下絵から最終色まで塗っていきます

1,988

こんにちは!今日は、私の作品をペイントするためにクリップ スタジオで見つけた最高の機能をお見せするために来ました。真実は、あなたが知らないかもしれない非常に興味深いものがあるので、最後まで私と一緒にいてください。
最初に、最も基本的なものをいくつかお見せしたいと思います…そして、それは私のインターフェースをどのように整理したかです
私の塗装プロセスをもう少し快適にするために。

予備

左側には、プロセスの段階で非表示にできるすべてのウィンドウがあり、クリップ スタジオ ペイントの新しいカラー ミキサー機能があります。また、ブラシやその他のマテリアルのダウンロードを管理できるマテリアル ウィンドウも保持しています。もっと先の話をします。

最後に、私は常に画像全体の縮小版を保管しています。これにより、詳細を追加しながらイラストの広い視野を持つことができます。このようにして、一般的なフレームワークで結果がどのように見えるかを常に把握できます.

それでは、私が使用するブラシとアセット ストアからそれらをインストールする方法に移りましょう。まず、クリップ スタジオ ランチャーに移動し、クリップ スタジオ アセットと表示されている場所をクリックします。

これにより、すべてのコミュニティ マテリアルを含むページにリダイレクトされます。有料のものと無料のものがあります。

私が本当に気に入った非常に具体的なものを探します。そのために、ここにパッケージの名前を付けた画像を残します。検索バーでそれらを探すだけです。

これらは私が最も気に入っているブラシの一部であり、それらをインストールするのは非常に高速です。インストールするツールのウィンドウに移動し、[サブツールの追加] (1) をクリックしてから、ブラシを探します。ポップアップ ウィンドウにインストールするには (2 )、それを選択して [パレットに追加] をクリックします (3)。すぐにサブツールとして追加されます

すべての準備が整ったら、ペイントを開始します

新しいドキュメントを作成しましょう:

ここでは、印刷用の 1 インチあたりの最小ピクセル数である 300 dpi の A4 用紙に印刷する解像度を選択します。

必要に応じて、サイズを大きくすることができます。しかし、私の現在のニーズでは、これは完全に機能します。

スケッチ

私たちはかなり大まかなスケッチを始めましたが、主なアイデアを得て、後で詳細を追加することだけを心配します.今回は、クリップスタジオに付属の「ラウンドミキサー」という60~80pxのブラシを使っていきます。以下に示すように、一般的なシルエットを作成します。

次に、このレイヤーをスケッチモードに切り替えます。これにより、この方法で描画を続けるのに最適な水色のレイヤーに変わります。いくつかの方法で作成できます。そのうちの1つは、白の青いボタンをクリックするか、キーの組み合わせ「control + B」を押すことです。

そのため、何度もディテールを重ねて描画を重ね、毎回ディテールを増やしていきます。

線画

アイデアの準備ができたら、クリップスタジオでそれを行うのが素晴らしいラインアートに行くことができます。この作業を実行するために使用するツールを紹介します。

ベクターレイヤーを使ってみよう

2 本の線が交差する場所ですばやくカットできるようにする交差モードのドラフト

このシンプルなコンセプトで、ラインアートを作成し、ペイントに進むためのすべてが揃っています.

きれいなラインアートを使用して、ペイントするベースを作成します。ペイント バケツを囲んで塗りつぶす方法で利用しますが、ペイント バケツのオプションを選択して参照レイヤーに配置する必要があることに注意してください。後でここで示すように、線画を参照レイヤーとして選択します。

ここで、クリッピング マスクを使用して、キャラクターの色付きの部分を別々のレイヤーに追加します。これにより、以前に作成したカラー ベースから抜け出すことができなくなります。

上に示されている画像では、クリッピング マスク アイコンまたは下のレイヤーに調整されており、下に示されているように、この効果がアクティブであることをプログラムがどのように示しているかを確認できます。

乗算モードでシャドウとアンビエント オクルージョンのレイヤーを追加して、カラー ベースのボリュームの取得を開始します。

このプロセスでは、ペイント ミキサーで色を保存する機会もあります。そのため、完全なパレットを作成する必要はありませんが、ペイント中に混合してテストすることができます。

次のステップは、オーバーレイとオーバーレイの明るさモードでハイライトを追加することです。これは、作成している画像によって異なりますが、基本的には以下のようになります。

また、新しいレイヤーを追加して、色とライトの詳細をもう少し強調して、よりダイナミックに見えるようにします 同じレイヤーモードを使用してこれを行います

最後に、背景を少し改善したいので、背景に簡単なグラデーションを追加します。これにより、この環境をより適切に設定できます。グラデーション ツールを使用して行います。

そして、これが最終結果です。このチュートリアルが、クリップ スタジオで図面のペイントを開始するのに役立つことを願っています。実際には、スケッチからデジタル ペインティングの最終結果までのワークフローを大幅に高速化する非常に便利なツールがあります。

ここでは、クリップ スタジオ ペイント カラー ミキサーの使用方法に関するチュートリアルを確認できます。

コメント

新着

公式 新着