Clip Studio Paintで爬虫類をペイントするチュートリアル

598 view

1.この記事について

爬虫類のペイントは複雑であると考えることができます。アーティストは通常、スケールの詳細に注目し、イラストのより大きな領域の影を無視するためです。そのため、このチュートリアルでは、ボリュームの錯覚を作成できるように、最初に図面全体に影を付けることに焦点を当て、次に、より細かいブラシを使用して詳細のシェーディングに道を譲ります。
私はソフトウェアの英語版を使用しており、キャプチャと名前の両方がこのバージョンのものであることを覚えておいてください。

2.従うべきステップの要約

私たちは爬虫類の絵を描き始めます。以下では、明るい灰色のレイヤーを配置し、濃い灰色の線をペイントします。両方のレイヤーをマージして影をペイントし、図面の線をぼかし、縮尺の詳細を作成し、図面に色を付け、最後にライトを配置します。このチュートリアルでは、プログラムに既にインストールされているブラシを使用します:カラーエッジ水彩と滑らかな水彩を実行します。

3.初期図の記入

私たちは、輪郭が描かれた未塗装の元の図面に基づいて作業を開始しました。現時点では、ライトとシャドウを与えることだけを心配します(グレートーンを使用します)。後で色を配置します。

アウトラインレイヤーに配置し、[マジックワンド]ツールをクリックし、[サブツールの自動選択]メニューで[選択した編集レイヤーのみを参照]オプションを選択し、図面の外側でマウスを左クリックしてパーツを選択します。その外部、[Ctrl + Shift + i]で反転させ、爬虫類のシルエットを選択します。

[レイヤー]タブに移動し、描画の線の下に配置する新しいレイヤーを作成します。これをSilhouetteと呼びます。

このレイヤーで、グレーの色を選択し、[Alt] +バックスペース(スペイン語キーボードのバックスペース)キーを押して選択範囲を埋めます。この方法で、図面のシルエットの内側をペイントします。

再び[レイヤー]タブに移動し、アウトライン描画の線があるレイヤーを選択し、[Ctrl] +マウスの左クリックでアウトライン描画のあるレイヤーのアイコンを押して線を選択します。
次に、図面を塗りつぶすために使用した色よりも濃い色の灰色を選択し、その色で線を塗り、[Ctrl] + Back Spaceを押して選択範囲を塗りつぶします。

4.より大きな影を与える

ブラシを選択します:[水彩>ランニングカラーエッジ水彩]

次に、このブラシを構成する必要があります。このために、メインメニューの[ウィンドウ]> [サブツールの詳細]に移動し、[ブラシの形状]タブで[エアブラシ]オプションを選択します。次に、[ブラシの形状を適用]ボタンを押します。

ブラシのサイズを選択し、[ブラシサイズ]をクリックして、頭と首をシェーディングできる大きなサイズ(サイズ200など)を選択します。

次に、新しいレイヤーを作成し、レイヤーモードとして[乗算]を選択します。

[レイヤー]タブ(レイヤー)の上部にある[下のレイヤーでクリップ]ボタンを押して、下のレイヤーのコンテンツに対応する領域のみをペイントします。

[スポイト]ツールを使用して(ブラシをアクティブにした状態で[Alt]を押す)、爬虫類のシルエットを塗りつぶしたのと同じ色を選択します。

ブラシセットが既に設定されているので、細部に止まることなく、描画のボリュームが最大の領域に対応するシャドウのペイントを開始します。

5.中サイズの影を与える

前のケースで行ったように、ブラシのサイズを変更して、サイズを50に減らします。

6.より小さな影を与える

次に、この同じレイヤーで、細部にあまり注意を払わなくても、ボリュームの小さい領域に影を付け始めます。今のところのアイデアは、フォームが定義されているということです。

7.図面の詳細を定義する

ブラシを再びサイズ10に縮小します。

次に、影の投影に加えて、図面の詳細(スケール、目など)を定義します。

この最後のシェーディングが完了したら、トカゲのシルエットを含むレイヤーのコピーを作成し、これをラインのレイヤーとシャドウをペイントしているレイヤーとマージします。

オプション:これまでに進めてきたものが失われないように、ペイントしたレイヤーを複製し、コピーのペイントを続けることをお勧めします。エラーが発生した場合、この時点から開始できます。この新しいコピーでは、[下のレイヤーをクリック]オプションも有効にします

オイルブラシを選択します[滑らかな水の色]

このレイヤーでは、ツール[Eyedropper]を使用して、描画の線に隣接する色(ペイントの必要性に応じて明るいか暗い)を使用し、同じ線にペイントします。
ブラシに加える圧力に応じて、濃く塗ったり、色を混ぜたりします。私たちの目標は、線を消して、形だけが光と影を通して見えるようにすることです。形状を適切に定義することについて心配することはありません。これは後で行います。

フォームの輪郭は、光の影響を受けるため、常に同じ厚さになるとは限りません。陰が多い部分では厚くなり、光が多い場合は薄くなります。

同じブラシで、スケールのスキンラインを追加します。これらの線は、描画をオーバーロードせずにテクスチャを与えるために非常に柔らかくなければなりません。

ここで、これまで使用していた色よりも濃い灰色を選択します。この色を使用して、スケールの最も暗い輪郭を定義します。

8.図面のコントラストを上げる

図面のシェーディングが完了したら、メインメニュー[レイヤー>新しい修正レイヤー>レベル修正]に移動し、レベルレギュレーターバーを移動して、画像がより鮮明になり、細部がよりよく認識されるようにします。

9.色を与える

キャラクターのシルエットを含むレイヤーのコンテンツを選択します。この選択により、48%の透明度で、レイヤーモード[乗算]で新しいレイヤーを作成します。

この新しいレイヤーをキャラクターのメインカラーで塗りつぶします。この場合はグリーンになります。

この新しいレイヤーでは、[Smooth water color]ブラシを他の色と一緒に使用して、目、牙、後鱗、胸の内側をペイントします。

ここで、ペイントしたばかりのこのレイヤーを複製し、メインメニューに移動して、[レイヤー]> [レイヤーの複製]を選択し、レイヤーモードを[色]に変更し、不透明度を65%に変更します。

10.ライトの追加

ライトを配置する新しいレイヤーを作成します。レイヤーは不透明度58%の[追加]モードでなければなりません。

[水彩]> [ランニングカラーエッジ水彩]ブラシを選択し、メインメニューで設定し、[ウィンドウ]> [サブツールの詳細]> [ブラシ形状]をクリックし、[スプレー]を選択して[ブラシ形状の適用]ボタンを押します。

このブラシを使用して、キャラクターの詳細(歯のスケールや輝きなど)を強調表示し、テクスチャを与えるライトのペイントを開始します。
ライトは、照らされたエリアの中央部分で常に強くなり、影付きの部分では、それらは少なく、強度が低くなります。

11最終仕上げ

メインメニューで、レイヤー>新しい補正レイヤー>カラーバランスを選択します。

色の色相を次のように変更します-目的の結果を取得します(たとえば、C 24、M -17、Y 21)。

次に、明るさとコントラストを変更します。そのために、メインメニューに移動し、[レイヤー]、[新しい補正レイヤー]、[明るさ/コントラスト]の順に選択します。

明るさとコントラストを変更して色をより強調します。無理をしないようにこれらの変更を行います。そうしないと、これまでに達成された詳細の多くが失われます(たとえば、明るさ45やコントラスト45)。

これで、図面が完成します!

これらのような図面をもっと見たい場合は、Instagram @javiergomezgarateと私のウェブサイトでフォローしてください:

http://ilustradorenmadrid.com

コメント

関連する記事

新着

公式 新着