クイックヒント:立体図形から輪郭を取得する方法

714 view

前書き

こんにちは!ビビマキです。今日は、ラインアートのヒントを学びます。
私と同じように素敵な線画を描くのが面倒な場合は、ブラシと消しゴムで形を調整しながら、手書きでフォームをペイントすることもできます。ただし、ラインワークが必要な場合もあります。次に、どのように実行するのですか?手で描いた線の概要は疲れる...実用的な(または怠惰な)魂にとって、CPSには非常にシンプルでありながら便利なトリックがあり、ソリッドオブジェクトから簡単に線画を作成できます。

1.ベクターアウトライン

1.まず、ラスターレイヤーで、好みのペンを使用して単純なソリッドシェイプを描画します。私の場合、Gペンで鹿の角を描きました。

2. Ctrl + c Ctrl + vをクリックして、オブジェクトを2番目のレイヤーにコピーします。

3.レイヤーコピーを選択し、メニューバーに移動して、[レイヤー]> [レイヤーの変換(H)...]を選択します。

表示されるメニューで、[タイプ]> [ベクターレイヤー]を選択します。
[ベクター設定]ボタンをクリックします。別のメニューが表示されますので、[最大線幅]を適当に調整してください。私は6ピクセル幅で私のものにします。
アウトラインのオブジェクトの元の色を保持する場合は、[すべてを黒でエクスポート]オプションをオフにします。
ソリッドシェイプがアウトラインベクトルに変換されました。

図面は次のようになります。

4.ベクトル線の幅と形状を調整するには、[正しい線]サブツールを使用します。固定幅の場合は[正しい線幅]を使用し、より自然な線の場合は[ベクトル線を再描画]を使用します。

2.ラスターの概要

1.シェイプを含むレイヤーを右クリックし、表示されるメニューボックスで[レイヤーからの選択]> [選択範囲を作成]を選択します。またはメニューバー> [レイヤー]> [レイヤーからの選択]> [選択を作成]に移動します
レイヤー上のすべてが選択されます。

この機会に、カラーディスクのアウトラインに暗い色を選択してみましょう。

3.新しいラスターレイヤーを作成します。メニュー[編集]> [アウトライン選択(G)...]に移動します

表示されるメニューで、必要に応じて線の幅を調整します。 10ピクセルを選択しました。

これで、ソリッドオブジェクトとアウトラインが2つの異なるレイヤーに配置されました。

最後の言葉

最後までお読みいただきありがとうございます。この小さなヒントがお役に立てば幸いです。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着