ファイルオブジェクトを使用した実行のアニメーション化、(ネストされたアニメーション)

1,432 view

前のヒントでは、CSPでパペットアニメーションを使用する方法を説明しました。このチュートリアルでは、プロジェクトのネストアニメーションでファイルオブジェクトを使用する可能性を明らかにしたいと思います。

プロセス全体は、私のYouTubeビデオで見つけることができます:

https://youtu.be/KDECFXK3zHM

ネストアニメーションを最初に作成するには、クリップスタジオでこの実行サイクルを作成します。ファイルのサイズをアニメーションの境界にできるだけ近づけて、.CLIPとして保存します。

次に、アニメーションを配置しようとしているターゲットファイルで、私の例では背景のあるフルHDのファイルで、ファイル/インポート/ファイルオブジェクトの作成に移動する必要があります…

ファイルをカメラフォルダーにインポートしてキャンバスに配置すると、すべてのサイクルがレイヤーとして表示されますが、アニメーション全体が含まれます。アニメーションをタイムラインにコピーして貼り付け、ループを繰り返すことができます。

キャラクターを正しい位置に配置するのに役立つ長方形をいくつか作成します。これらのサイクルは一定の速度で移動するため、キーには線形補間を使用することを忘れないでください。プロセスの詳細な説明については、YouTubeビデオにアクセスしてください。

この手法の利点は、アニメーションファイルを変更してから再度保存でき、メインアニメーションが自動的に変更されるため、キャラクターの色を変更する場合は、サイクルを変更するだけでよいことです。

このプロジェクトのファイルを次の場所からダウンロードします。

https://gum.co/SQztI

特に複雑なアニメーションの場合、または特別な場合にタイムラインを単純化するために、この手法には大きな可能性があります。

ありがとうございます。疑問がある場合は、このチュートリアルが簡単に実行できることを願っています。お知らせください。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着