前回描いたネームを参考にしてマンガのコマをつくります。

[1]基本のコマ枠を作る

[ツール]パレットの[コマ枠]ツールを選択します。次に[サブツール]パレットから[長方形コマ]を選んで枠線をひきます。

■[長方形コマ]サブツールのカスタマイズ
[長方形コマ]サブツールを使う前に、[ツールプロパティ]パレットでオプションを変更しておきます。
[ラスターレイヤー]にチェックが入っている状態では、コマと同時にラスターレイヤーが作成されますが、今回は工程に合わせてラスターレイヤーとベクターレイヤーを使い分けるため、チェックを外しています。
また、[コマの内側を塗りつぶす]にチェックが入っていると、コマと同時に白の背景レイヤーが作成されますが、今回は背景レイヤーも自分で作成するためチェックを外しています。

※コマ枠やコマ枠の作り方について詳しくは、以下の講座を参照してください。

【POINT】
本講座内では、サブツールの表示方法を[タイル] に変更しています。
表示方法は、[サブツール]パレット左上のメニュー→[表示方法]から選択します。
※初期状態では[ストローク]に設定されています。

(1)まずは原稿用紙の真ん中にある大きな枠(基本枠)いっぱいに、ドラッグ操作でコマ枠(コマ枠フォルダー)を作ります。コマ枠の外はマスクされて青く表示され、フォルダー内のレイヤーにはみ出して描いても非表示になります。

(2)もし、枠外の青色が濃いと感じる場合は、[ファイル]メニュー→[環境設定]→[レイヤー・コマ]から薄くする事ができます。

(3)ネームのレイヤーとテキストレイヤーをコマ枠フォルダーの中にドラッグして格納します。
なお、コマを描画、編集するときは、[コマ枠フォルダー]の中にレイヤーを作成して作業します。

[2]コマを割る

[枠線分割]サブツールでコマ枠を分割していきます。
分割する前に、[ツールプロパティ]で枠線の間隔を設定しておきます。

①→②→③の順でコマを分割しました。

[3]タチキリ部分の調整

[操作]ツール→[オブジェクト]サブツールを使ってコマ枠を編集し、タチキリのコマを作ります。

(1) [レイヤー]パレットで[コマ枠フォルダー]を選択します。選択後、コマ枠の表示が画像のように赤くなります。

(2)緑色の四角いハンドルをタチキリの部分までドラッグして引き伸ばします。
※黄色い三角のハンドルをクリックする操作でも用紙の端まで枠線を伸ばせます。

4コマ目の左と下部分を伸ばしたら、コマ割りの完成です。

次回は、下描きの工程を解説します。