指先ブレンディングクラウドアニメーション

340 view

「指先」ブレンディングツールは、いくつかの異なる目的に使用できる非常に用途の広い描画ツールです。編集レイヤー上の色をぼかしたり、ブレンドしたり、ドラッグしたりするために使用できます。機能の多様性により、エッジがソフトな流体を描画するのに非常に役立ちます。これは、本質的にはクラウドと同じです

言うまでもなく、フィンガーチップブレンディングツールは、私のお気に入りのツールの1つです。このツールの使用方法の少なくとも1つをここで共有できることを非常に嬉しく思います。

概観

「指先」ブレンディングツールを使用して雲を描画する方法をカバーし、それをアニメーション化するかなり簡単なデモに進みます

指先ブレンディングツールは信じられないほど用途が広く、さまざまな使い方に慣れるために少し練習する必要があるため、これは他の描画チュートリアルのように描画方法の単純または単純なものではありません。ただし、ここで使用されるプロセスの多くは、炎や水のプールなどの他のオブジェクトの描画に適用できます

最初の色配置手順

背景を配置した後の最初のステップは、雲の色の塊を新しいレイヤーに配置することです-色のしみのサイズがのサイズに近い限り、形状は特に問題ではありません描画したい雲、または指先ツールで押し出すのに十分な大きさの雲

次に、雲の影と同じ雲のレイヤーに色の塊を配置します。必ずしも正確である必要はありませんが、影のあるはずの予想される領域に一致させる必要があります。

指先ブレンディングツールを使用して両方を同時に操作できるため、シャドウをクラウドと同じレイヤーに配置する必要があります。そうしないと、シャドウを個別にブレンドまたは描画する追加の手順を実行する必要があります。

指先ツールとブレンドすると影が薄くなり、明るくなるため、おそらく影は希望の最終的な色合いよりも少し暗く描きたいでしょう。

複数の色を使用している場合は、色のしみを追加するという最後の手順を、意図した一般的な領域で雲に追加します。簡単にするために、白い雲と影だけを使用します。

指先のブレンド/描画テクニック

フィンガーチップブレンディングツールでフォームを操作するためのいくつかの主要なトリックがあります-これらに「公式」の名前があるかどうかわからないので、それらを呼び出すために何かを作ります



「ウィグル」-基本的には、小さな領域を選択して、そのセクションを少し揺らします

これは信じられないほど簡単に聞こえるかもしれませんが、セクションを小刻みに揺らす方法、小刻みに動かす量、加えられる筆圧の程度が少し変化すると、ブレンドの結果に影響します。「前後」の小刻みは異なる効果を生み出します「円形」の小刻みから、そしてより多くの領域を揺らすと、色がよりブレンド/ぼかされます

一般的に、ウィグリングは、他のブレンドツールオプションを使用するよりも多くの時間を消費します。これにより、より広い領域に同じ効果が得られない場合でも同じ効果が得られます。一般的なブレンド/ブラーが必要な場合は、指先の代わりに特定のブレンド/ブラーブラシを使用してください。 。指先は、他のぼかしオプションではニーズを十分に満たすことができない場合に、より制御された独自のぼかしが必要な場合にのみ適しています



「切り取る」-図形の外側から開始し、内側に移動して透明/背景ピクセルを図にドラッグして「切り取る」

これは、図形を形作るのに役立ち、エッジのいくつかを少し「クリーンアップ」するために使用できます。ただし、これは図のエッジのぼかしの量を減らすのに役立ちますが、それでも完全に鮮明なエッジを取得することはできません-クリーンなエッジの場合は、G-Penなどの別のツールで戻って再描画する必要がありますそれら



「拡大」-図形の内側から開始し、外側に移動して色付きのピクセルをドラッグして、図形を大きくします



「描画」/「ドラッグ」-これは、素材を引っ張って長くしようとするときに使用されます。いくつかのカラーピクセルといくつかの透明/「背景」ピクセルから始めて、それらをドラッグします。



これらのデモでは、通常、中程度のサイズの指先ツール用ブラシから始めて、必要に応じてブラシサイズを小さくして微調整します。ブラシが大きすぎると、適切にブレンドせずに「スキップ」したり、ギザギザのエッジを作成したりする傾向があります。おそらく、ピクセルを処理するときにプログラムが少し遅れるからです。このテクニックを使用する場合は、目的に合った適切なブラシサイズを見つける必要があります。ブラシサイズを調整するためのショートカットキーをよく理解しておくと、調整が簡単になります。

上記は完成した雲の図面です。ブレンドしすぎた場合は、いずれかのペイントツールに切り替えて、必要な領域にもう少し色を追加してから、指先ツールでブレンドを続けます。

雲のアニメーション

指先ブレンディングツールで描画しているときに気付くと思いますが、雲の一部を移動すると、目の前でアニメートされているように見えます

これは基本的に、指先ブレンディングツールを使用したアニメーションの背後にあるアイデアです。指先ブレンディングツールを使用して行った調整を、アニメーションのフレームごとの変更に変えます。


以下は、指先ブレンディングツールでクラウドをアニメーション化するための次の手順のビデオデモです

https://youtu.be/dFMhoYl8Q9w


指先ブレンディングツールを使用したアニメーションは、ストレートアヘッドスタイルのアニメーションで非常にうまく機能します。ただし、キーフレームアニメーションのセクションでは、ぼかしを配置する場所の適切な配置を「推測」する必要があり、その後、各配置を再調整するために戻って戻るため、この方法で調整するキーフレームはかなり退屈になる可能性があります。アニメーションをスムーズにします。ぼかしは、あまりにも多くの再調整ではあまり好意的ではない傾向があります。そのため、調整中にテクスチャと色の密度を簡単に維持できない場合、この方法はキーフレームアニメーションではうまく機能しません。

タイムラインの準備

指先ブレンディングツールを使用して雲をアニメーション化するには、フレーム単位のストレートアニメーション方式をお勧めします。ぼかし/ブレンドは本質的に一方通行なので、これは最も簡単な方法です。


タイムラインのない既存のイラストから作業している場合は、タイムラインを有効にして新しいタイムラインを作成します


既存のアニメーションフォルダがない場合は、作成することもできます。


タイムラインでアニメーションフォルダーのフレーム1を選択します。このステップでは、必ずしもレイヤーや登録済みのセルは必要ありません

「アニメーション>トラックの編集>セルのバッチ指定」に移動します

「バッチ指定セル」メニューで、以下の項目を入力します。

(x)値を指定(N)

セルを指定
開始番号:1
終了番号:[タイムラインでアニメーション化する最後のセル番号-必要に応じて99999を押すことができます。自動的に最大値1000に調整され、選択した範囲の最後のフレームで切り捨てられます。タイムライン]
フレーム数:各フレームをアニメーション化する場合は1のままにします。他のすべてをアニメーション化する場合は2に設定します。この設定により、各セルが保持されるフレーム数がプログラムに通知されます。

繰り返し数を無視する/最後まで繰り返す-おそらくループをアニメーション化していないので、1回のラウンドで十分です


「セルの仕様ごとに空のフレームを挿入する」は無視してください-適度にスムーズなアニメーションが必要なので、各フレームはセルで順番に埋める必要があります
すべてのセルを順番に並べたいので、「セル番号をスキップ」は無視します。

結果のタイムラインは次のようになります(セルを作成した後、処理するフレームの範囲を小さくしたので、範囲の選択を除きます)。


セルの仕様を生成した後、まだ行っていない場合は、クラウドレイヤーをアニメーションフォルダーに移動します。最初のセル名と一致するようにクラウドレイヤーに「1」という名前を付けます。そうすると、レイヤー「1」がセル「1」にリンクされます。フレーム/セル1を選択すると、ステージ上にクラウドが表示されます

この手順の後、アニメーションを作成する準備が整います

クラウドのアニメーション

クラウドをアニメーション化するには、アニメーションフォルダー内のレイヤー「1」を選択し、フォルダー内にある場合はコピーを作成します。自動的に「2」という名前が付けられ、所有しているセル「2」にリンクされますタイムラインで以前に指定された


アニメーションを開始するには、レイヤー/セル「2」を選択し、指先ブレンディングツールを使用してクラウドの調整を開始します。残念ながら、オニオンスキンの参照は、無地の色を移動するため、オニオンスキニングは特に役立ちません。オニオンスキンは、不透明度を下げて、これを行っている間、オニオンスキンが少し目立つようにすることができます。かなり無地の色でもあるので、とにかくぼやけてしまい、うまく利用することが難しくなります。


レイヤー/セル「2」を調整した後-レイヤー「2」を選択してコピーします。自動的にレイヤー「3」のラベルが付けられます。最後の作業レイヤーをブレンドしてコピーする指先ですすぎと調整を繰り返します


いくつかのレイヤーを作成したら、アニメーションタイムラインの小さな範囲を選択してクラウドアニメーションをスクラブし、各セルを少し調整してアニメーションをスムーズにすることができます。アニメーションしながら少しずつこれを行い、毎回少量を選択して品質チェックを行います

完了するまでアニメーションを続行します

上記は、ビデオチュートリアルのデモ中に行われた短いアニメーションです

実行速度を考慮して、セルを1つずつ取得し、別のフレームで2〜3秒間保持して速度を落とすことを検討します。

その他の注意事項

かすかな雲の場合、上記の方法で指先ブレンディングツールを使用してアニメーション化するのは困難です。代わりにクラウドレイヤーをコピーして貼り付けてから変形することを検討してください。次に、ブレンドツールの1つを使用して、wispを軽く修正します。


渦巻いて大きく成長している大きな雲の場合は、中央部分の雲のアニメーションの小さな部分を作成して渦巻き効果を作成し、アニメーションをコピーして貼り付けて、小さな各アニメーションのタイミングを再調整することを検討してください


雲で満たされた大きな空をアニメーション化するときは、すべてではなくいくつかの雲を描画してアニメーション化することを検討してから、アニメーションのコピーを作成し、空全体のアニメーションの位置、スケール、タイミングを再調整します

アニメーション後の色調整は、分散を作成するのにも役立ちます。アニメーションの上にレイヤーを配置し、「下のレイヤーにクリップ」を設定して、ブレンドモードを変更する

コメント

関連する記事

新着

公式 新着