ClipStudioPaintの効果音

11,218 view

1.テキストツールによる基本的な効果音(非破壊)

1A。図面上部の基本テキスト

印象的なフォントを選択し、境界線効果を追加して、テキストが図面から目立つようにします。

ドラフトレイヤーにテキストをスケッチします。

テキストツール[T]を使用してテキスト(文字「A」)を入力します。オブジェクトツール[O]を使用して回転およびサイズ変更し、白い境界線効果を追加します。
テキストを複製します([Ctrl + C]テキストレイヤーを選択してから、非テキストレイヤーを選択します[Ctrl + V])。スケッチに従ってサイズを変更して移動します。

終了します。

1B。文字の後ろの歪んだテキスト

テキストを選択しながら、テキストツール[T]またはオブジェクトツール[O]でスケール/回転/スキューモードを取得します。

スライダーを使用してテキストを歪めます。

文字の後ろのテキストを「非表示」にするには、塗りつぶしツール[G]または任意のツールを使用して白い塗りつぶしレイヤーを追加します。

囲みと塗りつぶしツール[G]は、これを行うための高速な方法です。

ボーダー効果をオンにして、不要な部分を消去します。

白いレイヤーを右クリックして、選択範囲を作成します...

1-選択を反転
2-テキストレイヤーを選択します
3-レイヤーマスクを作成する
その順番で。

テキストにはマスクが付いています。最終結果:

1C。手書き

Clip Studio Assetsにサウンドエフェクトを作成するには、次のような興味深いブラシがたくさんあります。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1686820

この例では、手書きの効果音とタイプされた背景を混ぜ合わせて、幽霊のような感じにしました。

ヒント:手書きがあまり良くない場合は、入力したテキストをトレースしてみてください。

1D。入力したテキストを装飾する

1-入力されたテキスト(境界線なし)
2-テキストの複製(色付きの境界線効果あり)
3-クリップされたトーン/テクスチャ(レイヤーカラー効果あり)
4-手描きの要素(例では白い線)

2.ベクトル効果音(破壊的)

2A。テキストをベクターに変換し、メッシュ変換

テキストを右クリック> [レイヤーの変換...]を選択し、[ベクターレイヤー]を選択します。ベクター設定に移動し、補正数を減らします。

ベクトルレイヤーには、アウトラインのみが含まれます。

お好きなブラシをお選びください。サブツールの詳細に移動し、プリセットに登録します。

これで、オブジェクトツール[O]を使用して、ベクターテキストのブラシの形状とブラシのサイズを自由に変更できます。

Gペンを使用して欠落している行を接続し、テキストを黒で塗りつぶして、レイヤーをラスタライズします。

ここでは白いテキストの方が好きなので、色を白に変更し、エッジの色を黒に変更しました。
さらに変更するには、[編集]> [変換]> [メッシュ変換...]に移動します。

必要に応じてテキストを曲げます。結果:

2B。ベクターテキストのインポート-曲線上のテキスト

Illustrator、Affinity Designer、Inkscapeなどのプロのベクター描画ソフトウェアがたくさんあります。テキストを入力してそこで変更し、ベクターアウトラインに変換してから、Clip StudioPaintにインポートできます。

この方法でインポートされたテキストは、Clip StudioPaint内でベクターに変換する場合よりも鮮明です。また、テキストのアウトラインを変更する方法は他にもあります(ソフトウェアによって異なります)。

この例では、Vectornatorと呼ばれるiOSとMacOSの無料アプリを使用しています。ほとんどのベクター描画ソフトウェアに見られる基本機能を備えているため、他のソフトウェアのガイドとしても使用できます。

https://www.vectornator.io/#

ほとんどのベクターソフトウェアは、Clip StudioPaintにもあるベジェ曲線を使用しています。参考までに私の古いヒントを見ることができます:

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3155

[編集]> [インポート]> [ベクター...]を選択して、ベクターファイルをインポートします。

テキストが表示されない場合は、[Ctrl + T]を使用して移動およびサイズ変更します。

オブジェクトツール[O]を使用して、テキストのアウトライン(ブラシの形状、ブラシのサイズ、色など)を変更します。

下にレイヤーを作成して、塗りつぶしツール[G]を使用してテキストの色を塗りつぶします。テキストを目立たせるために境界線効果を追加します。

ベクトル消しゴムを使用して、重なり合う線を消去します。

仕上げ:

2C。文字をマージする

上記のように文字をマージすることもできますが、CSP内で変換したり、他のアプリからインポートしたりすると、次の例のようになります。

ベクトル消しゴムを使用するか、別のベクトルアプリでブール演算(和集合)を使用して文字をマージできます。 Vectornatorの例:

次に、インポート後にテキストを装飾します。

上記の装飾の縮小選択を行う方法:

この派手な効果は、カラーコミックに適しています。

私のチュートリアルで何か役立つものが見つかることを願っています!私のチュートリアルが気に入ったら、私のページにアクセスしてください。チャットしましょう:D

https://www.facebook.com/meomeongungu
https://meomeongu.wixsite.com/duongthibinhminh/

https://twitter.com/chatte_rose https://twitter.com/chatte_rose

コメント

新着

公式 新着