8 件

CLIP STUDIO PAINTではツールを選択→サブツールを選択の順番で必要なツールを選びます。初期状態でもたくさんのサブが登録されていますが、CLIP STUDIOの[素材をさがす]からペンなどの素材をダウンロードして、サブツールとして登録することもできます。もちろん、自分でサブツールを作って... 続きを読む
1 年前 ( 8 か月前 ↑)
日本語
CLIP STUIO PAINTのツールはオプションを調整することで、好みのツールにすることができます。ツールの各オプションは[ツールプロパティ]パレットと[サブツール詳細]パレットで調整できます。 [ツールプロパティ]パレットにはそのサブツールを使用する際に、調整が必要な項目のみが表示され、他の項... 続きを読む
日本語
項目によってはその数値を描画するときに変化させられる「影響元」の設定ができるものがあります。影響元の設定は[影響元設定]ダイアログで行います。 ■入力筆圧:ペンタブレットを使用したとき、その筆圧を入力値として使用します。筆圧はその入力値と出力値の関係をグラフで設定することができます。 (A)筆圧と出... 続きを読む
1 年前 ( 8 か月前 ↑)
日本語
[塗りつぶし]ツールは、指定された領域を塗りつぶすためのツールです。クリックした場所が[白]であれば、白い部分をすべて範囲として塗りつぶします。 [隣接ピクセルをたどる]は塗りつぶす箇所の周りに、塗りつぶす箇所と違う色がある場合に有効なオプションです。※初期設定の状態で、このオプションが[ツールオプ... 続きを読む
11 か月前 ( 1 か月前 ↑)
日本語
「閉領域フィル」とはツールで囲まれた領域を、どのような方法で塗るかを設定するためのオプションです。サブツール「編集レイヤーのみ参照」や「他レイヤーを参照」は、線画などでかこまれた領域を同じ色で塗りつぶすことができます。 線画などで囲まれた範囲のことを『閉領域』と呼びます。[塗りつぶし]ツールでクリッ... 続きを読む
11 か月前 ( 1 か月前 ↑)
日本語
CLIP STUDIO PAINTでは、色を選択するためのカラー系のパレットが用意されています。カラー系パレットの使い方、よく使う色を登録しておけるカラーセットの使い方を紹介します。 CLIP STUDIO PAINTでは、[カラーサークル]、[カラースライダー]、[カラーセット]、[近似色]、[中... 続きを読む
日本語
(1)予め[選択範囲]ツール、[自動選択]ツールなどで、グラデーションを描画したい範囲を指定しておきます。なお、レイヤー全体に描画する場合、選択範囲は不要です。 (2)[ツール]パレットで[グラデーション]ツールを選択し、[サブツール]パレットで使用したい設定を選択します。ここでは、「描画色から背景... 続きを読む
5 か月前 ( 5 か月前 ↑)
日本語
カラーセットは、あらかじめいくつか登録されていますが、オリジナルのカラーセットを作成することもできます。よく使う色でオリジナルのカラーセットを作っておけば、作業効率がアップしますよ! カラーセットは、あらかじめいくつか登録されていますが、オリジナルのカラーセットを作成することもできます。カラーセット... 続きを読む
4 か月前 ( 4 か月前 ↑)
日本語