CLIP STUDIOPAINTを使用するための5つのヒント

1,002 view

こんにちは!この記事では、CLIP STUDIOPAINTを使用するための5つのヒントを紹介します。これらは私が時間をかけて集めてきたヒントであり、私はまた私に尋ねられたいくつかの質問に答える機会を利用します。

この機会に、私はこのチュートリアルを5つの役立つヒントで作成することにしました。これにより、ソフトウェアについてもう少し理解できるようになります。確かに、これらのヒントの1つはあなたが知らなかったものです。

だから、私がこれらの5つのヒントについて話しているビデオを見てください。

ビデオチュートリアル:CLIP STUDIOPAINTを使用するための5つのヒント

https://youtu.be/dwrfdic9iYs

🛎次の字幕を有効にします:
設定-字幕-自動翻訳-言語を選択してください😉

TIPSについてどう思いましたか?非常に少なかったのですか?

それらを確認しましょう。行きましょう!

5つのヒントのまとめ

ヒント1:プロジェクトの解像度:イラストを作成するプロジェクトを作成する場合、これは300または600の解像度(私にとって最適なオプションは600)であり、プロジェクトのサイズは常に4000ピクセルまでです。せいぜい7000、10,000に達する必要はありません。

ヒント2:安定化:このツールは、描画時に適切なパルスがない場合に役立ちます。これにより、特に精度が必要な線画で、線を滑らかにすることができます。

ヒント3:エリアスケーリング:このオプションは、ペイントポットを使用して図面をペイントする場合に非常に便利です。これは、通常、ペイントポットを使用すると、塗りつぶしと線画の間に未描画の線が残るためです。このオプションをアクティブにすると、見栄えの悪い空白を残さずに、適切にペイントできます。

ヒント4:下のレイヤーに調整する:このオプションについてはチャンネルで説明していないので、すぐにそれを示すビデオを作成しますが、これは、別のレイヤーに、そのレイヤーの色を尊重してペイントできるツールです。図面の領域を離れるかどうか心配する必要があります。

ヒント5:イラストのエクスポート:ソーシャルネットワークで作品を共有したいのは明らかですが、画像が非常に重いため、このような高解像度で作品をアップロードしないでください。品質と重量を平均化する必要があります。したがって、キャンバスのパーセンテージまたは出力サイズを変更することをお勧めします。ソーシャルメディアでは最小2000ピクセルでかなり見栄えがします。

要約についてどう思いましたか?よく理解できなかった場合に備えて、ビデオを何度でも見ることを忘れないでください。

よろしくお願いします。次回まで!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着