コミックパネルの作成パート1

212 view

こんにちは!私の名前はリズ・ステイリーです。私はClip Studio Paintを長年使用しています(このプログラムは、Manga Studio 4として知られていたときに使い始めました!)。私はMangaStudio5プログラムとClipStudio Paintのベータテスターであり、このプログラムについて3冊の本といくつかのビデオコースを執筆しました。実際、あなた方の多くはおそらくそれらの本から私の名前を知っているでしょう。 Graphixly.comとCSPのヒントに毎週投稿しているので、毎週戻ってきて、ClipStudioのヒントとコツを学んでください。

CLIP STUDIO PAINTは、漫画やマンガを作成するために私が今まで見つけた中で最高のソフトウェアです。CSPには、漫画家の生活を少しでも楽にすることを目的としたツールがたくさんあります。フレームボーダーツールとそのサブツールは、これらの機能の1つにすぎず、最初は気が遠くなるように見えるかもしれませんが、実際には非常に使いやすいです。

これは、コミックパネルの作成シリーズの2つのパート1です。パート2は来週投稿され、カットフレームボーダーツールについて説明します。

この記事では、次のトピックについて説明します。
フレーム作成ツール

さっそく飛び込みましょう!

フレーム作成ツール

コミックを作成するときは、ページレイアウトを大まかに把握して、パネルの場所と作成方法を把握するのが好きです。このチュートリアルで作成するページのスケッチは以下のとおりです。

ご覧のとおり、このページには、ページの端からにじむパネル、2つの不規則な形状のパネル、および円形のはめ込みパネルが含まれています。 (通常、この大まかなレイアウトのパネルにもある図面の基本的な大まかなスケッチがいくつかありますが、今のところこれは単純にしています!)

下のスクリーンショットの大きな赤い矢印で示されているように、[フレーム境界線]ツールの下に[フレームの作成]サブツールグループがあります。

[フレームを作成]サブツールグループのサブツールは、長方形フレーム、ポリラインフレーム、フレーム境界線ペンです。これらはすべて、このセクションで説明します。

おそらく99%の確率で使用するコミックパネル作成ツールは、長方形フレームツールです。このツールの名前は、長方形や正方形ではない楕円やその他の多角形のフレームを実際に作成できるため、少し誤解を招く可能性があります。

長方形フレームツールのツールプロパティパレットを簡単に見てみましょう。このツールのほとんどのオプションは他のフレーム作成ツールでも繰り返されるため、これらの設定を確認するのはこれだけです。

境界線の描画:フレームの外縁の周りに線を描画するかどうかを制御します。

追加方法:このドロップダウンでは、新しいフレームを追加する方法を選択できます。新しいフレームが描画されたときに新しいフォルダを作成するか、現在のフォルダにフレームを追加するかを選択できます。

ラスターレイヤー:チェックすると、作成されたフレーム内に空白のラスターレイヤーが作成されます。ラスターレイヤーを作成しなくても、フレームを作成するとすぐにフレームを描画できるようになるため、これは大幅な時間の節約になります。

フレームの内側を塗りつぶす:フレームに背景の塗りつぶしレイヤーを追加します。フレームを通して下のスケッチを見るのが好きなので、私は通常、インセットを作成するときにのみこのオプションを使用します。

アスペクトタイプ:必要に応じて、これを使用してフレームの比率を制限します。

ブラシサイズ:フレームの境界線の太さを制御します。数字が大きいほど、外側の線が太くなります。

アンチエイリアシング:フレームの境界線の外側をどの程度シャープにするか、滑らかにするかを選択します。

ブラシの形状:フレームの境界線のブラシの形状を選択します。ここには、実線、破線、波状、ハートの境界線など、多くのオプションがあります。

[サブツールの詳細]メニューには、このツールで使用できるオプションよりも多くのオプションがあります。このメニューには、[ツールプロパティ]ウィンドウの右下にある小さなレンチアイコンをクリックしてアクセスできます。ただし、現時点では、ブラシサイズが15.0で、フレーム内に塗りつぶしがない長方形ツールを使用します。
それでは、いくつかのフレームの作成を始めましょう。長方形フレームツールを使用して、ページレイアウトプランから作成するパネルを選択します。まず、ページの左上隅からにじむ左上のパネルから始めます。パネルの片隅をクリックして、マウスボタンを離さずにドラッグします。下の画像に示すように、パネルのプレビューとして細い黒い実線が表示されます。ブリードを作成するために、キャンバスの端から右にドラッグしていることに注意してください。

パネルのプレビューを希望のサイズにしたら、離してパネルを作成します。下の画像では、新しいパネルは白い領域です。紫色の領域は、パネルの外側の周りに自動的に作成されたマスクです。

[ツールプロパティ]ドロップダウンメニューから[新しいフォルダーの作成]オプションを選択した場合は、レイヤーパレットに新しいレイヤーフォルダーが表示されます。

右上のパネルを作成するために、上記と同じプロセスを繰り返しましたが、端から外れるのではなく、ページの余白内にとどまりました。これで、ページに2つのパネルがあり、それぞれがレイヤーパレットに独自のレイヤーフォルダーを持っています。

ページの下3分の2に2つの不規則な形状のパネルを作成するには、ポリラインフレームツールを使用します。このサブツールには、長方形ツールとほぼ同じオプションがありますが、曲線の選択が追加されています。これらのさまざまなオプションがどのように機能するかわからない場合は、実際にカーブルーラーの記事で説明しました。あなたはここでそのチュートリアルを見つけることができます:

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/5366#2cbd785c

これら2つのパネルの不規則な形状を作成できるように、[直線]オプションを使用します。 (また、ブラシサイズの値が長方形フレームツールと同じ数に設定されていることを確認して、フレームの境界線がすべて一致するようにしました!)。このパネルの作成を開始するために、1つのコーナーを選択してクリックしました。次に、カーソルを次のコーナーに移動し、もう一度クリックして、2点間に直線を作成します。このツールでクリックしてドラッグする必要はありません!以下に示すように、パネルをプレビューする細い線が表示されます。

パネルを閉じるには、開始したポイントをクリックします。これでコミックパネルの作成は終了です。下のスクリーンショットでは、スケッチに従って、両方の不規則なパネル形状を作成しました。

それでは、円形のはめ込みパネルを作りましょう。このために、長方形フレームサブツールに戻り、[ツールプロパティ]ウィンドウの右下隅にある小さなレンチアイコンをクリックして、以下に示す[サブツールの詳細]オプションを開きます。

フィギュアオプションのカテゴリには、さまざまな形の3つのアイコンから選択できるフィギュアオプションがあります。円または楕円を作成するには、円のアイコンをクリックします。これで、新しいフレームをドラッグすると、長方形ではなく円形になります。

[サブツールの詳細]ウィンドウを終了する前に、[形状操作]カテゴリに移動して、[中心から開始]チェックボックスをオンにすることもできます。これにより、最初からインセットパネルの位置を正しく設定するのが少し簡単になります。

これははめ込みパネルであり、背後にある他のフレームの輪郭を表示したくないので、[フレーム内に入力]チェックボックスがオンになっていることも確認します。次に、円形フレームがある場所の中央をクリックし、目的のサイズに達するまで外側にドラッグします。形状を楕円ではなく完全な円に縮小するには、Shiftキーを押しながらドラッグします。

紫色の領域は、パネルの外側を囲むレイヤーマスクであると前述しました。このレイヤーマスクは、現在作業中のパネルの外側に描画することを防ぎます。レイヤーフォルダを介してパネルからパネルに切り替えると、紫色の領域が変化し、現在内部にあるパネルのすぐ近くになります。線の外に出ることを心配せずに描画して色を付けることができるので、私はこの機能が絶対に大好きです。

これらのレイヤーマスクが何をするのかまだよくわからない場合は、下の画像をご覧ください。

レイヤーパレットを見ると、「レイヤー6」(円形のはめ込みパネルの内側)が明るいピンク色で完全に塗りつぶされていることがわかります。ただし、レイヤーマスクのため、円形フレーム内の領域のみがピンク色で表示されます。レイヤーマスクの影響を受けている領域内にいる限り、マスクされていない領域のみが表示されます。

これらのツールの[ツールプロパティ]の[追加方法]ドロップダウンメニューから[選択したフォルダーに追加]オプションを選択すると、すべてのパネルが1つのフォルダーに配置され、パネル間の溝をマスクするだけの1つのレイヤーマスクを共有することに注意してください。また、ページマージンは、あるパネルの一部が別のパネルに表示されないように注意する必要があることを意味します。

[フレームの作成]カテゴリの最後のサブツールはフレームボーダーペンです。これは楽しいツールですが、私が普段あまり使用するツールではありません。このツールを使用するには、ツールを選択し、ツールプロパティの設定を目的の設定に調整してから、コミックパネルを手で引き出します。

有機的な形のコミックボーダーが必要な場合、これは使用するツールです!また、現在アクティブな色として選択している色はすべて、フレームの境界線として使用されることに注意してください。上で使用した明るいピンク色から変更するのを忘れました。これをアクティブカラーとして使用しているため、フレームの境界線がピンクになりました。

フレームのサイズを変更したり調整したりする必要がある場合は、[操作]-[オブジェクト]ツールを使用して調整できます。オブジェクトツールを選択したら、フレームの境界線をクリックして選択します。他のレイヤーやオブジェクトの代わりにフレームを変更するように、フレームの境界線を正確にクリックするようにしてください。

フレームをクリックして調整すると、いくつかの異なるタイプのコントロールに気付くでしょう。パネルの両側の中点にある小さな黄色の矢印は、クリックされると、パネルの端を次のマージンラインまたはページの端に自動的にジャンプします。

パネルの端に沿って赤と白の四角をクリックしてドラッグすると、そのコントロールポイントをドラッグして移動できます。下の長方形のフレームの場合、別の外観を作成するためにコーナーを下に移動しました。

フレームの境界線の外側にある青い制御線を使用して、フレーム全体のサイズを変更したり、回転させたりすることもできます。隅にある青いコントロールポイントを使用して、パネル全体のサイズを一度に変更します(ただし、これはパネル内に描画したものには適用されず、パネルの境界線とレイヤーマスクのみに適用されます)。必要に応じて、Shiftキーを押しながら比率を制限します。

コントロールの青い線の上部から、その上に小さな点が付いた線が突き出ているのもわかります。このドットの近くにカーソルを置くと、小さな両側の曲線矢印が表示されます。以下に示すように、この両面矢印が表示されているときにクリックしてドラッグすると、フレームを回転させることができます。

これで、パネル内にコミックアートを作成できます。

結論

これらのツールは、コミックのパネルを作成するためのいくつかの方法であり、実際には私の好みのツールではありません。来週、カットフレームボーダーツールと、一度にたくさんのパネルをすばやく作成する方法について学びます。

CLIP Studio Paintの詳細については、https://www.clipstudio.net/enまたは https://graphixly.comにアクセスしてください。 https://graphixly.comにアクセスしてください。

コメント

新着

公式 新着