鉛筆線画を整理するためのヒント

1,667 view

1.タブレットドライバーの設定

まず筆圧を設定しましょう。

1.圧力をかけてブラシとタブレットを準備する

まず第一に、描くとき、ペンからの圧力が最も重要です!
筆圧が筆圧でチェックされていることを確認してください。
どんなブラシタイプでも使えます!
ただし、空きスペースが入らないようにきれいに線を引いてください。

【中古ブラシ】
例1Photoshop:KKUEM_pencil /例2Kkuem:G-pen /例3スキャン後の消しゴム

例1と例2のように、コンピューターで線を引く作業もあります
例3のように、タブレットを持っていない人がそれを行う方法があります。
絵を描く場合は、タブレットを購入してください。

2.タブレットドライバーの設定

快適な手首にテクスチャを調整します。
柔らかく近ければ近いほど、手首に装着しやすくなります。
長く働くほど、より多くの力が入ります
首、肩、腕の神経は難しい場合があります。
タブレットのモデルごとに異なる可能性があるため、線を引くとき
あまり電力を必要としないものに設定できます。
自分に合った筆圧をテストして見つけます。

3.筆圧の設定

[フォトショップ]

Photoshopには、ブラシツールの上部に筆圧ボタンがあります。
チェックされているか確認してください。
または、F5外観->調整を押します:筆圧を設定します
その他の設定については、ブラシの形状、転写、テクスチャ、補正などを書き込んで、新しいブラシとして登録してください。

【クリップスタジオ】

筆圧を設定するブラシを選択したら、筆圧の横にある四角をクリックして筆圧を確認します。

2.鉛筆線画を整理するためのヒント

今回は、クリップスタジオを紹介し、スキャナーや電話の写真で鉛筆の線を整理します。

1.線画を整理するためのスケッチの準備

わかりやすくするために、整理されていない黄色の写真を用意しました。
このスケッチはラフスケッチですが、きちんと整理されたスケッチが必要です。
電話の写真で注意すべきことの1つは、スケッチに暗闇が見えないように写真を撮ることです。
ポイントは、一定の光が当たる場所で撮影することです。

2.レベルの調整

まず、Ctlr + Lを押して、図のようにレベルを調整します。
空白の領域が白いほど良いです。

3.彩度を下げます

Ctrl + Uを押して、彩度を-100に設定します。
彩度を-100に設定すると、色が消えます。
この修正されたものを使用できますが、まだ空です
黄色がかった色が残っているので、さらに修正します。

4.カーブの調整

上から、明るいトーン、中間のトーン、暗いトーンを調整できます。
Ctrl + Mを押して、プレビューを見ながら調整します

5.反転して消去します

Ctrl + Iを押して、反転して消去します
オフとオンの逆の間に不要な残りの線を削除してください。
消しゴムではなく、白または黒の鉛筆ブラシで消してください。
右に示すように、鉛筆ブラシでスケッチを補完します。

6.輝度を透明度に変換する

[編集]> [輝度を透明に変換]をクリックします
白い部分を自動的に消去します。

7.メッシュ変形による修正

なげなわツールを使用して、選択および変換することもできます。
[編集]> [変換]> [メッシュ変換]をクリックして変更できますが、画像が壊れることがあるので注意してください。
気に入らない場合は、もう一度ブラシでペイントしてください。

8.終わり!

☆ネイバーブログ https://blog.naver.com/andb23 https://blog.naver.com/andb23
☆Pixivhttps://www.pixiv.net/users/5055740
☆Twitter @ andb23 https://twitter.com/andb23 https://twitter.com/andb23

https://youtu.be/c25_CVs50Wk

コメント

関連する記事

新着

公式 新着