紙に描いた絵をスマホ版で色塗りする方法

1,655
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

スマートフォンで撮った写真から線画を抽出して、色を塗ってイラストにしてみましょう。


※スマートフォン版CLIP STUDIO PAINTの基本操作は、以下をご覧ください。


[1]紙に描いた絵を読み込む

①描いた絵をスマートフォンで撮影します。

②CLIP STUDIO PAINTの[作品管理]の[ストレージから新規作成]を選択し、ストレージから写真を開きます。


③パレットバーの[レイヤー]パレットで「用紙」の目のアイコンをタップして、非表示にします。


[2]線画をきれいに取り出す

 背景を透明にする

①[メニュー]ボタン→[編集]→[色調補正]→[明るさ・コントラスト]で、紙の面の白を明るく設定します。


②[メニュー]ボタン→[編集]→[色調補正]→[レベル補正]で、ボールペンの線の部分をよりはっきりさせるよう調整します。


③[メニュー]ボタン→[編集]→[輝度を透明度に変換]で、紙の背景を透過状態に変更します。


 ごみ取り

①エディットバーで[ツールを選択]をダブルタップします。


②[サブツールの選択]で[線修正]→[ごみ取り]→[ごみ取り]サブツールを選択して[閉じる]をタップします。


③小さなごみを囲むようにスワイプすると、不透明なごみが消去されます。


大きなごみがある場合、[ツールプロパティ]パレットでごみのサイズを大きく設定できます。


【POINT】ごみの取り逃しを防ぐ、便利な[フチ]効果

[フチ]効果を使うことで、不透明な描画の周りに色を付けることができ、ごみが見つけやすくなります。

パレットバーの[レイヤープロパティ]パレットをタップして開き、[効果]→[境界効果]→[フチ]をオンにすると、不透明な線に白いフチ効果が付きます。もう一度[境界効果]をタップすると、[フチ]をオフにできます。

フチの色を分かりやすいピンクなどにすると、ごみが見つけやすくなります。


[3]レイヤーを操作して色を塗る

 線画の色を変える

①パレットバーの[レイヤー]パレットをタップして開き、[透明ピクセルをロック]をオンにします。

この設定をすることで、レイヤーの透明部分にはみ出さず着彩をすることができます。


②カラー系パレットから描画色を選択します。


③ペンなどを使って、線画の色を自由に変更します。


 着彩する

線画のレイヤーの下に、レイヤーを追加して着彩していきます。

①パレットバーの[レイヤー]パレットをタップして開き、[新規ラスターレイヤー]をタップします。


②分かりやすいように、それぞれのレイヤー名をダブルタップして「線画」、「着彩」と変更します。


③右端のグリップを掴んでドラッグして、「線画」レイヤーの下に移動させます。


④描画系ツールを選択して、自由に着彩します。


【POINT】

完成したイラストは[クイック共有]で、簡単にSNSに共有できます。


[クイックアクセス]パレットをタップして開き、[クイック共有]をタップして、一覧からアップしたいサービスを選択して共有できます。


この講座は、宮部サチさんのメイキング講座をもとに作成されました。

コメント

新着

公式 新着