8 件

▼完成した漫画はこちらです。 ・作者プロフィール:みうらあき漫画を描いています。サキュバスや魔物などを好んで描いています。仕事履歴:ヤングアニマル嵐・懸賞応募イラストカット、ヤングアニマルデジタル 「ホーリーナイトクリスマス」掲載 (1)はじめに原稿用紙を用意します。[ファイル]メニュー→[新規]を... 続きを読む
2 か月前 ( 2 か月前 ↑)
日本語
下準備が整ったら、ネームの制作を行います。 ※ネームとは:おおまかな絵でストーリーや構図といった内容を固めるために描くものです。 (1)[レイヤー]パレットで、あらかじめ用意されているレイヤーを選択し、[レイヤープロパティ]パレットでレイヤーの表現色を[グレー]に変更してからネームを描いていきます... 続きを読む
2 か月前 ( 2 か月前 ↑)
日本語
前回描いたネームを参考にしてマンガのコマをつくります。 [ツール]パレットの[コマ枠]ツールを選択します。次に[サブツール]パレットから[長方形コマ]を選んで枠線をひきます。 ■[長方形コマ]サブツールのカスタマイズ[長方形コマ]サブツールを使う前に、[ツールプロパティ]パレットでオプションを変更し... 続きを読む
2 か月前 ( 2 か月前 ↑)
日本語
ネームを元に下描きをします。ベタや画面全体の色の濃淡、集中線などの効果をこの段階でイメージしておくと、後の仕上げ作業がスムーズにいきます。 (1)4コマ目、コマ枠からはみ出しているキャラクターから下描きします。コマ枠のフォルダー内では枠外の線はマスクされてしまうため、フォルダーの外側(上)に新規レイ... 続きを読む
2 か月前 ( 2 か月前 ↑)
日本語
フラッシュや集中線なども、ベタと同様、普通はペン入れ後に行うものですが、効果が見たいので加えていきます。アナログのマンガ作画では、作業の手順が前後すると、修正が難しかったりと何かと大変ですが、デジタル作画なら後から修正が簡単にできます。 (1)4コマ目の背景にフラッシュ素材を配置します。まず、[レイ... 続きを読む
2 か月前 ( 2 か月前 ↑)
日本語
背景のペン入れをします。ベクターレイヤーに描いていきます。 (1)まずベクターレイヤーをコマ枠フォルダー内にある「下描き」レイヤーフォルダーの上に作成します。ベクターレイヤーは線を劣化させずに編集することができるレイヤーです。 ※ベクターレイヤーは、[レイヤー]メニュー→[新規レイヤー]→[ベクター... 続きを読む
2 か月前 ( 2 か月前 ↑)
日本語
背景が描けたら次はキャラクターです。背景と同じく、ベクターレイヤーと[カスタムGペン]を使用します。 ベクターレイヤーは拡大縮小しても劣化しないため、大きさの調整が必要そうな小物を描く際などにベクターレイヤーを使います。拡大縮小してちょうどいい大きさになったら、モノクロのラスターレイヤーに変換(ラス... 続きを読む
2 か月前 ( 2 か月前 ↑)
日本語
4コマ目は決めゴマなので、目立たせるためにキャラクターを白くフチ取ります。 (1)キャラクターの線画は線のレイヤーとシルエットを塗りつぶした白いべた塗りレイヤーからなります。 (2)線のレイヤーのほうに、[レイヤープロパティ]パレットの[境界効果]で白フチをつけます。 (3)白フチの効果がかけられま... 続きを読む
2 か月前 ( 2 か月前 ↑)
日本語