Clip StudioPaintのリアルパペットアニメーション

1,223 view

Clip Studioは、イラストやコミックの機能、一部の人々、従来の2Dアニメーションリソースでよく知られていますが、バージョン1.8.4で「キーフレームを有効にする」が導入されて以来、パペットアニメーションを実行できることをご存知ですか。人形のアニメーションが何であるかを知らない人のために、これはその機能の説明です。

パペットアニメーションは、2Dデジタルパペット(キャラクターリグと呼ばれる)を使用して2Dアニメーションを作成し、キャラクターを配置し、モーションパス(またはスプライン)のシステムを使用して、これらのポーズ間のキャラクターの動きを定義する方法です。

クリップスタジオでキャラクターを「リグ」する方法はフォルダーを使用することです。この方法でクリップは階層を作成するため、最初のフォルダーまたはメインフォルダーに反転して、内部のレイヤーまたはフォルダーを制御します。次のアニメーションギフトでは、フォルダーにレイヤーを配置したときに何が起こったかを確認できます。その後、手と腕をグループ化するための別のフォルダーを作成します。階層は次のとおりです。/Folder1 /すべてを制御し、/ Folder 2 / R-Armを制御し、R-Hand…

フレーム1でレイヤーの回転の中心を設定することは非常に重要です。フォルダーまたはレイヤーがキャンバスの中心から移動しない場合は、中心を設定しないとどうなるかを示す次のアニメーションギフトを見てください。回転の。

次に、全身デジタル人形のフォルダー構造を示します。名前は重要ではありません。自分にとって意味のあるものを選択できます。私が行ったのは、フォルダーの名前の前に記号(Rhombus)を配置することでした。または、アニメートしたいレイヤーをこのようにして、移動したいパーツの選択を間違えないようにしました。

2Dリグキャラクターと手描きキャラクターの違いは、フレームごとのアニメーション用のアニメーションフォルダーを作成し、デジタルパペットと混合できるため、少しぼやけることがあります。次に、フレームごとのアニメーションを使用してキャラクターの胸を作成したこの手法の例がありますが、残りは「レイヤーでキーフレームを有効にする」オプションを使用して行われます。

プロセスの詳細を確認したい場合は、YouTubeの私のビデオにアクセスしてください。ビデオは長いですが(約35分)、プロセスは最初から最後まで歩行サイクルの例で行われます。おもしろいと思います。

https://youtu.be/OYj1Q4qR5Mk

ありがとうございます。疑問がある場合は、このチュートリアルが簡単に実行できることを願っています。お知らせください。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着