7.キャラクターのペン入れ・効果線・トーン

10,104 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]キャラクターのペン入れ

背景が描けたら次はキャラクターです。背景と同じく、ベクターレイヤーと[カスタムGペン]を使用します。


ベクターレイヤーは拡大縮小しても劣化しないため、大きさの調整が必要そうな小物を描く際などにベクターレイヤーを使います。

拡大縮小してちょうどいい大きさになったら、モノクロのラスターレイヤーに変換(ラスタライズ)しています。


キャラクターはマンガ特有のデフォルメされたポーズや動きが際立つように描いていきます。


線は、「輪郭は太く」「服のしわなどは細く」描くことに注意して描きます。

キャラクターの輪郭は太く描き、服のしわなどは[丸ペン]のブラシサイズを調整しながら細い線で描きます。


ラケットの木目、カバーの質感も細かく描き込みます。


うまく細い線を描けなかったときは[線修正]ツール→[線幅修正]サブツールを使います。

[ツールプロパティ]パレットは下図のような設定にします。この状態で太く描いてしまった線画をなぞると細く修正できます。


【POINT】

ラスターレイヤー上で[線幅修正]サブツールを使う際に、ホワイトが入っているとうまく修正できないことがあります。

そういう場合は、[編集]メニュー→[輝度を透明度に変換]で白い部分を透明にします。

ただし、レイヤーからホワイトを抜くことで、下のレイヤーの隠したかった部分が現れてしまうことがあるので、十分な注意が必要です。


[2]フキダシの変更

人物のペン入れの途中ですが、ここで下描きのときにつけていた効果線を見直して変更します。


(1)1コマ目のフラッシュのフキダシを変更します。[素材]パレットから[すべての素材]→[漫画素材]→[効果線]→[ウニフラ]→[ウニフラ円]を選択します。


(2)キャンバスに2回ドラッグし、[オブジェクト]ツールでそれぞれ形を調整します。


(3)このままでは下が透けてしまうため、フラッシュの内側は白く塗りつぶしたレイヤーを置き、セリフのテキストは黒色に変更しました。


引き続き1.2コマ目のキャラクターもペン入れし、人物の線画の下に白いベタ塗りレイヤーを敷いて背景が透けないようにします。


これでキャラクターのペン入れが完成です。


[3]グラデーショントーンを貼る

キャラクターにグラデーショントーンを貼ります。


(1)まず、「トーン」用のレイヤーフォルダーを作成します。線画に重ねて使用できるように、レイヤーフォルダーの合成モードを[乗算]にします。


(2) [自動選択]ツールなどを使ってトーンを貼りたい部分の選択範囲を作ります。

※キャプチャ画像だとわかりにくいので[クイックマスク]使用中の画面にしてみました。選択範囲はこの赤い部分です。


(3)[レイヤー]メニュー→[新規レイヤー]→[グラデーション]を選択します。


(4)キャンバス上に表示されるハンドルを動かして、グラデーションの位置を決めます。


そのほかのパーツも、(1)~(4)や、背景のトーンと同じように、選択範囲を取ってからグレーのベタ塗りレイヤーに塗っていきます。


次回は、白フチをつけたりトーンを削ったりして仕上げます。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着