アニメの雲と空のペイント-パート3

1,832 view

Painting Anime Clouds&Skyチュートリアルシリーズの第3部へようこそ!パート1では、Cumulus、AltoCumulus、CirroCumulusについて学びました。パート2では、Stratus、AltoStratus、CirroStratusについても学びました。まだ読んでいない場合は、こちらで確認できます。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3514
https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3575

したがって、このパート3では、StratoCumulus、Cirrus、およびNimboStratusクラウドについて学びます。

プロジェクトファイルをダウンロード

https://drive.google.com/file/d/1EjdefWeami2-mJhbu3zrUNNNUv6loicx/view?usp=sharing

このチュートリアルについて理解を深めるために、プロジェクトファイルをダウンロードできます。自分のプロジェクトでそれらを使用することもできます。

ブラシをダウンロード

注:前のパートから私のブラシをダウンロードした場合は、再度ダウンロードする必要はありません。これらは同じブラシだからです。このチュートリアルシリーズのパート1をまだ読んでいない方のために、これらは私のプロセスをフォローしたい場合にダウンロードできる私のブラシです。

ハード楕円ブラシは、絵画における私の主な武器です。文字通りこれらの4つのブラシで何でもペイントします。 PhotoshopでIlya KuvshinovのHard Ellipticalブラシを使用したことがある場合、これらのブラシは同様の結果を生成します。全部自分で作り直しています。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784508
https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784507
https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784037
https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784038

クラウドテクスチャの場合、このチュートリアルシリーズでは、この1つのブラシのみを使用します。私の意見では、描く絵の基礎がしっかりしていないと、派手なブラシをたくさん用意してもあまり役に立ちません。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784043

絵を柔らかくしてブレンドするには、このソフトラウンドブラシを使用します。時には、その不透明度を調整する必要がある場合がありますあなたの絵画に依存します。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784044

以下のこのカスタムマッピングペンを使用して、スケッチし、線画を作成し、基本的な形状をブロックします。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784046

7.層状雲

これがStratoCumulus雲を説明する最良の方法です。それらはStratus雲とCumulus雲の混合です。したがって、StratoCumulus雲では、StratusとCumulusの両方からいくつかの特性を見つけることができます。 StratoCumulusの雲は、積雲(ふくらんでいる)であると想像できますが、より平らで、厚く、暗く、最も重要なのは、それらが互いに付着していることです。雲の間の青空が少なくなり、StratoCumulus雲の下では晴天よりも曇りの天気になります。クムルスやストラタスのように、地面の低い場所(2000メートル以下)に座っています。 StratoCumulus雲は、空にある最も一般的な雲です。

それでは、互いに付着しているふくらんでいる厚い雲をスケッチしましょう。

次に、正午の勾配を下げます。

その後、新しいレイヤーを作成し、雲の形を白い色でブロックします。ここでは、「マイペン」、「ハードエリプティカル」、「クラウドブラシテクスチャ」を使用できます。

もう一度新しいレイヤーを作成して、テクスチャを置き、雲レイヤーにクリップすることを忘れないでください。暗い色(70%-50%グレー)を選択し、「クラウドブラシテクスチャ」と「ハードエリプティカル」を使用して、雲の下部にテクスチャをペイントします。

再度新しいレイヤーを作成し、このレイヤーをブレンド/ソフトレイヤーとして使用します。 「ソフトラウンド」ブラシを使用して、雲の一部の領域を柔らかくします。

雲に色を付けましょう。レイヤーを右クリック->新しい修正レイヤー->グラデーションマップ。

これが私の設定です。

グラデーションマップレイヤーをStratoCumulusレイヤーにクリップすることを忘れないでください。

そして、これが結果です。午後はStratoCumulusの雲が降る素敵な空。

ここでは、ステップバイステップの別の。

次のクラウドに移りましょう!

8.シラスの雲

巻雲は、薄くて白い、かすかな雲の束で、空を横切っています。巻雲は空の7000メートル以上に現れます。それらは水滴ではなく小さな氷の結晶でできています。巻雲は他の9つの雲とは非常に異なって見える唯一のタイプの雲です。また、その形状により、キャンバス上に描画して解釈する柔軟性が向上しています。したがって、Cirrusクラウド用の特別なブラシがあります。

Cirrusクラウドの楽しい部分は、形が細く細い限り、サイズをいじって、個々のCirrusクラウドを描画することができ、それらのグループを描画することができます。

これが私のシーラスブラシです。筆先を一方向にしか設定していないので、キャンバスの回転を調整して最適化します。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784368
https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784371
https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784372

'Cirrus Cloud Brush A'は、個別の長い巻雲雲ブラシです。 'Cirrus Cloud Brush B'はかなり広い巻雲雲ブラシです。 'Cirrus Cloud Brush C'は、非常に小さくて短い巻雲グループです。単独でも併用でも使用できます。

以下のこの例では、遠近感を出すためにスケールと方向を調整します。

次の雲に移りましょう!

9. NIMBOSTRATUSクラウド

Nimbostratusの雲は雨の降る日と関係があります。また、雪の降る天気の原因にもなっています。 Nimbostratusの雲は、Stratusの雲と同様に、空全体に濃くて暗い層を形成します。しかし、NimboStratusは雨を伴うため、遠くから見るとStratusほど滑らかではありません。彼らは乱雑な形、いくつかのハードエッジと不均一な厚さを持っています。そのため、私はStratus Cloudsセクション(パート2)でテクスチャを目立たせすぎないように説明しました。

これらの雲は複数レベルの雲のカテゴリに入れることができます。つまり、雲母雲の基部は地面に比較的近くにありますが、それらの上部は中央の雲レベル(<7000メートル)まで上向きに伸びることがあります。雲母雲の厚さは、ほとんどの雲よりも暗い外観を与えるのに役立ちます。しかし、雨や雪の日の下に立つと、NimboStratusの本来の姿よりも明るい空が見えるかもしれません。それは、雨と雪がNimboStratusの雲を覆っているからです。

値の範囲は80%〜40%グレーです。しかし、ほとんどの部品は80%-60%前後です。

NimboStratusをペイントする方法は、Stratusをペイントする方法と似ています。違いは、NimboStratusクラウドに多くのハードエッジ/テクスチャを配置できることだけです。プロセスが類似しているため、通常ほど詳細には説明しません。重要なステップを指摘しておきます。

したがって、空の値のベースとして60%グレーを下に置きます。次に、グレーが80%〜70%の「ハードエリプティカル」ブラシを使用して、NimboStratus雲をスケッチします。

その後、いくつかのさまざまな値(80%〜40%)で「クラウドブラシテクスチャ」を選択して、テクスチャや形状を追加します。

次のステップでは、「ハードエリプティカル」ブラシを使用して、形状をクリーンアップして適切なハードエッジを作成します。

次に、「ソフトラウンド」ブラシを使用して一部のパーツをブレンドします

最後のステップでは、グラデーションマップを使用して色を追加します。

NimboStratusの雲の別の例を次に示します。

了解しました。これでパート3はすべて終了です。残りのクラウドは1つだけです。皆さんのお気に入りのクラウド専用にパート4を用意しました。次のパートでは、CumuloNimbusクラウドを描画します。またね!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着