アニメの雲と空のペイント-パート4

1,000 view

「アニメクラウドとスカイのペイント」チュートリアルシリーズの第4部へようこそ!パート1、2、3では、Cumulus、AltoCumulus、CirroCumulus、Stratus、AltoStratus、CirroStratus、StratoCumulus、Cirrus、NimboStratusの9種類の雲について学びました。前の部分をまだ読んでいない場合は、こちらで確認できます。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3514
https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3575
https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3585

このパートのパート4では、CumuloNimbusの雲を調べてペイントします。あなたの多くは、CumuloNimbusの雲を見たいと思っています。そのため、私はCumuloNimbusクラウドをそれぞれの部分に分離することにしました。前のパートをまだ読んでいない方もいるかもしれないので、すべてのステップをできるだけ簡単に説明します。

プロジェクトファイルをダウンロード

https://drive.google.com/file/d/14KgeFzG25HUcpR02_yu_EFbAyt67O9GS/view?usp=sharing

このチュートリアルについて理解を深めるために、プロジェクトファイルをダウンロードできます。自分のプロジェクトでそれらを使用することもできます。

ブラシをダウンロード

注:前のパートから私のブラシをダウンロードした場合は、再度ダウンロードする必要はありません。これらは同じブラシだからです。このチュートリアルシリーズのパート1をまだ読んでいない方のために、これらは私のプロセスをフォローしたい場合にダウンロードできる私のブラシです。

ハード楕円ブラシは、絵画における私の主な武器です。文字通りこれらの4つのブラシで何でもペイントします。 PhotoshopでIlya KuvshinovのHard Ellipticalブラシを使用したことがある場合、これらのブラシは同様の結果を生成します。全部自分で作り直しています。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784508
https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784507
https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784037
https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784038

クラウドテクスチャの場合、このチュートリアルシリーズでは、この1つのブラシのみを使用します。私の意見では、描く絵の基礎がしっかりしていないと、派手なブラシをたくさん用意してもあまり役に立ちません。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784043

絵を柔らかくしてブレンドするには、このソフトラウンドブラシを使用します。時には、その不透明度を調整する必要がある場合がありますあなたの絵画に依存します。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784044

以下のこのカスタムマッピングペンを使用して、スケッチし、線画を作成し、基本的な形状をブロックします。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1784046

10.積乱雲

積乱雲はそれらが成長する積雲の雲に似ていますが、カリフラワーのように見える上部が膨らんだ塔に昇ります。簡単に説明すると、CumuloNimbusは非常に大きな積雲です。それらは、低気圧(<2000メートル)から中高気圧(> 7000メートル)にまで及ぶ可能性があります。 CumuloNimbusの上部は明るく白く、一方下部は非常に暗くなっています。

それらは美しい外観を持ち、多くの人々がそれらを愛していますが、CumuloNimbusの雲は大雨と荒天をもたらす原因です。したがって、1日の雨や風が強い場合、ひょう、雷、稲妻がある場合は、CumuloNimbus雲の下にいる可能性が高いです。 CumuloNimbusの下にいるときは、実際にNimboStratusと似た下部が見えます。

CumuloNimbusをペイントするプロセスも、Cumulusと似ています。唯一の違いは、上部が非常に明るく、下部が非常に暗いため、積乱雲の値の範囲です。上部は完全に白、下部は80%グレー(ほぼ黒)にすることができます。

それでは、CumuloNimbus雲のペイントを始めましょう!

これが私のスケッチです。

スケッチレイヤーの下に新しいレイヤーを作成し、30%グレーでそのシェイプをブロックします。この手順では、「私のペン」、「ハードエリプティカル」、「クラウドブラシテクスチャ」を使用します。

新しいレイヤーを作り、それを一番下に置きます。これを空のレイヤーとして使用します。次に、「Midday Sky」グラデーションを使用して空の色を指定します。

新しいレイヤーを作成し、「下のレイヤーにクリップ」アイコンをクリックして、CumuloNimbusレイヤーにクリップします。このレイヤーを使用して、最も明るい部分をマークします。

白色を選び、「ハードエリプティカル」ブラシを使用して、光源に面しているエッジである最も明るい部分をペイントします。

新しいレイヤーを作成し、それを再びCumuloNimbusレイヤーにクリップします。このレイヤーはクラウドテクスチャ用です。

白い色を選び、「クラウドブラシテクスチャ」を使用してテクスチャをペイントします。

新しいレイヤーを作成し、それを再びCumuloNimbusレイヤーにクリップしてから、このレイヤーをCumuloNimbusレイヤーの真上に配置します。これを使用して、太陽光が透過できない右と下の部分を暗くします。つまり、シャドウのレイヤーです。

暗い値(80%-50%グレー)を選択し、「クラウドブラシテクスチャ」を使用します。

新しいレイヤーを作成し、それを再びCumuloNimbusレイヤーにクリップします。今回は、このレイヤーを使用して、テクスチャをブレンドして柔らかくします。

明るい値(白/ 20%-5%グレー)を選択して明るい部分を柔らかくし、暗い値(50%-80%グレー)を使用して暗い部分を柔らかくします。今回は「ソフトラウンド」ブラシを使用することを忘れないでください。

グラデーションマップを使用して、CumuloNimbusにいくつかの色を与えましょう。レイヤープロパティを右クリック-> [新規修正レイヤー]-> [グラデーションマップ]。

その後、このグラデーションマップレイヤーをCumuloNimbusレイヤーにクリップすることを忘れないでください。次に、その描画モードを「カラー」に変更します

おめでとうございます、あなたは最初のCumuloNimbusクラウドを作成しました!

なぜ多くのレイヤーを使用したのかと聞かれると、このチュートリアルは誰でも簡単に実行できるようにするためです。

以下は、別のCumuloNimbus形状のプロセスです。

素敵なラインアートがある場合は、選択ツールを使用して、よりきれいなエッジを作成できます。

今回は午後の空にCumuloNimbusが欲しいです。グラデーションマップでオレンジを使用しています。

これは、CumuloNimbusの雲が柱状で上部が平らな例です。

これですべてだと思います。このチュートリアルのシリーズのパート1からパート4まで進んだ場合は、10種類の雲でさまざまな空を描くことができます。イエーイ!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着