オーラエフェクトの作り方

6,054 view

こんにちは!はなちゃんが話す!このチュートリアルでは、私のキャラクター、Skylarが主演するAura Effectの作り方を紹介します。このテクニックは火、蒸気そして他の空気関連の効果のようなものに適用することができます。

0.0必要なツール...

あなたが尋ねる前に、私が使ったツールはすべてEASY-TO-GET PRESET TOOLSです。 (うーん!)
しかし、このテクニックには練習とたくさんの忍耐力の両方が必要です。
それでは始めましょう!

1.0背景を着色する

最初に、あなたはあなたのオーラの主な色は何になるのかを決める必要があります。
SkylarのAuraは燃えるような赤なので、私は私の背景を黒に近い濃い赤に着色しています。

(あなたが特別な空想になりたいなら、あなたのキャラクターのまわりにわずかに明るい赤のいくつかの斑点を加えなさい、しかしそれが目立つことを明るくするためにではない。^^)

次に、私たちが "The Shadow Cloud"と呼んでいる色を、より彩度の高い(しかしまだ濃い)赤にします。アイデアは、この雲を漠然と彼の体から発するオーラを象徴するようにすることです。

1.1総合ミスト効果テクニック

次のステップは、この写真の中で私がすべてのミスト効果を行った方法です。比較的簡単ですが、それでも練習が必要です。でも心配はいりません。

それでは、その赤い雲をもっと「華やかに」見せてみましょう。
柔らかいブラシを使用して、なだらかな一筆書きで、(この場合)頭の周りの広いスペース、体の前など、蒸気が最初に蒸発する可能性が高い領域を消去します。
蒸気の渦がすでに形成されているのがわかりますか。
(消去しすぎないように注意してください。もっと消去したい場合は、いつでも戻ってくることができます。)

作業が終わったら、今作成したストロークの上に移動しますが、下の画像1および2に示すように、より小さくより鋭利な柔らかいブラシを使用してください。最初のストロークの半分だけを消去してください。
これを行うことで、ぼやけた本質を維持しながら、ミストの渦にさらに定義を加えることができます。

もっと渦巻きを追加できることを忘れないでください!

追加のスチームの中には複雑に見えるものもありますが、実際には、スプレーブラシのサイズと密度で遊んでそれを作成できます。それを試してみてください!

十分なスチームを加えたと思ったら、ぼやけたスプレーブラシを使って影の雲の周りをかすかに火花が飛ぶようにします。

2.0オーラを着色

それでは、Skylarの体から溢れる実際のオーラを着色することに集中します。
私たちは真っ赤な色を使い、ブラシ密度の低い中程度の硬さのスプレーブラシを使って、文字の周りに粗いマスクを塗っていきます。
(低密度ブラシを使用すると、ブラシストロークを重ねて風通しの良い外観にすることができます。)

ところで!
オーラをもっと引き立たせるためには、キャラクターは比較的暗いと思います。そこで私は乗算レイヤーを作成し、Skylarに紫色の影を付けました。

私は、彼の顔の底、彼の広げられた手などのように、オーラが反省するつもりだったと確信していた領域だけを消した。

Skylarの目のために、私は "Add(Glow)"レイヤーに同じ真っ赤な色を使いました。

それでは、そのオーラの残りの部分で始めましょう!
「追加(グロー)」レイヤーを作成し、明るいオレンジ色の色相を選びます。
我々はオーラを燃えるような外観にしたいので、最初に示されるようにかなり長い絡み合うストロークを作りなさい。

次に、ミストエフェクトテクニックと同じように、消しゴムを使ってストロークの両側を薄くします。

オーラのより多くの縞を作成してください...

最後に、BURNINGに見えるようにオーラを追加しましょう。

以上です!それでは、ドロップレットスプレーを使って絵を描きましょう。

3.0最終アートと他の例

読んでくれてありがとう! ^^
以下では、単純に色相を微調整してオーラの色を変えました。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着