライブラリから表紙にテンプレートを適用します。カバーを作成するたびにこれらの要素を追加する時間を無駄にしないように、章のカバーページのロゴとテキストのテンプレートを設定してカバーに適用できるようにして、Webコミックを作成するときにこれを使用していました。

基本的な表現色(表紙オプションの下):前の基本的な表現色設定と同じですが、特に表紙用です。カラーカバー付きのグレースケールコミックを作成する場合は、それに応じてカバーと内部ページを設定できます。

用紙の色:ドキュメントに「Paper Color」レイヤーを作成する場合は、このボックスをオンにします。この紙のレイヤーは、オプションの右側にある色選択ボックスで選択された色で塗りつぶされます。

カバーページのレイアウト:これらの2つのアイコンは、Clip Studio Paintでカバーページを1つの連続したラップアラウンドカバー(見開き2ページなど)として表示するか、表紙と裏表紙を別々に表示するかを制御します。左側のアイコンをクリックすると、折り返しの表紙が表示され、右側のアイコンをクリックすると、ドキュメントの最初に表紙、最後に裏表紙の個別のページが表示されます。

背表紙の幅を指定する:このオプションは、表紙が左側のアイコンに設定されている場合にのみ有効になります(連続ラップアラウンド表紙オプション)。印刷された本のラップアラウンドカバーを作成するときは、背表紙の幅を考慮する必要があります。背表紙の幅は、印刷に使用する用紙の種類と内部のページ数によって大きく異なります。特に印刷された本を初めて作成する場合は、カバーデザインのプロセスを開始する前に、プロジェクト用のプリンターを選び、本の計画と印刷する用紙の種類について話し合うことをお勧めします。


ストーリー情報の見出しの下にあるほとんどすべての情報は、この情報が必要なプリンターを使用する場合、または複数のプロジェクトを同時に進行していて、作業内容を追跡する必要があるチームを使用する場合にのみ役立つことがわかりましたオン。ただし、これはネイティブのページ番号を見つけることができる場所なので、オプションを含める場所を知っておくと便利です。

ストーリー名(ストーリー情報の下):作成されるストーリーのタイトル。ウェブコミックを作成する場合、コミックのタイトルをここに置くことができます。テキスト入力ボックスの右側にあるドロップダウンメニューは、ページ上のストーリー名情報の表示場所を制御します。

ストーリー数(ストーリー情報の下):このチェックボックスをオンにすると、新しいファイルにストーリー番号を割り当てることができます。私のウェブコミックを作成している間、私は時々章番号を追跡するためにこれを使いました。手動でボックスに数値を入力するか、代わりに側面の矢印を使用して数値を設定することにより、数値を変更できます。

サブタイトル:ストーリー名にサブタイトルを追加します。

作成者:ストーリーの作成者を設定します。右側のドロップダウンメニューで、ページのどこに著者名を表示するかを制御します。

ページ番号:このボックスをチェックすると、Clip Studio Paintの3つのページ番号付けオプションのいずれかがアクティブになります。 [ページ番号]オプションは、ページの外側の余白の外側にページ番号を配置します。これらの番号は公開後は表示されません。表示されるページ番号については、Folioオプションを参照してください。ページ番号の右側にあるドロップダウンメニューは、ページ上の番号が表示される場所を制御します。

開始番号:ページの開始番号を制御します。デフォルトは1に設定されています。

以下のスクリーンショットは、CSPでのページ番号付けの3つのオプションの位置を示しています。 「ページ番号」オプションは、ページのトリム領域のすぐ外側の番号を、裁ち落とされる可能性のある裁ち落とし領域に配置します。 Folioのページ番号(オプションの詳細については以下を参照)は、ページの内側、「安全領域」のすぐ外側に表示されます。ブラインドフォリオ番号は、それを必要とする可能性のあるプリンターに使用され、ページの内側にある小さなページ番号であり、本のガター(または背が接着されている本の部分とすべてのページが一緒に添付され、ブラインドフォリオ番号が完成品の背に隠されます)。

開始番号(Folioカテゴリの下):Folioの位置に表示される開始番号を制御します-ページ番号の位置の説明については、上記のスクリーンショットと段落を参照してください。

色:フォリオ番号の色を設定します。ドロップダウンメニューからの選択肢は、黒または白です。 [エッジの配置]オプションを使用している場合、エッジの色は、このドロップダウンで選択されているものと逆になります。

エッジを配置:フォリオ番号の輪郭を設定します。アウトラインの色は、左側の「色」オプションで選択した色とは逆になります。このオプションの右側の入力ボックスは、フォリオ番号の周囲の輪郭の太さを制御します。

Folio:このボックスをオンにすると、Folioの番号付けが有効になります。右側のドロップダウンメニューは、数値の表示位置を制御します。

形式:このオプションの開始番号の左側と右側のボックスを使用して、ページ番号の前後に必要なものを表示できます。前のスクリーンショットでは、左側のボックスに「ページ」、次に右側に「of 4」を配置して、フォリオ番号が「ページ1/4」として表示されるようにしました。

デフォルトのボーダーとのギャップ:これらのオプションは、ページの内側のマージンからフォリオ番号が持つ高さと幅のギャップを設定します。 H番号を大きくするとページの下に移動し、番号を小さくすると内側のマージンラインに近づきます。 W番号を負の数に変更すると、フォリオ番号が左にシフトします。正の数を大きくすると、ページの右にシフトします。

フォント:フォリオ番号の表示フォントを制御します。

サイズ:フォリオ番号のフォントサイズを制御します。

ブラインドフォリオ:ブラインドフォリオの番号付けをアクティブにします。ブラインドフォリオ番号は、それを必要とする可能性のあるプリンターに使用され、ページの内側にある小さなページ番号であり、本のガター(または背が接着されている本の部分とすべてのページが一緒に添付され、ブラインドフォリオ番号が完成品の背に隠されます)。

次に、アニメーションカテゴリの設定を確認します。

アニメ部門

Clip Studio Paintを使用してYouTube用のアニメーションを作成する場合、またはアニメーションリールポートフォリオに追加する場合でも、これらの設定に興味があります。

ファイル名:ファイルの名前を入力します。これは、保存時にCSPがデフォルトで使用する名前です。

プリセット:このドロップダウンには、アニメーション作成用のいくつかのプリセットサイズが含まれています。プロジェクトに適したものを選択してください。

プリセットオプションに登録:[プリセット]ドロップダウンの右側にあるこのオプションをクリックすると、現在の設定がプリセットに保存され、後で再び使用することができます。

プリセットの削除:この「ゴミ箱」アイコンをクリックすると、現在選択されているユーザーが保存したプリセットが削除されます。

単位:ドキュメントの測定単位を変更します。最近のほとんどのビデオとアニメーションはピクセル単位で測定されていますが、必要に応じて別の測定単位に変更できます。

幅(出力フレームのサイズの下):出力フレームの幅を設定します。出力フレームは、エクスポート時のアニメーションの最終的な完成フレームサイズであり、フレームにマークされた青い領域の外側には何も含まれていません。

高さ(出力フレームのサイズの下):出力フレームの高さを設定します。

解像度:アニメーションの解像度を設定します。アニメーションの性質上、これは印刷解像度ほど高くなくてもかまいません。

タイトルセーフ領域:アニメーションにテキストを含めることを計画している場合は、タイトルセーフ領域チェックボックスをオンにする必要があります。タイトルセーフ領域は、印刷の内側の余白のようなものです。これは、テキストや描画の重要な部分を内側に置き、それらが途切れないようにするための領域です。このオプションには、タイトルセーフ領域のマージンを設定するための、上、左、下、右のボックスがあります。

オーバーフローフレーム:オンにすると、フレームにオーバーフロー領域が追加されます。これにより、出力フレームは同じサイズに保たれますが、フレームの幅と高さにスペースが追加され、フレームが保持できるよりも広いまたは高いアートを描画できるようになります。これにより、パンまたはカメラの傾きを実現できます。このセクションで、オーバーフローフレームの幅、高さ、参照点、およびXオフセットとYオフセットを設定します。

空白:このセクションは、出力フレームサイズの端の周りに表示される空白を制御します。この空白スペースは、背景を描画したり、移動するオブジェクトをフレームに出入りさせるために含まれています。上、左、下、右の空白スペースの設定がここにあるため、作成ドキュメントに含める空白スペースの量を完全に制御できます。

ストーリー名(ストーリー情報の下):出力フレームの外側にストーリー名を追加します。これは、特にチームが作業している場合に、さまざまなプロジェクトを追跡するために使用できます。右側のドロップダウンメニューは、ストーリー名の位置を制御します。

ストーリー数:ストーリー数を設定します。エピソードシリーズを扱っている場合は、エピソード番号をここに入力できます。

ファイル名を自動的に設定:アニメーションの個々のセルのファイル名の形式を制御します。 CSPは、それぞれに自動的に名前を付けるのではなく、このチェックボックスをオンにして、ドロップダウンから形式を選択することで、自動的に名前を付けることができます。このオプションをオンにすると、[ファイル名]ボックスのテキストが上書きされます。

フォルダーを使用したファイルの管理:これをチェックすると、ファイルの管理フォルダーを保存するフォルダーを選択できます(複数ページのコミックファイルの[保存先]オプションと同様)。このボックスをオンにすると、ウィンドウの上部の[ファイル名]ボックスの下に[保存先]オプションが表示されます。現在表示されている場所の右側にあるフォルダをクリックして、保存先の別のフォルダを選択します。

タイムライン名:新しいファイルに作成されるタイムライン名を変更します。

フレームレート:アニメーションでセルが再生されるレートを設定します。右側の下矢印を使用して、いくつかの一般的なフレームレートから選択します。フレームレートが高いほど、アニメーションの1秒を完了するために、より多くの描画を行う必要があることに注意してください。これにより、アニメーションがスムーズになりますが、アニメータの作業負荷が増加します。

再生時間:タイムラインの再生時間を設定します。 30フレーム/秒で3秒のアニメーションを作成する場合、再生時間には90フレームが必要です。右側のドロップダウンメニューは、開始フレームのオプションを設定します。 0または1から始まるフレーム番号を表示したり、代わりにタイムコードを表示したりできます。 (Clip Studio Paint Proユーザーは、24フレームのアニメーションに制限されていることに注意してください。)

シーン番号:このプロジェクトのシーン番号を設定します。

ショット番号:このプロジェクトのショット番号を設定します。

分割線:タイムラインの各分割線の間のアニメーションのフレーム数を制御します。

タイムライン名を自動的に設定する:このチェックボックスがアクティブな場合、タイムラインは、ドロップダウンメニューで選択した設定に従って自動的に名前が付けられます。

画像補間:セルまたはマテリアルを変換するときにピクセルの色を補間する方法を制御します。滑らかなエッジ(バイリニア)は、ピクセルの色を隣り合わせて滑らかな輪郭を作成しますが、輪郭がぼやけてしまいます。ハードエッジ(最近接)は、色をブレンドしないため、輪郭のシャープなエッジを保持しますが、画像がピクセル化する場合があります。クリアエッジ(バイキュービック)は、[スムーズエッジ]設定よりも大胆なアウトラインを作成しますが、アウトラインの周囲にホワイトノイズが発生する場合があります。高精度(平均色)は詳細な線を保持しますが、画像がぼやけ、処理時間が大幅に増加する可能性があります。

画像の補間に関する詳細な技術情報は、以下のURLにあります。

https://www.cambridgeincolour.com/tutorials/image-interpolation.htm

ショットテンプレート:ショットのマテリアルライブラリのテンプレートカテゴリからテンプレートを設定します。

Celテンプレート:各セルのマテリアルライブラリのテンプレートカテゴリからテンプレートを設定します。

結論

新しいファイルを作成することは、特に印刷やアニメーションの用語に慣れていない場合は、Clip Studio Paintで少し面倒になる可能性があります。ただし、ある程度の知識と実践があれば、CSPを使用して任意のサイズのキャンバスを作成できます。このガイドが、イラスト、漫画、アニメーションのどれを作成するにせよ、どうすればよいかわからなかった設定を理解するのに役立つことを願っています。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着