Clip Studioいつでもどこでも!

496 view

1.タブレットに最適な設定

どこにでも描くことができる環境を整える方法と、モバイル機器を使って革新的に描く方法をご紹介します。

* Galaxy Tab S7 +を使用してチュートリアルを実施します

1.まず、タブレット版の初期設定を見てみましょう。 (右利きで説明します)

初期設定は以下のようになります。
デフォルトでは、すべてのポップアップメニューが閉じて、キャンバス上のスペースを解放して描画します。
ペンを右手に持ち、左手で指でタッチパネルを操作します。
ツールやメニューを設定できるように配置されています。

2.PC版で使用していた設定をタブレットに復元します。

PCに設定されているブラシ、ショートカット、ワークスペースなどをタブレットで使用できるので、タブレットの使い慣れた環境で作業できます。

使い方:

まず、PCで使用している設定をクラウドサーバーにバックアップする必要があります。
ClipStudioにログインしながら続行します。

クラウドアイコンをタップして、クラウドメニューに入ります。

3番目のボタン、
「今すぐアプリケーション設定のバックアップを実行する」をクリックして、バックアップを開始します。

バックアップが完了したら、タブレットから設定をロードしましょう。

PCと同様に、ログイン中にクラウドメニューに入った後、
2番目の[アプリケーション設定の復元]ボタンをクリックします。

すると、バックアップした設定の一覧が表示されます。
対応するリストの復元ボタンをクリックして続行します。

3.モバイルデバイスのワークスペースレイアウトを推奨します

PC版と同様に、メニューをドラッグアンドドロップで目的の場所に移動できます。
ニーズに合わせてレイヤーやパレットなどを使用してください。

※参考までに、PC版のようにレイアウトを変更したい場合は、このように設定できます。

[設定]→[インターフェイス]を選択し、[レイアウト]のチェックボックスをオフにします

最後に、私が使用しているワークスペースを紹介します。

https://assets.clip-studio.com/ko-kr/detail?id=1792321

モバイル用にいくつかのポップアップを配置して、PCバージョンのレイアウトを使用しています。

まず第一に、最も注目すべきことは、デフォルトのタブレットレイアウトでは表示されないカラーパレットがあることです。色が直感的に見えると、色の選択が簡単になりますよね?もちろん、画面が多いので、隠し機能を積極的に使っています。色の選択が終わったら、色を非表示にして、もう一度取り出して使用します。これを行っても、描画できるキャンバスは広くなります。大型モニターのスペースが広いコンピューターとは異なり、限られたスペースですべてのウィンドウを開いた状態で作業する場合、使用していないときに不要なものを閉じる傾向があります。

次に気になるのは、ブラシサイズのポップアップです。ファンタブレットを使いながら液晶タブレットに移動した人にとっては、ブラシのサイズ調整が一番難しい部分だと思いますが、毎回サイズ調整するのはとてもストレスがたまりました。特に、通常のジョギングリングではなく、キーボードを使用してブラシのサイズを調整したため、ショートカットやホットキーを割り当てることができない環境では、ブラシのサイズを調整するのはほとんど大変でした。

ただし、このようにブラシポップアップを設定すると、簡単なタッチですばやく簡単にブラシサイズを調整できます。もちろん、横にあるツール選択ポップアップからツールを簡単に切り替えることができるように配置されています。


**ダウンロードしたワークスペースをタブレットに適用する方法
まず、キャンバスを開かずにデフォルトのClipStudioウィンドウを開くだけです。
[マテリアル]タブをクリックして、ダウンロードしたマテリアルリストを開きます。
適用するワークスペースにドラッグアンドドロップします。

1.2設定するその他のヒント!

1.(● '◡'●)画面上で手で描く方法:

タブレットの初期設定で最初に画面に触れて描くと、画面に触れた手がブラシとして認識され、キャンバスに不要な線が引かれる場合があります。その場合は、左上の指でアイコンをタップするだけで簡単に解決できます。

[指とペンでさまざまなツールを使用する]ボタンをクリックすると、[設定]-[タッチジェスチャ]ウィンドウが表示されます。ここでは、個別のタッチジェスチャ機能を確認および設定できます。


2.筆圧の設定方法(❁´◡`❁)

筆圧は描画時に重要な要素なので、設定することをお勧めします。筆圧を設定するには、クリップスタジオアイコンをクリックして、[筆圧検出レベルの調整]というタイトルのメニューを選択します。

[調整]を選択すると、キャンバスに線を引いて調整することができます。調整後、[調整結果の確認]をクリックします。必要な筆圧を設定するために、より強く、より柔らかく調整してみてください。

2.モバイル版のClipStudioを使用する

自分のモバイルで作業できるように、クラウドでPCを同期して、PCで作業を続ける方法についての公式のヒントを参照してください。

https://tips.clip-studio.com/ko-kr/articles/558


タブレットでの描画は、PCで作業していて、PCで作業しながら外出したいとき、ソファで描画するために休憩したいとき、屋外で描画したいときなど、さまざまな状況で使用できます。

私の場合は、背景に合った人物を描くために使用しています。

たとえば、外に出て通りを歩いているときに好きな建物や風景がある場合、
タブレットで直接写真を撮り、それを図面に適用できます。

それに加えて、ポーズスキャナーと呼ばれる機能も使用しています。
もちろん、ポーズスキャナーは目的のポーズを実装するのに最適です。
特に、描きたい構図の人物を参考にするととても助かります。

このように、あなたはあなたの好きな背景写真を置くことができます、
ポーズスキャナーを使用してポートレートモデルをインポートして配置します。
そして、トレース方式で初期作業を行っています。

絵コンテを描くことがよくありますが、これは多くの構成が必要な作業です。
その場合、それは本当に大いに役立ちます。

ご不明な点がある場合や修正が必要な場合
コメントするか、お問い合わせください。
ᓚᘏᗢを読んでくれてありがとう

https://youtu.be/bYafqHYYZOw

メール:libamiew@gmail.com
インスタグラム:

https://www.instagram.com/bami248/

ツイッター:

https://twitter.com/31pycACRUqiuk8i

コメント

関連する記事

新着

公式 新着