透明感のある水彩を描くシンプルな方法

1,402 view

透き通るような透明感。
柔らかい色の重なり。

デジタルで水彩を表現する方法はたくさんありますが、実は、シンプルな方法で描くことができます。

CLIP STUDIO PAINTの機能を使ってできる、生き生きとした水彩表現をご紹介します。

STEP1:水彩テクスチャを作る

まずは、水彩テクスチャを作ります。
「リアル水彩」の「にじみ水彩」と「水筆」を使って描きました。
濃淡をつけると、紙と絵の具の質感が出ます。

STEP2:イラストに色を塗る

イラストに色を塗ります。
水彩ツールの「繊維にじみなじませ」を使って、色の広がりやぼかしを作りながら描いていきます。

STEP3:テクスチャをイラストの上に重ね、調整する

色を塗ったイラストの上に水彩テクスチャを重ねます。
テクスチャはイラストよりもサイズを大きくして、必ずイラストよりも上(前面)に配置してください。

「下のレイヤーでクリッピング」をクリック。
左側にピンクの線が出ていればOKです。
水彩テクスチャがイラスト部分だけに表示されます。

合成モードを「オーバーレイ」に設定します。
すると、下にあるイラストの色が見えるようになります。

あとはレイヤーの不透明度や色の明るさなどを調整して完成です!

イラストにテクスチャを重ねるシンプルな方法で、水彩らしい透明感のある表現を作り出すことができます。

私は、水彩が持つ温かさや優しさが大好きです。
CLIP STUDIO PAINTの機能を使って、みなさんもぜひ水彩表現を楽しんでみてください。

コメント

新着

公式 新着