線画とクリップスタジオペイントのヒント

509 view

こんにちは!この記事では、RasterizedLayerとVectorsLayerに焦点を当てたClipStudio PaintのさまざまなLineartのヒントを詳しく説明します。各レイヤーに異なるLineartを作成して、それぞれに最適なオプションを比較して選択できるようにします。

Lineartの最初のレビューを行った最初のClipStudioPaintチュートリアルを忘れずにご覧ください。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2762

ですから、これ以上苦労することなく、このスーパーチュートリアルをご覧ください。

線画とクリップスタジオペイントのヒント

https://youtu.be/8826nYYUY4k

🛎次の場所で字幕をアクティブにします:
設定-サブタイトル-自動翻訳-言語を選択してください😉

ビデオについてどう思いますか?ツールとラスターレイヤーとベクターレイヤーの違いについて、簡潔に、しかしできるだけ明確にしようとしました。

さて、チュートリアルで見たものを段階的に見ていきたいと思います。それをさらによく理解できるように、そこに行きましょう。

1.プロジェクトの作成:

これは、他のClip Studio Paintチュートリアルでよく聞かれる質問であり、それを明確にする良い機会だと思います。

300 dpi、350 dpi、または私のお気に入りの600 dpiのいずれであっても、イラストは常に高解像度で作業することをお勧めします。

そして、キャンバスのサイズでは、3000ピクセル以上にするのが理想的です。私の場合は、4000ピクセルの正方形にします。

2.スケッチ

これは、さまざまなLineartのヒントを示すために使用する図面になります。

3.レイヤーカラーツール:

私はこのオプションが大好きです。レイヤーを選択して青色に変更することができます。これは、色を混乱させることなく、落ち着いてリニアレットを作成できるので素晴らしいことです。

4. RasterizedレイヤーのLineart:

このタイプのレイヤーを使用すると、より自由に感じますが、間違いなく、ベクターレイヤーと比較して、ラスターレイヤーで線画を作成するのに時間がかかります。これは好みの問題です。

5.ベクターレイヤーの線画

このタイプのレイヤーは素晴らしく、各ストロークを必要に応じて処理できます。これにより、線画を完全に制御できます。次の結果が得られました。

6.ラバーベクター:

それは私たちが必要のない線を切り取るのに役立ちます。

7.線幅の変更:増加

8.線幅の変更:縮小

この記事がお役に立てば幸いです。また、私たちが見たヒントが今後のイラストにも役立つことを願っています。

私はあなたに挨拶を残します、あなたはとても元気で、次回までです!

Instagram私

https://www.instagram.com/kevinfm_art/

コメント

関連する記事

新着

公式 新着