サブツール詳細パレットを使いこなす①基本

11,777 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUIO PAINTのツールはオプションを調整することで、好みのツールにすることができます。

ツールの各オプションは[ツールプロパティ]パレットと[サブツール詳細]パレットで調整できます。


[ツールプロパティ]パレットにはそのサブツールを使用する際に、調整が必要な項目のみが表示され、他の項目は表示されていない状態になっています。

表示されていない項目は[サブツール詳細]パレットで調整します。


【POINT】

[ツールプロパティ]パレットに表示されていない項目は以下の手順で表示できます。 [サブツール詳細]パレットの各項目の左側にある「目」のアイコンをオンにすると、[ツールプロパティ]パレットに表示されます。


[1] 数値の入力に関係する共通操作

①サブメニューを表示させます。

②ドラッグで数値を調整します。

③数値を直接入力して調整します。

④数値をひとつずつ上下して調整します。

⑤[影響元設定]ダイアログを表示させます。このボタンがある設定は「影響元」を選択できます。

⑥ボックスをクリックして数値を調整します。

⑦入力ボックスを表示させます。


■インジケーターの設定


サブメニューの[インジケーター設定]をクリックすると[インジケーター設定]ダイアログが表示されます。

各ボックスの数値を入力して[OK]をクリックすると、インジケーターの各ボックスに数値が反映されます。


[2] 影響元

項目によってはその数値を描画するときに変化させられる「影響元」の設定ができるものがあります。影響元の設定は[影響元設定]ダイアログで行います。


入力に使用できる項目はツールやオプションによって異なります。


[3] 各項目の詳細

各項目の意味はその項目にマウスを重ねるとツールチップとパレットの下部に説明が表示されます。


サブツール詳細に表示されるオプション項目は、ツールによって異なります。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着