補正レイヤーのカラーリング:SPACE OPERA

1,312 view

01.はじめに

このチュートリアルでは、修正レイヤーの色付け、つまり基礎が完成したら図面に色を付ける方法について説明します。この技法は、グリザイユ法とも呼ばれ、グレースケールで下塗りを作成して、色を適用します。

だから、物事を始めるために、最初にインクと下塗りの最初の2つのステップを経た図面が必要です。この目的のために、私は彼女の下塗りまで仕上げたスペースオペラガールです。

下塗りの経験則として、私たちはまだ照明のシャドウとハイライトを適用したくありません。このアプローチにより、後でアートの方向を変更できる汎用性が得られます。そのため、図面を肉付けして、3次元性を理解することのみを目的としています。

次に、彼女のぬりえに焦点を当てます。

02.グラデーションによる色付け

このフェーズでは、必要な結果を得るために、不透明度の異なるいくつかの修正レイヤーを使用します。私たちの最初の仕事は皮膚に色を付けることです。素敵なトーンを実現するには、いくつかのグラデーションマップをブレンドする必要があります。

グラデーションマップをブレンドしたら、不透明度マスクを使用して色をより適切に導きます。この目的のために、下塗りとグラデーションマップをグループ化し、下塗りの不透明マスクをグループフォルダーに使用しました。

次に、各グラデーションマップの不透明度マスクを、各色の適切な量でブラシに再調整します。また、ピンクがかったトーンを追加するために、別のグラデーションマップを追加します。

下塗り全体を着色するまでこれを続けます。

03.シャドウとハイライト

図面のこの時点で、手の上に浮かんでいるオーブから発せられているオブジェクトライティングの横にすべての色があります。ここで、すべてをシャドウとハイライトで固定します。

最初に、レイヤーセットをデフォルトの法線に追加し、ペイントバケットツールを使用してシャドウを適用します。前のセクションからヒントを得て、必要に応じてパーツのブラシに不透明度マップを適用し、すべての手順をできるだけ非破壊的に保ち、ラインをより細かく制御します。

次はハイライトで、いくつかあります。このチュートリアルでは、次のレイヤーを開始するために必要なものに基づいて、レイヤーごとに行います。

すべてが具体化されたら、レイヤー間をジャンプしてすべてを微調整するのに問題はないはずです。

最終的なハイライトレイヤーにはさまざまなレイヤーモードがあり、上から順に、ノーマル、リニアライト、カラーです。

04.ポストエフェクトとファイナル

必要に応じて修正レイヤーを追加できますが、少し時間を取り、図面から離れ、歩き回り、元の意図が何であったかを検討するのが賢明な場合があります。逆に、これは非破壊的なワークフローであるため、思い切って他の色に変えることもできます。

このチュートリアルでは、レベル補正を適用して、カラースペクトルを引き締め、ハイライトの強度を高めます。その後、完了です。

このチュートリアルをお読みいただき、ありがとうございます。CLIPStudio Paintでの芸術的な追求のために、価値のあるものをご紹介します。

使用されているすべてのブラシとグラデーションマップは新規インストールのものですが、オフラインとオンラインの両方で利用可能なすべてのアセットを自由に試してください。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着