ルーラーの使用方法パート2-カーブルーラーツール

1,080 view

こんにちは!私の名前はリズ・ステイリーです。私はClip Studio Paintを長年使用しています(このプログラムは、Manga Studio 4として知られていたときに使い始めました!)。私はMangaStudio5プログラムとClipStudio Paintのベータテスターであり、このプログラムについて3冊の本といくつかのビデオコースを執筆しました。実際、あなた方の多くはおそらくそれらの本から私の名前を知っているでしょう。 Graphixly.comとCSPのヒントに毎週投稿しているので、毎週戻ってきて、ClipStudioのヒントとコツを学んでください。

このソフトウェアについて最初に知ったとき、それがどれほど素晴らしいかを実感し、それを使い始めるという私の決断に影響を与えたのは、パースペクティブルーラーツールでした。それでも、組み込みのルーラーツールはCSPの最も優れた機能の1つだと思います。 1つのチュートリアルですべての定規ツールをカバーすると、大量のテキストが生成されるため、これをいくつかの部分に分割します。これは、ルーラーツールの使用方法シリーズのパート2です。

この記事では、次のトピックについて説明します。
カーブルーラーツールの設定
カーブルーラーの作成と使用

さあ、始めましょう!

カーブルーラーツールの設定

Rulerツール(下の画像の青い矢印でマークされている)の下にあるCurve Rulerを見つけてから、CurveRulerサブツールをクリックします。これは、次の画像の赤い長方形の内側にあります。

ルーラーの作成を開始する前に、カーブルーラーの設定について簡単に説明しましょう。これらの設定にアクセスするには、[ツールプロパティ]ウィンドウを見つけて、右下隅にあるレンチのようなアイコンをクリックします。これにより、[サブツールの詳細]ウィンドウが表示され、このツールで使用する必要のあるすべてのオプションが3つの異なるカテゴリで表示されます。これらのカテゴリは、[ルーラーの作成]、[連続曲線]、および[修正]です。

次のスクリーンショットは、CreateRulerカテゴリとその中のオプションを示しています。

「編集レイヤーで作成」チェックボックスは、ルーラーが現在アクティブなレイヤーで作成されるかどうか、またはルーラーが作成されたときに新しいレイヤーが作成されるかどうかを制御します。現在アクティブなレイヤーでルーラーを作成する場合は、このチェックボックスをオンのままにします。

次はスケールオプションです。このチェックボックスをオンにし、ドロップダウンメニューを使用して、使用する測定のタイプを選択します。以下は、これらの各スケールの簡単な要約です。

ご存知かもしれませんが、このオプションを使用すると、デジタル定規に沿って測定マークを付けることができます。これらの測定値は、ドロップダウンメニューから選択したオプションによって異なります。上の画像のリストの順序で、オプションはピクセル、センチメートル、ミリメートル、インチ、ポイント、Q、等分割、黄金比です。

もちろん、これらのオプションのほとんどは自明ですが、そうでないものもあります。それでは、それらについて簡単に説明しましょう。

等分割は、[分割数]オプションで設定された数に従ってルーラーを均等に分割します。これは、[スケール]チェックボックスの左側にある[+]をクリックして表示できます。このオプションは、領域を均等に分割しようとしている場合に最適です。

黄金比は、「神の比率」としても知られている数学用語である黄金比に従って定規の長さを分割します。アートワークでは、黄金比を使用すると、見た目に美しくバランスの取れたレイアウトを作成できます。

Q設定は、Q番号に従って定規の長さを分割します。ここで正直に言うと、Q番号は聞いたことがないので調べましたが、脳には複雑すぎるようです。数学にかなり関係しているようです。ほとんどのアーティストはおそらくこのオプションを使用することはないと思いますが、必要に応じて使用できます。

スケールオプションの詳細については、リニアルーラーの記事をご覧ください。 https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/5332 https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/5332

次に、連続曲線のカテゴリを見てみましょう。

[曲線]オプションの横にあるアイコンは、デフォルトのユーザーインターフェイスの[ツールプロパティ]ウィンドウに表示されるものと同じであり、曲線ルーラーツールの動作方法を変更します。これについては、次のセクションで詳しく説明します。

[ラインを閉じる]の横のチェックボックスをオンにすると、ダブルクリックしてルーラーを終了すると、CSPはダブルクリックしたポイントを開始ポイントに自動的に接続してラインを閉じます。

「指定方法」は、キュービックベジェ曲線作成オプションに影響を与えるオプションにすぎません。 「ドラッグによる」に設定されている場合、カーブは、ルーラーに沿ってポイントを作成するためにクリックしながらドラッグすることによって制御されます。これは、私にとって最も身近なオプションであるため、常にオンのままにしておきます。 [ドラッグによる]オプションが気に入らない場合は、ドロップダウンメニューで[クリックによる]を選択することもできます。下のチェックボックスは、ラインプレビューを表示または非表示にします。定規の線がどのように見えるかを正確に確認できるように、これをオンにしておくことをお勧めします。

ステップオブアングルは、ルーラーが拘束される角度を制御します。これは主に直線定規に使用されます(たとえば、正確に45度の角度の定規を作成する場合)。

このカテゴリの最後のチェックボックスは、「描画中にコントロールポイントを追加/削除する」です。このオプションをオンにすると、ルーラーを作成しながら、ルーラーにコントロールポイントを追加または削除することができます。各ルーラーは一連のコントロールポイントで構成されており、このチェックボックスをオンのままにすると、戻ってクリックして前のポイントを削除したり、既存の線に沿ってクリックしてポイントを追加したりできます。これは、ポイントを使用して線を作成する経験を積むほど、より理にかなっています。

オプションの最後のカテゴリは、以下に示す修正カテゴリです。

[スナップを有効にする]は、現在のサブツールが既存のルーラーとガイドにスナップするかどうかを制御します。ルーラーを作成している場合、別のルーラーにスナップする必要はないかもしれませんが、必要に応じてオプションがあります。

「デフォルトの境界線にスナップ」を使用すると、このサブツールをほとんどのコミックページに設定されているデフォルトの境界線にスナップできます。何らかの理由で定規を内側の境界線にスナップする必要がある場合は、これを使用してください。

ボーナスのヒント:[サブツールの詳細]メニューで非表示になっているオプションのいずれかを現在のサブツールの[ツールプロパティ]ウィンドウに表示する場合は、オプション名の左端にある小さなボックスをクリックして、小さなボックスに入力します。目のアイコン。これにより、そのオプションがユーザーインターフェイスの[ツールプロパティ]ウィンドウに表示され、簡単にアクセスできるようになります。

ルーラーオプションについて説明したので、次のセクションでカーブルーラーを作成して使用しましょう。

カーブルーラーの作成と使用

このツールで使用できるすべてのオプションを確認したので、実際にそれを使用していくつかのルーラーを作成しましょう。以下に、デフォルトのオプションを使用できるカーブルーラーの[ツールプロパティ]ウィンドウを示します。

ここで主に心配するのは、「カーブ」設定によるさまざまなオプションです。前回説明したリニアルーラーと同様に、これらの奇妙な外観のアイコンは、ルーラーツールを使用するときにどのように機能するかを制御します。

このサブツールの名前にもかかわらず、私たちはそれで直線を作ることができます!このツールと線形ツールの主な違いは、開始点と終了点以上のルーラーを作成できることです。カーブルーラーツールを使用すると、代わりにルーラー上に必要な数のポイントを作成して、複雑な形状を作成できます。

曲線の横にある最初のアイコンは、多角形、直線の複雑な形状、またはジグザグの線を作成するのに適した、多点の直線定規を作成します。

残りの各アイコンは、コントロールポイントを使用して複雑な曲線を作成するさまざまな方法です。これらのオプションは、(左から右へ)スプライン、2次ベジェ、および3次ベジェです。これらのオプションはそれぞれ、異なるカーブコントロールポイントを作成します。これはビジュアルで確認するのがおそらく最も簡単なので、下の画像は4つのルーラーを示しており、それぞれが異なる作成方法で作成されています。一番上のルーラーは線形オプションで作成され、その下のルーラーはスプライン、2次ベジェ、キュービックベジェの順に作成されます。

紫色の線は実際の定規であり、赤いボックスと線はコントロールポイントとコントロールハンドルです。操作-オブジェクトサブツールを使用すると、ルーラーの作成後にこれらのコントロールポイントとハンドルを調整できます。

どのカーブ作成方法を使用するかは、実際にはあなた自身の好み次第です。個人的には、キュービックベジェオプションが最も簡単だと思います。何らかの理由で、スプラインと二次ベジェの作成を制御するのは難しいと思いますが、あなたはそれらをうまく好きかもしれません!

ここで、このツールを使用して実際にルーラーを作成する方法について疑問に思われるかもしれません。デモンストレーションのために、各カーブオプションでの作成を示す短いビデオを含めました。

ビデオからわかるように、これらの方法のいずれかを使用してルーラーを作成するのは非常に迅速で簡単です。それらのほとんどは、コントロールポイントを配置するためにクリックするだけで、次にダブルクリックしてルーラーを終了する必要があります。最大の違いは、実際にはキュービックベジェツールを使用することです。これは、コントロールポイントの曲線を作成するには、マウスボタンを押したままドラッグしてポイントを作成する必要があるためです。ヒント:定規がコントロールポイントで「ねじれる」のを防ぐために、線を引く方向にドラッグしてください。したがって、最初のポイントがキャンバスの左側にあり、2番目のポイントが右側にある場合は、ハンドルを作成するときに右にドラッグします。

ルーラーを作成したら、好きなほとんどすべての描画ツールを使用できます。ツールがルーラーに従わない場合は、下のスクリーンショットの赤い矢印で示されているアイコンをチェックして、[ルーラーにスナップ]オプションがオンになっていることを確認してください。このアイコンは、CSPのキャンバス領域の上部にあるコマンドバーにあります。

結論

この記事では、2つではなく複数のコントロールポイントを持つルーラーを作成できるサブツールであるカーブルーラーについて学習しました。この情報を使用すると、デジタル作品に美しい手でインクを塗った線を作成するだけでなく、構図を正確に分割して測定するのに役立つ簡単なルーラーを作成および編集できるはずです。今後の記事に戻って、他のRulerサブツールについても学ぶことを願っています。

CLIP Studio Paintの詳細については、https://www.clipstudio.net/enまたは https://graphixly.comにアクセスしてください。 https://graphixly.comにアクセスしてください。

コメント

新着

公式 新着