イラスト用の風景を作成する基本的な方法

703 view

アートの背景を作成するのは難しいように思われるかもしれません。多くの場合、色、遠近法、またはアートの最終結果を恐れて、イラストの背景を説明しないことにします。しかし、良い背景は常に画像を完成させるのに役立ちます。

これは、イラストの簡単な背景を作成するための簡単で実用的な方法です。

1.展望

すべてに順序があることを忘れないでください。パースペクティブを使用すると、作成する背景に均一性と相関関係を持たせることができます。

開始が難しい場合は、ベースイメージのパースペクティブを使用できます。

これは、消失点を使用できることを意味します。つまり、視覚的な焦点と正中線が始まる場所から、奥行きのある錯覚を作り出すことができます。

都市景観には1つ以上の消失点がある傾向があり、農村や自然の景観とは異なり、小さなスペースで大きな視覚的負荷を感じることができます。

2.ベースカラーリング

基本の色付けは単純である必要があります。ぼかしツールを使用して単純な影を追加するタスクを自分自身に与えることもあります。これにより、各オブジェクトの行き先を知ることができます。

選択ツールを使用して、特定の場所、物、または建物の基本的なアウトラインを作成します。

グラデーションツールを使用すると、後で追加する光の焦点と深さを知るのに役立ちます。

ベースには3色のみを選択することを忘れないでください。このようにして、このプロセスで混乱したり、詳細になりすぎたりするのを防ぎます。

3.シンプルな色

シンプルなカラーリングにより、シャドウとハイライトを追加できる場所と、画像の最終的な色を知ることができます。さまざまな変換ツールを使用して、オブジェクトを配置できます。

私は常に異なるレイヤーでそれを行うことをお勧めします、そしてそれが完全に配置されたら、それらを組み合わせます。

Clip Studioには、専門家や中級レベルで複雑になることなく、色を付けるための便利なツールがたくさんあります。目の前にあるツールを使用すると、多くの素晴らしいものを作成できます。色は補完的で、夜間の場合は飽和しないようにする必要があります。日中の場合は、パステルカラーを使用できます。

4.光と影


特に、ネオンライトが場所全体を飾る主な明るさであるこのような都市景観のように、光と影がどこから来ているのかを知ることは重要です。

ハイライトには黄色、明るいパネルの明るい色はグラデーションで重ね、黄色には「オーバーブライト」、明るく目立たせたい色には「オーバーカラー」を使用すると効果的です。

使用するライトを制御するために、白い色で「明るさを追加」します。

また、好みに応じてレイヤーで「暗く」および「乗算」オプションを使用して、紫または暗いベースカラーのレイヤーでシャドウにグラデーションを使用します。

5.最終的な詳細

この都市景観の背景は、イラスト、コミック、ポスターなど、好きなものに最適です。最終結果の場合と同様に、背景であり、メイン画像が上に配置されることを常に覚えておいてください。

最後に、メイン画像が何であれ追加します。私の場合、このキャラクターはチョコレートの歌に触発されました

これはビデオチュートリアルのURLです。ここにアクセスしていただきありがとうございます。

https://youtu.be/GuPd6DI9cgM

コメント

関連する記事

新着

公式 新着