*このチュートリアルは、鮮明な線分に最適です。線分が柔らかく、ぼやけている場合は必要ありません。
さて、最初に簡単な事実を立てましょう
手動で各行を編集したり、ベクトル消しゴムを使用してオーバーシュートした線をすばやく消去したり、心配することなくイメージを変形できるため、ベクターレイヤーで線分を描く方が便利です(レイヤーのキューブアイコンで示されます)。変換後の線の品質にどのように影響するか(各ストロークのサイズを変更するため)
適例:
しかし、あなたはラインアートの途中にいて、あなたはラスターレイヤーを描いていることに気づいています(レイヤーによってアイコンなし)
ラスタレイヤーは、ラスタレイヤー上で何かを変換すると、ベクターレイヤーのように個々のストロークではなく、すべてのストロークを単一のイメージとして扱うため、ラインアートの変換にも非常に適しています。その結果、ラスタレイヤを変換するたびに線の品質が悪化します。
適例:
ラスタレイヤーをベクトルに半分に変換しようとすると、ベクトル設定で効果的に変換する方法がわからない限り、素晴らしいアイデアではありません。そうしないと、ラインアートができるだけ元の状態に保たれるようにするには、長い試行錯誤の中で最良の設定が見つかるはずです。
では、サイズを変更したい領域がありますが、その間ずっとラスターレイヤーに描画している場合はどうなりますか?
サイズ変更された領域をシャープにするだけで済みます。
このイメージを例に挙げてみましょう:
だから私はそれがどのように配置されているのが好きではなく、ラインアートをたくさん変えてしまったとしましょう。
サイズを変更した後、私はそれを修正し、ラインアートの品質は非常に不快なものです。
そこで、リサイズ直後にラインアートを修正するのではなく、[フィルタ]> [シャープ]に移動し、[シャープ]を使用して、破損したラインアートをシャープにします。
必要な線の鮮明さを得るためには、複数回シャープにしなければならない場合があることに注意してください。
それが終わったら、あなたは邪魔することなくラインアートを続けることができます!