色付きの背景をすばやく作成します(描画は必要ありません!)

6,795 view

このチュートリアルでは、背景画像(通常はClip Studio Assetsから取得)を取得してすばやく色付けする方法を紹介します。行こう!

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1783381

手順1.まず、背景画像を見つけます。私が使用しているのはAssetsストアで見つけたもので、約100cpでした(上記のリンクを参照)。ただし、無料のものもたくさんあります。線画が最適です。それをCSPで開きます。

手順2.画像に色を付けます。 [編集]> [色付け]> [すべて色付け]に移動します。

ステップ3.ご覧のとおり、プログラムにはいくつかの色の問題があります。背景の電線の中にある色を消さなければなりませんでした。また、ほとんどの街路は白ではないため、街路の色を濃い色に変更しました。

手順4.空を選択し、空の背景色を追加します。グラデーションツールには、いくつかの既成の空から選択できます。私は「真昼の空」が好きです。

ステップ5.次に、いくつかの雲を追加できます。 Assetsストアでいくつかの既成の雲を見つけるか、ブラシで自分で作成することができます。あなたは雲を間違えることはできません!

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1767378

手順6.シャドウレイヤーを追加します。私は紺色を選びます、またはあなたはただ黒を使うことができます。影を落としたい場所をマスクします。アニメっぽさを出すために、硬くて直線を使っています。レイヤーを50%の不透明度に設定します。または、オーバーレイやソフトライトなどのブレンディングモードを使用してみてください。あなたはいくつかの結果を得るでしょう、そしてあなたはあなたによく見えるものを選ぶことができます。

ステップ7.左側に電柱を追加し、右側に3Dタクシーを追加しました。また、左側の要素のいくつかを暗くしました。路地を少し暗くし、通りの端に差し込む陽光を差し込んで奥行きを出すのがアイディアです。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1698391

ステップ8.この背景を本当に輝かせることができるのはここです!通りの終わりから差し込む日光を追加します。これを行うには、新しいレイヤーを作成してから、エアブラシをサークルで使用します。明るい黄色を使用し、ブレンドモードをadd(glow)に設定します。

手順9.2つのグラデーションマップを作成します。 [レイヤー]> [新しい補正レイヤー]> [グラデーションマップ]に移動します。最初のものは「夜空」と呼ばれる空の下にあります。これを画像の下部に使用して、タクシーと下の通りを暗い影にキャストします。不透明度を100%に設定します。 2つ目は空の下にあり、「日の出」と呼ばれます。これを30%の不透明度に設定します。

ステップ10.これは微妙ですが、日常の損耗を模倣するために、いくつかの建物に粒子の粗いテクスチャを追加します。これらはAssetsストアで見つけることができ、ほとんどが無料であると確信しています。グランジを追加して、ブレンディングモードをソフトライトにしました。次に、通常、不透明度を50%に設定します。使用したグランジの例を含めました。

ボーナス:背景はステップ10で終了しますが、ほとんどのストリートには人がいるので、それらを追加してよりリアルに見せることもできます。私が使用した数字の多くは、アセットストアのものです。ありがとう、そしてこれが大きな助けになったといいのですが!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着