パースペクティブルーラーを使用してレトロな3Dロゴを作成する

231

こんにちは!私の名前はリズ・ステイリーです。私はClip Studio Paintを長年使用しています(このプログラムは、Manga Studio 4として知られていたときに使い始めました!)。私はMangaStudio5プログラムとClipStudioPaintのベータテスターであり、このプログラムについて3冊の本といくつかのビデオコースを書きました。実際、あなた方の多くはおそらくそれらの本から私の名前を知っているでしょう。私はGraphixly.comとCSPのヒントに毎週投稿を書いているので、毎週戻ってきて、ClipStudioのヒントとコツをもっと学んでください。

CSPパースペクティブルーラー(おそらくClip Studioの私のお気に入りの機能です!)のチュートリアルはたくさんありますが、それらのほとんどは、建物や街並みを描く方法を示しています。しかし、パースペクティブルーラーは、背景や環境だけでなく、それ以上のことを支援できます。この記事では、テキスト関数、遠近法定規、描画とペイントを組み合わせて、3Dでレトロな外観のロゴを作成します。

この記事では、次のトピックについて説明します。
ロゴテキストの作成
パースペクティブの作成

さっそく飛び込みましょう!

ロゴテキストの作成

このプロジェクトを開始するには、まず、テキストに必要な外観のフォントを見つける必要がありました。 「レトロ」なロゴを作成したいと思っていたので、ロゴの単語(このチュートリアルではランダムな単語ジェネレーターから取得)を決定した後、お気に入りのフリーフォントのWebサイトにアクセスしました。テキストに適していると思われる候補をいくつかダウンロードした後、フォントをコンピューターにインストールして、ClipStudioPaintに向かいました。

フォントのインストール方法がわからない場合は、インターネットでオペレーティングシステムの手順を検索できます。それぞれが異なるため、この記事ですべてのOSの手順を説明することは不可能です。

Clip Studio Paintで新しいキャンバスを作成し、テキストツールを使用して3Dロゴに変換する単語をキャンバスに追加します。ランダムな単語ジェネレーターから「DynamicBubble」という単語を取得し、それが何かのかわいい偽の名前だと思ったので、この例で使用します。

単語を強調表示してから、[ツールのプロパティ]ウィンドウで[フォント]ドロップダウンメニューを見つけます。ここで、フォント面をコンピューターにインストールされているデザインの1つに変更できます。

デフォルトでは、フォントリストには各フォントの名前がそのフォントのスタイルで表示されます。好きなフォントを見つけて選択し、強調表示された単語をそのフォント面に変更します。

私はテキストにこのフォントが好きですが、文字と線の間の比率と間隔のいくつかに満足していません。しかし、それは大丈夫です、私たちはそれらすべての問題を修正することができます!

テキストツールの[ツールプロパティ]ウィンドウの右下隅にある、小さなレンチのようなアイコンをクリックします。これにより、現在のサブツールのすべてのオプションを表示する[サブツールの詳細]ウィンドウが開きます。 (デフォルトでは、[ツールプロパティ]ウィンドウには最も一般的なオプションのみが表示されます)

[サブツールの詳細]ウィンドウの左側で、[線の間隔/配置]カテゴリをクリックします。次に、行間隔スライダーを見つけます。このスライダーを使用すると、スライダーをクリックしてドラッグするか、スライダーの右側にある上下の矢印を使用して、選択したテキスト行間のスペースを増減できます。

2行のテキスト間のスペースを小さくして、単語を近づけました。

また、このフォントでは、一部の文字が接触している一方で、他の文字の間には多くのスペースがあることに気付きました(主に「Bubble」の「bb」)。そのため、文字を近づけて修正したいと思います。

文字間のスペースを変更するには、[サブツールの詳細]ウィンドウの左側にある[フォント]カテゴリをクリックし、[文字の間隔]スライダーを見つけます。これは、少し前に使用したラインスペーススライダーと同じように機能します。以下の例では、すべての文字の間隔を近づけています。

しかし、私はまだすべての間隔に満足していませんでした。特定の文字のみを強調表示することにより、[文字間隔]スライダーを制限して、それらの文字のみを調整できます。たとえば、下のスクリーンショットでは、「Bu」を強調表示し、間隔を調整して、もう少し離れるようにしています。

他のいくつかの文字の間隔を微調整した後、これが最終的な「ロゴ」になりました。

テキストができたので、3Dのように見せることができます。

パースペクティブの作成

それでは、3D効果の作成を始めましょう。始める前に、元のテキストレイヤーのコピーを作成し、元のレイヤーを非表示にしました。コピーレイヤーを使用して、何かが発生した場合に備えて元のレイヤーを保持し、元のレイヤーに戻す必要があります。

次のスクリーンショットでは、レイヤーパレットにコピーレイヤーの下の元のテキストレイヤーが表示されています。元のテキストレイヤーは非表示になっています。コピーレイヤーもラスタライズしましたが、これはオプションです。

テキストを希望のサイズにし、キャンバス上の希望の場所に配置します。 3D効果を下から左に向かって上げたいので、テキストをキャンバスの左上に配置しました。

次に、遠近法定規を設定する必要があります。このサブツールは、ルーラーツールの下にあります。パースペクティブルーラーを使用して、3D文字の線を描画します。 [ツールプロパティ]ウィンドウの[プロセス]ドロップダウンが[消失点の追加]に設定されていることを確認してください。次に、ガイドを描きたい文字の1つを選びます。その場所をクリックしてドラッグし、ガイドを作成します。下のスクリーンショットでは、「c」の端にあるポイントを最初のガイドとして選択しました。これは、テキストの右端にあるポイントだからです。

消失点を設定するには、少なくとももう1つのガイドを追加する必要があります。 「B」の左側の点を選択し、クリックしてドラッグし、最初の線と交差する線を作成しました。交差点は、パースペクティブルーラーの消失点です。

2つのガイドが配置され、消失点が作成されると、遠近法定規の一部としてClipStudioPaintによって水平線と垂直線も作成されます。これらの行は、この定規ツールの他のアプリケーションで非常に便利ですが、今日は心配する必要はありません。下のスクリーンショットに追加された地平線を見ることができます。

すべての線を遠く離れた単一の点に収束させたい場合は、消失点に戻って線を描き始めることができます。ただし、ロゴを少しだけ戻してから停止したいので、もう少し準備が必要です。

まず、次のステップですべてが揃っていることを確認できるように、単語に沿った重要なポイントにさらにいくつかのガイドを配置しました。いくつかの異なるレイヤーで作業するため、パースペクティブルーラーが「すべてのレイヤーに表示」に設定されていることを確認しておくと常に役立ちます。これを行うには、ルーラーがアクティブなレイヤー上にあるレイヤーを作成し、レイヤーパレットの[ルーラー範囲の設定]アイコンをクリックしてから、[すべてのレイヤーに表示]をクリックします。

次に、テキストレイヤーの2番目のコピーを作成します。これを文字の「裏側」(つまり、視聴者から最も遠い端)の参照として使用します。テキストがすべて直線で構成されている場合は、この手順を省略できますが、私のフォントには曲線がたくさんあるので、文字が正しく見えるようにしたいと思いました。

次に、ガイドと拡大縮小/回転機能を使用して、テキストのコピーを1つ移動し、定規の消失点に近づけます。コピー上のポイントが定規上の同じポイントのガイドと一致するように、テキストコピーのスケールを変更する必要があります。下のスクリーンショットでは、コピー(バーガンディ)が縮小されて移動され、ルーラーガイド内に収まるようになっていることに注意してください。すべて元のレイヤーとコピーレイヤーの同じ場所に接触します。

次に、テキストの上部と下部のコピーの間にレイヤーを作成します。これは、遠近法の線を描画するレイヤーです。

選択した描画ツールを使用して、文字の端の線の描画を開始します。混乱しないように、最初に一番下の単語から始めるのが最も簡単だと思いました。一番上の文字の行は、一番下の文字がそれらを覆っているところに表示されないからです。

このステップでは、見逃した可能性のあるエッジがないかどうかを確認して、徹底的に行ってください。たとえば、下のスクリーンショットでは、Bの右上の端が欠落しています。これは、この作成のカラーリングフェーズまで私が見つけられなかった間違いです。しかし、それは大丈夫です。ラインレイヤーに戻って、気づいたら追加しました。

文字の丸みを帯びたエッジは、描画ツールの安定化を増やしてから、コピーレイヤーの文字のエッジを注意深くトレースして、各遠近法線の間のスペースを埋めることによって行われました。

行が完成したら、コピーテキストレイヤーを非表示にしました。次に、追加のレイヤーを使用して、3Dロゴに色と陰影を追加しました。 「レトロ」な外観の最後の仕上げとして、CSPユーザープディングによるレトロトーンを使用して、わずかなテクスチャを追加し、古い印刷物の外観を取得しました。 (ここで同じトーンを得ることができます:https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id = 1926070)

そして、私たちの「レトロな3Dロゴ」が完成しました!

結論

これは、CSPパースペクティブルーラーについて考えるときにおそらく思い浮かぶ通常のことではありませんが、そうでない場合は、この信じられないほど強力なツールを使用する別の方法が示されることを願っています。少しの計画と工夫で、パースペクティブルーラーを使ってあらゆる種類のものを作成できます!

CLIP Studio Paintの詳細については、https://www.clipstudio.net/enまたは https://graphixly.comにアクセスしてください。 https://graphixly.comにアクセスしてください。

コメント

新着

公式 新着