プロポーションガイドスタンプを作成する

544

こんにちは!私の名前は Liz Staley です。Clip Studio Paint の長年のユーザーです (このプログラムは Manga Studio 4 と呼ばれていたときに使い始めました!)。私は Manga Studio 5 プログラムと Clip Studio Paint のベータ テスターであり、プログラムに関する 3 冊の本といくつかのビデオ コースを執筆しました。実際、それらの本で私の名前を知っている人も多いでしょう。私は Graphixly.com と CSP のヒントに毎週記事を書いています。

最近、RawSueshi のこの本をソーシャル メディアで見て、チェックしてみようと思いました。私はそれを受け取り、本で提供されているテンプレートで楽しい落書きをしました (ただし、著者の Web サイトでスパイラル綴じのオプションが利用できることに気付いていればよかったのにと思います。それによってテンプレートの有用性が低下することはありません!)

それでも、ただふざけて簡単なキャラクターを落書きしたいだけの場合は、持っているのに最適な本です。

著者は、ビデオ チュートリアルとフェイス ガイドのブラシ セットにリンクする QR コードを提供しています。これは、学習を始めたばかりで、プロポーションを正しく練習できる使いやすいガイドが必要な人にとっては素晴らしい本だと思います.ただ、ブラシはプロクリエイト専用で、CLIP STUDIO PAINTはプロクリエイトのブラシを読み込めないので、ブラシを使ってデジタルで落書きすることはできません。

じゃあ、スタンプブラシを自作しよう!それが、この記事でやろうとしていることです。

この記事では、次のトピックについて説明します。
ベース ヘッドのスケッチ
スタンプ ブラシの作成

始めましょう!

ベース ヘッドのスケッチ

最初に行う必要があるのは、いくつかの役立つガイドラインを使用してベース ヘッドを作成することです。まず、新しいキャンバスを作成しました。サイズはそれほど重要ではありませんが、ページに数面だけを描きたい場合に最終的なブラシをかなり大きくできるように、かなり大きく、dpi を高くしました。最初は 350dpi の 8x10 インチのキャンバスから始めましたが、耳を入れるスペースがないことに気付いたので、後で少し大きくしました。したがって、最終的なキャンバス サイズは 350dpi で 9.5x10 インチでした。

[表示] - [グリッド] に移動して、グリッドをオンにします。次に、明るい色と直線ツールを使用して、キャンバスの各辺の中央にガイドを作成します.これは、後で機能を整列させるのに役立ちます。

次に、いつものように頭を描き始めました。円を描いてから、顎の下から三角形を描きました。水平方向の中心線が頭の形の中心に位置するように、頭のてっぺんとあごの下がキャンバスの端に触れていることを確認します。

プロポーションの一般的なガイドラインとして、耳の上部と目は水平方向の中央に配置する必要があります (以前にマークを付けました)。アイラインとあごの中間 (顔全体の 1/4) は、耳の底と鼻が置かれる場所です。最後に、鼻とあごのラインの中間 (顔全体の 1/8) が下唇の位置です。

これらは顔の一般的なガイドラインに過ぎず、もちろん自分のスタイルに合わせて微調整できます。

これらのプロポーションを強調して、顔の特徴を荒くすることができます。本のRawSueshiテンプレートのように、目が入るための一般的な「ボックス」と、ヘアラインがどこに行くかの大まかなアイデアが必要でした.そこで、目の上下をマークする 2 つの曲線を描き (上部の線は、頭の形の ½ をマークした場所で交わる必要があります)、垂直線を追加して 2 つのボックスを完成させました。目の間のスペースの一般的なルールは 1 つの目の長さであるため、グリッド上のボックスを数えてアイガイドの幅を確認し、それらの間のスペースに同じ数のボックスがあることを確認しました.

ガイドは左右対称ではありませんが、問題ありません。現時点では、大まかなガイドラインと形状を下に置くことに関心があります。

基本的なラフ スケッチが完成したら、スタンプの形状を調整します。これを行うには、ラフ スケッチの上に新しいラスター レイヤーを作成します。次に、定規ツール オプションから対称定規サブツールを選択します。 [ツール プロパティ] ウィンドウで、[行数] オプションが 2 に設定されていることを確認します。

Shift キーを押しながら、定規の垂直線を顔の中心線に直接ドラッグし、顔を左右に分割します。定規は、下の画像の中央にある紫色の線として示されています。

次に、スケッチの一番気に入った面を選択し、その面の形状を調整します。定規は、線を反対側に自動的にミラーリングします。

ペンツールを使用してこれを行うか、ベクターレイヤーを使用して実際にきれいな線を得ることができることに注意してください.ラフな鉛筆ツールを使用しているのは、お気に入りのペン ツールやシャープなベクター ラインよりも線を少し柔らかくしたいからです。結局のところ、これらは簡単なスケッチのための小さなガイドになるだけです!

下の画像では、スケッチの左側の形状を改良しました。定規が私の線を左からミラーリングし、両側で同じにするため、黒い鉛筆の線が顔の右側の青いスケッチ線とどのように異なるかがわかります.

選択したツールを使用して顔テンプレートを調整し続けます。次の画像では、顔のテンプレート スケッチを完成させた後、変形ツールを使用して図面を少し小さくし、上に移動して、首の線を数本追加しました。

スタンプの形状に満足したら、ブラシの作成に進みます。

スタンプ ブラシの作成

今度は、描画を「スタンプ」にします。これは、押し下げるたびに、一度に 1 つのデザインのコピーのみを出すブラシになります。

対称定規がスタンプの形状として設定したい図面と同じレイヤーにある場合は、先に進む前に定規を削除する必要があります。これを行うには、操作 - オブジェクト サブツールを使用して、定規をクリックして選択します。次に、キーボードの [削除] ボタンを押すか、右クリックしてポップアップ メニューから [定規の削除] を選択します。

次に、ブラシの作成に使用できるイメージ マテリアルとしてスタンプ シェイプを保存する必要があります。これを行うには、現在アクティブなレイヤーが、描画しているレイヤーであることを確認してください。これにより、現在のレイヤーのコンテンツのみが素材として保存されるため、スタンプのデザインを複数のレイヤーで作成した場合は、先に進む前にこれらのレイヤーを結合する必要があります。

編集 → 素材登録 → 画像… をクリックします。

マテリアル プロパティ ウィンドウが表示されます。最初に素材画像ボックスをチェックして、スタンプとして保存したいものがすべてそこにあることを確認してください。次に、マテリアル名テキスト ボックスにデザインの名前を入力します。

[マテリアル イメージ] ボックスの下にある [ブラシ先端形状に使用] チェックボックスをオンにしてください。次に、[保存場所の選択] 領域で、[画像素材 - ブラシ] フォルダーを選択します。

右下隅の「+」アイコンをクリックし、新しい検索用語を入力して、キーボードの Enter キーを押して、[検索タグ] ボックスに説明的な用語を入力することもできます。これは、必要な数の検索語に対して行うことができます。これにより、後で資料を見つけやすくなります。

[OK] をクリックしてマテリアルを保存し、次のステップに進みます。

ブラシ スタンプを作成するには、まず既存のサブツールを複製します。カスタムの「お気に入り」鉛筆サブツール カテゴリで鉛筆ツールの 1 つを選択したのは、これが最終的にこのスタンプ ツールを後で入れたいフォルダだからです。簡単に見つけて使用し、鉛筆ツールに切り替えて、描き始めます。後で必要に応じてトラブルシューティングを簡単に行えるように、この手順で複製する単純なツールを選択することをお勧めします。タブレットのスタイラスの角度に応じて色のジッターや形状が変化するようなものは使用しないでください。

コピーするツールが「リアル ペンシル」ツールかどうかわからない場合に、このために使用する優れたデフォルトの CSP ツールです。このツールをベースとして使用する場合は、ブラシ チップ マテリアルとテクスチャのみを変更する必要があります。

ツールを右クリックし、「サブツールを複製…」を選択してコピーを作成します。

新しいサブツールのわかりやすい名前を入力します。また、「アイコンの背景色」オプションにピンク色を選択したのは、このスタンプ ツールが選択されているかどうかがツールバーに一目でわかるようにするためです。

[OK] をクリックして、サブツールを複製します。新しいツールは、選択したカテゴリのサブツール リストに表示されます。

次に、新しいサブツールを選択した状態で、サブツール プロパティの右下にあるレンチ アイコンをクリックします。これは、次の図の矢印で示されています。

これにより、サブツールの詳細ウィンドウが開き、このツールをカスタマイズできます。ウィンドウの左側で、「ブラシチップ」オプションをクリックします。

複製したサブツールはかなり単純な鉛筆ツールだったので、先端の形状オプションとして「円」だけがあります。以前に推奨された「リアル ペンシル」ツールなど、別の種類のツールを選択した場合は、既にマテリアル ヒントが含まれている可能性があります。先に進む前に、既存のマテリアル ブラシ先端形状を選択して削除する必要があります。

先端形状オプションで「材料」ボタンをクリックします。これにより、「ブラシ先端形状の選択」ウィンドウにすべてのブラシ先端マテリアルが表示されます。作ったスタンプの形がなかなか見つからない場合は、検索タグを入力しておけばOKです。下のスクリーンショットの左上を見ると、自分の顔テンプレートを見つけるために検索語を入力しなければならなかったことがわかります。

ブラシ形状をクリックして選択し、[OK] ボタンをクリックしてブラシにロードします。ブラシ先端の設定で、スタンプ イメージの歪みを防ぐために、厚さが 100 に設定されていることを確認してください。また、Angle が 0.0 に設定されていること、Flip Horizontal オプションと Flip Vertical オプションがオフになっていること、および Brush Density が 100 に設定されていることも確認してください。

次に、ウィンドウの左側にある [ストローク] オプションをクリックし、[ギャップ] が [固定] に設定されていること、および [リボン] オプションと [連続スプレー] オプションがオフになっていることを確認します。

鉛筆ツールなど、コピーするテクスチャ ツールを選択した場合は、テクスチャ設定も確認する必要があります。テクスチャが「なし」に設定されていることを確認してください。

スタンプが使えるようになりました!サブツールの詳細ウィンドウを閉じて、キャンバスでブラシをテストします。マウスでクリックするか、スタイラスでタップすると、画像がレイヤーに「スタンプ」され、その上に描画するテンプレートが残ります。

結論

「ウォーミングアップとスケッチ!」は絶対にお勧めです。本 - 特にチュートリアルが含まれている優れたリソースです。あなたやあなたが知っている誰かがアニメキャラクターの描画を試し始めたばかりなら、この本は彼らにとって良い出発点になるかもしれません.ブラシが他のプログラムでも利用できることを願っていますが、ありがたいことに、Clip Studio Paint で独自のブラシを作成するのはそれほど難しくありません!

CLIP Studio Paint の詳細については、 https://www.clipstudio.net/en https://www.clipstudio.net/en または https://graphixly.com https://graphixly.com をご覧ください。

コメント

新着

公式 新着