初心者向けのスキンのレンダリング。

518 view
https://youtu.be/U1BCt4Geadg

前書き

チュートリアルの要点に入る前に、シェーディングとハイライトの追加の両方に同じ色と異なる色を使用することの違いを説明します。

左の円の場合、色を選択するときに色相、明度、彩度は実際には移動しませんでした。これにより、色が「汚れた」ように見えます。肌には常にある種の色合いがあります。

右は?私が選んだすべての色合いについて、色相はわずかにシフトし、値と彩度もシフトしました。

これはあなたの芸術に違いをもたらすことができ、あなたが行おうとしている気分をより正確に伝えるのに役立ちます。

ブラシ:

1.濃い/不透明な水彩画
2.ぼかし/ブレンド
3.ソフト/ハードエアブラシ

これらのブラシはすべて、デフォルトでCSPに含まれています。それらの設定もすべてデフォルトです。

色を選ぶ

ベースカラーを目でドロップすることから始め、それに応じてシェーディングカラーを選択します。色相、明度、彩度を各色で少し動かすことを忘れないでください。パレットにさらに色を追加することもできますが、基本色を含めて4色で十分です。

1.勾配

スキンレイヤーの上に新しいレイヤーを作成し、ブレンドモードをNORMALのままにします。

SOFTエアブラシを使用してグラデーションを作成します。

頬、手、首の周りにこの最初の色を追加するのが好きです。このステップは、ペイントを開始する前にキャンバスに軽いウォッシュを適用するステップと似ていると思います。ベースの純粋な色から始める代わりに、肌の周囲の領域に明るい色合いがあります。

2.微妙な陰影

新しいレイヤーを作成し、これを乗算に設定します。前のレイヤーの上にあることを確認してください。

DENSE水彩ブラシを使用して、微妙な陰影を追加します。このために、たとえば、影が常に存在することがわかっている場所に追加するのが好きです。まぶた、あごの下、鼻の下。また、図面に最も適していると思う場所にも追加します。

消しゴムが必要な場合は、通常の消しゴムの代わりに透明度を使用します。このように、濃い水彩ブラシは消しゴムとして機能します。透明度を使用すると、ソフトグラデーションを作成するためのブレンドツールとしても使用できます。

BLURでも、シェーディングがシームレスに見えるようにソフトエッジをいくつか作成します。 BLENDツールを使用してこれを行うこともできます。

これはまぶたと首に主に行います。ソフトエッジとハードエッジのバランスを保つようにしてください。

3.実際のシェーディング

前のレイヤーの上に新しいレイヤーを作成し、ブレンドモードをNORMALのままにします。

この時点で、レイヤーは次のようになります。

BASE> NORMAL(GRADIENT)> MULTIPLY(SUBTLE)> NORMAL(ACTUAL)

最後の2色を同じ意味で使用して、図面でより目立たせるシェーディングを定義します。シームレスに見せたい領域をブレンド/ぼかします。必要に応じて調整します。

耳、首の内側、筋肉や静脈、頬の周りにハードエッジを保つのが好きです。これはあなたの好みに合うように調整することができます。

これが私の最後の作品のようです。

3.1調整(オプション)

この手順はオプションですが、OVERLAYに設定されたレイヤーを使用して、SOFTエアブラシを使用して色を調整できます。このレイヤーは、以前のすべてのレイヤーの上に配置してください。色を対比するさまざまな色合いを使用して、特定の色をミュートするか、補完してそれらを引き出します。

LAYER> NEW CORRECTION LAYERに移動すると、色補正のオプションがたくさん表示されます。私のお気に入りはTONECURVEです。

このステップでは、さまざまなブレンドモードと不透明度レベルで遊ぶことができます。

4.照明

オプション:すべての色の上にMULTIPLYに設定されたレイヤーを追加します。これは照明をより引き出すのに役立つと思いますが、不要と思われる場合は省略できます。このレイヤーは、描画の雰囲気や雰囲気に最も合うと思われる色で塗りつぶすことができます。私の場合は、ライトベージュを使用します。必要に応じて不透明度で遊んでください。

すべての色の上に(乗算の色の上にも)レイヤーを作成し、SCREENに設定します。これが照明に使用するものです。

ベースカラーを点眼します。これがハイライトカラーになります。純粋な白を使用しないようにしてください。

照明を追加する場所は、光源がどこにあるかによって異なります。それに応じて色を付けてブレンドします。これにはブラシが必要です。

照明の端にオレンジを飽和させて、部分散乱効果を作成できます。また、MULTIPLYレイヤーで必要と思われるシェーディングを追加し、必要に応じて色を調整してください。

終了しました!

そして、これが最終結果です!

以下は、1つの完成品の例です!ハッピーカラーリング〜

コメント

関連する記事

新着

公式 新着