8 件

CLIP STUDIO MODELERでは、[立体図形]にある基本的な3D形状のオブジェクトを使用し、それを変形・加工して3Dモデルを作成できます。また、[平面図形]などから立体的な形状へと変形・加工して3Dモデルを作成する方法もあります。従来のモデリングソフトに比べ、素材をより視覚的にとらえること... 続きを読む
日本語
【POINT:はじめに】今回の講座を行うにあたり [頂点選択][線選択][面選択]ボタンは全てONにしておいてください。[頂点選択][線選択][面選択]ボタンをONにすることで頂点、線、面をクリックで選択するできるようになります。 CLIP STUDIO MODELERを起動します。上部メニューから... 続きを読む
日本語
[メッシュツリー]パレット内、下図赤枠内をクリックしてメッシュ「A」を非表示にします。 テクスチャに画像「A.jpg」が選択されたままの状態ですので、一度、材質の色を選択してからパーツBを作成していきます。 [材質特性]パレットの[カラーアイコン]をクリックして[カラーサークル]で色を下図のように変... 続きを読む
日本語
[メッシュツリー]パレット内、下図赤枠内をクリックしてメッシュ「B」を非表示にします。 テクスチャに画像「B.jpg」が選択されたままの状態ですので、一度、材質の色を選択してからパーツCを作成していきます。[材質特性]パレットの[カラーアイコン]をクリックして[カラーサークル]で色を下図のように変更... 続きを読む
日本語
[メッシュツリー]パレット内、下図赤枠内をクリックしてメッシュ「C」を非表示にします。 テクスチャに画像「C2.jpg」が選択されたままの状態ですので、一度、材質の色を選択してからパーツCを作成していきます。 [材質特性]パレットの[カラーアイコン]をクリックして[カラーサークル]で色を下図のように... 続きを読む
日本語
パーツA~Dの位置を修正していきます。パーツA~Cまでのメッシュは非表示となっているので、下図赤枠内をクリックしてメッシュを表示させます。 [ツール]パレットから [移動]ツールを選択します。サブツールグループの[メッシュ]をクリックして[サブツール]パレットから[メッシュ移動]サブツールを選択しま... 続きを読む
日本語
モデルが完成したので最後に面の表示を確認します。画面右上[表示設定]パレット内[表示方法]→[裏面表示]ボタンを確認します。[裏面表示]ボタンが[ON]であれば[OFF]に切り替えます。[OFF]に切り替えることで片面のみの表示となりますので面が裏返っているメッシュを確認することができます。 パーツ... 続きを読む
日本語
CLIP STUDIO MODELERでは、メッシュを[グループ化]、もしくは[結合]させることができます。今回は[グループ化]を使用してメッシュを一つにまとめていきます。 【POINT】複数のメッシュを一つにまとめる方法には、[グループ化]と[結合]があります。 ・グループ化一つにまとめたい複数の... 続きを読む
日本語