¡3Dモデルで脚と足を描きましょう!

1,107

1.スケッチ

1.最初に、2つの線をマークする必要があります。最大は腰から始まり、最小は膝の下から足までです。これらの2つの線は膝で分割され、円または正方形で表すことができます。

2.このガイドラインが完成したら、3Dモデルを参照として使用して、腰から膝に向かう最初の円柱を作成します。この円柱は、腰の近くでわずかな曲線を描き、幅が広くなり、少し狭くなります。行きます。ひざをやっています。

3.膝の部分では、はるかに目立つ曲線があり、中央で小さくなり、再び大きくなります。

4.その後、開始時に幅が広く、かかとに近づくと薄くなる別のシリンダーを作成します。

5.足のスケッチでは、かかとの始点として三角形を開始し、開始した長方形を小さくして、つま先に近づくと、足の親指に向かって顕著な曲線が作成されます。

6.スケッチが完了すると、脚を構成するキーラインと次のコースで作成された不要な傷が表示され、それらを消去します。

2.フィート

1. 3つの線から始めます。最初の線は足首の前にあり、2番目の線は足首にあり、3番目の線は足の甲の中央にあります。

2.側面に曲率のある円柱を作成します。これは、参考として円を描きました。

3.かかとの場合は、角が丸いタルスとして描画します

4.甲と手のひらを作ると、この壁は指を作るときに大きくなる曲率を持ち、基本的な形は長方形になります

5.指を作るときは、指の曲率と高さをマークします。それが終わったら、最小のシリンダーが中央に向かって湾曲し、真ん中のシリンダーがまっすぐになり、足の親指が他のシリンダーから少し離れたところから始まる5つのシリンダーを作成しますが、先端で合流して完成します。曲線。

3.見通し

1.このために、一度選択した3Dモデルを使用して、不透明度を下げます。

2.それが完了したら、ベースの横に有向円柱を定義し、膝がどの位置にあるかに関係なく、膝の詳細を示します。

3.影がどこに行くかについてのガイドを持ち、影がどこに行くかを2、3ストロークでペイントすると、これはスケッチに概念を与えるのにも役立ちます。

4.構造が作成されると、不要な部分はすべて消去され、脚を形成する線だけが残ります。

4.色

1.すでにきれいなスケッチをこのレイヤーの複数のレイヤーの下に配置し、ベースカラーのペイントを開始します。スケッチは、明るい赤色のような対照的な色を配置します。

2.腰の近く、膝の下、足、パイントと側面にのみ影を付けます。この後、これらのプローブをぼかすと、肌のベースカラーに対してわずかに赤みがかった茶色の色合いになります。 。

3.その後、かかとの後ろだけで足のエッジにオレンジ色の影を追加してぼかします。

4.足の裏、つま先と膝の角の間に少し茶色がかった傾斜を付けて、より赤みを帯びた色合いを適用します。

5.すべてをぼかして、膝の少し下とつま先の真ん中の下にハイライトを追加し、もう少しピンク色にして爪をつけます。

6.スケッチレイヤーを乗算レイヤーとマージし、周囲の色で線をぼかし始め、必要に応じて脚を消去して形を整え、より形を整えます。

5.要約

コメント

新着

公式 新着