コミックパネルの作成パート2-カッティングパネル

633 view

こんにちは!私の名前はリズ・スターリーです。私はClip Studio Paintを長年使用しています(このプログラムは、Manga Studio 4として知られていたときに使い始めました!)。私はMangaStudio5プログラムとClipStudio Paintのベータテスターであり、このプログラムについて3冊の本といくつかのビデオコースを執筆しました。実際、あなた方の多くはおそらくそれらの本から私の名前を知っているでしょう。 Graphixly.comとCSPのヒントに毎週投稿しているので、毎週戻ってきて、ClipStudioのヒントとコツを学んでください。

コミックフレームの作成のパート2へようこそ。前回の記事では、「フレームの作成」サブツールとその使用方法について説明しました。この記事では、ストーリーファイルを設定してパネルの作成をさらに高速化する方法など、コミックフレームを作成する私のお気に入りの方法について説明します。

この記事では、次のトピックについて説明します。
フレームテンプレートを使用したストーリーファイルの設定
カットフレームボーダーツールの使用
パネルの調整

さっそく飛び込みましょう!

フレームテンプレートを使用したストーリーファイルの設定

CSP EXがない場合、ストーリーファイルを作成することはできません。ただし、1つのページでフレーミングテンプレートを使用できるはずなので、このセクションの一部は自分にも当てはまります。コミックを作成するときは、新しい章ごとにストーリーファイルを作成し、基本的な1フレームのフレーミングテンプレートをすべての内部ページに適用して、大きな単一のパネルを小さなパネルにすばやく切り分けられるようにしました。これがこのチュートリアルで開始することですが、もちろん、この方法が気に入らない場合は、別の方法でこれを行うこともできます。

まず、[ファイル]-[新規]をクリックして、作成するサイズのドキュメントを選択します。カバーページのない4ページのドキュメントを作成し、[複数ページ]の[表示]オプションが[Webtoon]ではなく[Page-by-Page]に設定されていることを確認しました。私の設定はすべて下のスクリーンショットにあります。

ちなみに、初心者でファイルの作成に関する詳細情報が必要な場合は、次のリンクを参照してください:https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3458

実際に「OK」を押して新しいドキュメントを作成する前に、すべてのページにテンプレートを適用したいと思います。 [テンプレート]チェックボックスは、オプションの[キャンバス]セクションの[用紙の色]オプションの下にあります。次の画像の赤い矢印で示されていることがわかります。

[テンプレート]チェックボックスをオンにすると、上の画像の中央に表示されている[テンプレート選択]ウィンドウが表示されます。これは、マテリアルライブラリのフレーミングテンプレートセクションに接続されています。 1フレームテンプレートを選択しています。これにより、デフォルトの境界線設定のサイズで各ページに1つの大きなフレームが作成されます。 [OK]をクリックして、適用するフレーミングテンプレートを選択します。

次に、[OK]をクリックして新しいファイルを作成します。下の画像で、私の4ページのそれぞれに黒い境界線のある長方形があることがわかります。

これらのページの1つを開くと、各ページにすでにフレームボーダーレイヤーが含まれており、さらに多くのパネルにすばやくスライスする準備ができていることがわかります。

このテンプレートを使用することは、各ページで数秒の時間を節約できる小さなことであり、時間の経過とともに合計されます。これは、ページのセットアッププロセスをすばやく実行して、楽しい部分(描画)に少し早く到達できるようにするために常に機能していたことです。

ファイルを設定し、カットフレームツールで使用できるパネルができたので、次に進みましょう。

カットフレームボーダーツールの使用

カットフレームボーダーツールを使用すると、既存の1つまたは複数のパネルを取得して、それらのパネルを分割できます。このフォルダには、「フレームフォルダの分割」と「フレームの境界線の分割」の2つのサブツールがあります。これらはどちらも同じように機能しますが、フレームフォルダの分割ツールが独自のレイヤーマスクを使用して独自のフォルダに新しいパネルを作成する点が異なります。フレームの境界線を分割すると、すべてのフレームが1つのフォルダーに保持され、レイヤーマスクが共有されます。

このチュートリアルでは、主にフレームフォルダの分割ツールを使用します。これは、パネル作成ツールの中で私のお気に入りだからです。フレームをすべて独自のフォルダに入れるのが大好きです。これは、少し整理しやすくなるだけでなく、各フレームに独自のマスクがあるためです。これは、各フレームの周囲に「バリア」があり、パネルの境界の外側に描画されたものが表示されないようにすることを意味します。私のような厄介なスケッチャーにとって、これは素晴らしいことです!

各パネルで1つのフォルダと1つのレイヤーマスクを共有する場合、1つのパネルのアートが隣接するパネルに流れ込まないように細心の注意を払う必要があります。下の画像は、レイヤーマスクを共有するパネルを示しています。 1つのパネルの線は、レイヤーマスクでブロックされていないため、他のパネルに表示されることに注意してください。

[フレームフォルダを分割]サブツールの[ツールプロパティ]オプションを簡単に見てみましょう。これは、[フレーム境界を分割]ツールとほぼ同じです。 [フレームフォルダの分割]サブツールを選択し、[ツールプロパティ]ウィンドウの右下隅にある小さなレンチアイコンをクリックして[サブツールの詳細]ウィンドウを開き、ツールプロパティウィンドウに表示されない可能性のあるすべてのオプションを表示します。

除算の形状:除算の処理方法を制御します。オプションは、1つの直線、ポリライン(方向を変える直線-ジグザグだと思います!)、およびスプラインのいずれかです。スプラインを使用すると、曲線で構成される分割を作成できます。これについては、少し後で説明します。

角度のステップ:線の角度の最小数を設定します。線に対して非常に正確な角度が必要な場合に使用されます。

描画中のコントロールポイントの追加/削除:「ポリラインで分割」と「スプラインで分割」が選択されている場合にのみアクティブになります。クリックして現在行っている分割にコントロールポイントを追加し、既存のポイントをクリックしてそれらも削除できます。

分割方法:ここでの3つのアイコンは、「フレームフォルダを分割してレイヤー内に複製する」、「フレームフォルダを分割して空のフォルダを作成する」、「フォルダではなくフレームの境界線を分割する」です。最初のオプションを使用して、分割ごとに新しいフォルダーを作成し、フォルダー内にレイヤーを複製します。基本的に、最初のパネル内に空白のレイヤーがすべて描画できる状態になっている場合、各フォルダーは別の空白のレイヤーで作成されるため、貴重な時間を節約できます。 2番目のオプションはかなり自明であり、3番目のオプションは[フレームフォルダーの分割]ツールを[フレームの境界線の分割]ツールに変えます。

優先するフレーム境界線のスペース:ツールではなく、Clip Studio環境設定で設定された値に従って、フレーム境界線スペース(パネル間の「ガター」)を設定します。

垂直ガター:パネル間の垂直方向のスペースを設定します。

水平ガター:パネル間の水平方向のスペースを設定します。

設定を簡単に確認したので、ツールを使用してみましょう。直線で分割するオプションと、「レイヤーの内側を複製する」分割方法を使用します。

フレームの切り取りを開始するには、分割を開始するフレームフォルダの分割ツールをクリックしてドラッグするだけです。次のスクリーンショットに示すように、一連のプレビュー行がパネル全体に表示されます。

キーボードのShiftキーを押したままにすると、完全に直線になります。プレビューラインが目的の位置になったら、マウスボタンを離して分割を完了します。

レイヤーパレットを見ると、「フレーム1」と「フレーム2」の2つのレイヤーフォルダーがあることがわかります。各フォルダー名の左側にある白黒のサムネイルは、各フレームに関連付けられているレイヤーマスクのプレビューであり、レイヤーのリストを見ると、どのフレームが各フォルダーに関連付けられているかをすばやく確認できます。

次に、[分割方法]オプションを[ポリラインで分割]に変更し、それを使用して上部パネルを半分にカットします。分割するフレームの端をクリックし、カーソルを移動して、線の方向を変更する場所をクリックします。

クリックと移動を続けて分割の形状を作成し、ダブルクリックしてフレームのカットを終了します。下の画像を見ると、上段に2つ、下段に1つ、合計3つのコミックフレームがあることがわかります。一番上の行の2つは、ジグザグ分割で区切られています。

[スプラインで分割]オプションは、ポリライン法と同じように機能します。分割するフレームの端に沿ってクリックし、方向を変更する場所をもう一度クリックします。パネルの分割を終了する場合は、ダブルクリックします。次の画像の下のパネルは、スプライン分割法を使用して分割されています。

これらの方法のいずれかを使用して、1つの大きなフレームを複数のフレームにすばやく変換できます。次のセクションでは、既存のパネルのサイズを変更して調整する方法を簡単に学習します。

パネルの調整

既存のフレームのサイズ変更と再配置は、新しいフレームを作成するのと同じくらい簡単です。このシリーズの最初のパートで学習したように、小さな変更を加えるには、[操作]-[オブジェクト]サブツールを選択し、変更するフレームの境界をクリックするだけです。クリックしてドラッグしてフレームのサイズを変更するために使用できるコントロールポイントのある青い外箱が表示されます。パネルの端に沿って、ドラッグできるコントロールポイントのある赤い線も表示されます。

しかし、希望のガター幅を維持しながら、別のパネルのサイズを変更すると、隣接するパネルが自動的に調整されることをご存知ですか?コミックパネルオブジェクトを選択した状態で、オブジェクトサブツールのツールプロパティパネルを見てみましょう。

このメニューでは、メインカラーウィンドウを使用してパネルラインの色を変更したり、ブラシサイズスライダーを使用して外側のラインの幅を変更したりすることもできます。ただし、この例で最も関心のあるオプションは、「側溝を揃える」オプションです。

Keep Gutters Alignedが「None」に設定されていて、パネルの1つでコントロールポイントを移動するとどうなるか見てみましょう。

これで、右側のパネルが、コントロールポイントを移動した場所の左側のパネルと重なっています。左側のパネルのコントロールポイントを移動して新しい形状に合わせようとするか、CSPに処理させることができます。

パネルの境界線を移動する前に、[ガターを揃える]ドロップダウンメニューを[すべて]オプションに変更すると、代わりに下のスクリーンショットに表示される結果が得られます。

これで、Clip Studio Paintは、パネルを作成したときと同じ幅のガターを維持し、2つのパネルのポイントを変更する必要がないため、時間を節約できます。

この記事と前の記事で説明したすべてのスキルとツールを使用して、パネル作成のマスターになる必要があります。

結論

これらの過去2回のチュートリアルで、コミック作品のパネルを作成するのがいかに迅速かつ簡単であるかをご覧いただけたことを願っています。これらのツールは、使いやすく、パネルの作成方法や管理方法を気にすることなく、コミックアーティストになることの楽しい部分にすばやく到達できるように設定されています。

CLIP Studio Paintの詳細については、https://www.clipstudio.net/enまたは https://graphixly.comにアクセスしてください。 https://graphixly.comにアクセスしてください。

コメント

新着

公式 新着