線画とインクのヒント

2,927 view

こんにちは! ♡このチュートリアルでは、線画を作成するときに使用する構成と手順、役立つツール、およびいくつかの役立つヒントを簡単に示したいと思います。

スタイルとツール

線画は多くの異なるスタイルと用途をカバーでき、カラーイラストと白黒のインク画像の両方に使用できます。または、ある種のディザリングで使用できます...

作業をより簡単かつ迅速に行うために、描画を開始する前に、どのスタイルを実現するかを明確にすることが非常に重要です。このヒントでは、結果が異なるにもかかわらずプロセスが同じであるため、線画とインクについてのみ説明します(画像に要素を追加することはありません)。

ツールから始めましょう:

✦使用するブラシは何ですか? ✦

インクを塗るのに最適なツールは、CLIP STUDIOPAINTの鉛筆とペンのセクションにあります。

ストロークの太さ、テクスチャ、または不透明度が異なるさまざまなブラシがあります。慣れていない方は、描き方によっては、どれが一番好きで、もっと快適かを試してみることをお勧めします。また、数回ストロークすると、描画を開始する前にウォームアップするのに役立ちます。

CLIP STUDIOASSETSマテリアルクラウドで新しいブラシを検索することもできます。

このチュートリアルの描画には、テクスチャペンを使用しました。

これらは、私が通常線画を作成するために使用するいくつかのブラシです。
-G
-本物のG
-丸
-濃い鉛筆

https://assets.clip-studio.com/es-es/detail?id=1730414

✧心に留めておくべきこと✧

1)ブラシのサイズは、画像の見栄えを良くするために重要です。たとえば、細い線はテクスチャを作成するために使用され、太い線は図の輪郭を際立たせます。

約2000pxの解像度の場合、10〜30のサイズを使用できます。

ペンの筆圧を設定して、線の太さをより細かく制御することもできます。これを行うには、筆圧設定メニュー([ファイル]> [筆圧設定])に移動します。曲線を変更するときは、「設定を確認する」オプションを選択できます。また、構成を「より硬く」または「より敏感」にするかどうかを選択できます。

線画の場合は、穏やかな圧力を使用することをお勧めします。必要なテストを実行し、「完了」を押して変更を適用します。

2)線がきれいに見えるはずです。これを行うには、ツールのプロパティで「安定化」機能を使用します。これを使用して、線の硬さを変更できます。値0と100は、この関数の最も極端なポイントであり、その効果があまりにも顕著であるため、お勧めしません。通常の取り扱いでは20を使用することをお勧めします。さらに安定させる必要がある場合は、最大80に到達するのが最善です。

3)▧個人的なヒント▨線画を作成するとき、私は色を黒、白、「透明」に設定しました。 「透明」は、使用しているブラシを維持することで消しゴムとして使用できます。つまり、同じ太さ、テクスチャ、不透明度の設定を使用して線を修正できます。

次の画像は、2種類のブラシで「透明」カラーと消しゴムを使用して消去する例です。

処理する

☆すべての準備ができたので、描画プロセスを開始できます☆

できるだけ完全なスケッチから始めてください。インクを塗っているときに邪魔にならないように、きれいな絵でインクを塗る方がはるかに簡単です。快適になるまで、スケッチを数回繰り返す必要はありません。

(シャドウがどこにあるかを参照するために、別のレイヤーを使用してスケッチの一部の領域にグレーを追加することがあります。この手順は、インクを塗るときにも非常に役立ちます)

✦LINEART✦

次のレベルは線から始めることです。ここでは、影やその他の要素を使用せずに、スケッチの線画を詳しく説明します。冒頭で述べたように、さまざまな太さの線を使用して描画ボリュームを与えることができます。シルエットの周りに太いストロークを使用すると、細部から描画を際立たせることができます。

✧ENTINTADO✧

次のステップは、インクを塗ることです。これを使用すると、暗い色調の領域を塗りつぶしたり、影を追加したり、いくつかのテクスチャにマークを付けたりすることができます。黒い色を追加する時が来ました。

領域は暗いですが、区別できる必要があります。これを実現するには、影の形(例:スカートのひだ)で遊んだり、パターンやテクスチャを作成して、さまざまなレベルの暗さ(例:右腕の領域)を作成したりできます。

この場合、衣類のよこ糸はすべて手作業で作られ、隠された腕のよこ糸は特別な平行曲線のルールで作られています。ストレートルーラーもうまく機能します。重要なのは、それがフィギュアの形に適応することです。両方の方法を使用できます!

✦詳細✦

描画プロセス全体が完了したら、装飾や細部を追加できます。この最後の手順は、明るい領域または明るい部分を含める場合に、白色を使用すると便利です。図面はほぼ完成しているので、正しくないと思われる領域を確認することもできます。

この画像では、主に小さなハイライトが目に追加され、髪の毛がテクスチャリングされ、スカートの内側の領域とプリーツが修正されています。残りの詳細は、いくつかの線を修正し、誤って表示されたストロークを削除することで構成されています。

✧線画をきれいにする✧

最終的な画像が白黒の場合、白で直接描画しても何も起こりません。ただし、線画を使用して色を追加する場合(または他の用途)は、図面をクリーンアップして、黒でペイントされた領域のみを残す必要がある場合があります。

機能([編集]> [明度を不透明度に変換])を使用すると、黒の色合いを損なうことなく、白い領域を透明なピクセルに変換できます。

⚠注意⚠-この方法は、純粋な白黒画像でのみ100%機能します。純粋な白は最高の明度であり、最低の不透明度になります(つまり、透明になります)。純粋な黒では、逆のことが起こります(最小の明度=最大の不透明度)。

画像にグレートーンが含まれている場合、これらは明るさのレベルに応じて不透明度を多少下げますが、完全に消えたり、そのまま残ることはありません。

作業時のヒント

⭑実践テクスチャ⭑

毎日、またはこのタイプの描画を開始するたびに、アウトラインを練習することを強くお勧めします。これを行うには、キャンバスを開いてさまざまなパターンやテクスチャを繰り返し、ストロークの圧力、線の方向を変更します...

一部のストロークが他のストロークよりも優れていることに気付くでしょう。これらの演習を繰り返すことで、このタイプの作業に徐々に慣れ、より高品質の輪郭、ボリューム、テクスチャを簡単に作成できるようになります。

⭒腕の動き⭒

描くのは手だけではありません。腕全体が同時に働き、さまざまな種類の線を作成します。手首を回すと(1)、肘と前腕を動かすと、短くて正確な線を描くことができます。長い線をより適切に制御できます(2)。ショルダーを使用すると、さらに長いストローク(3)を作成できます。これは、風景やエフェクトライン、大判での作業、またはキャンバスの一方の端からもう一方の端に線を引く必要がある場合に非常に便利です。

ご覧のとおり、曲率が小さくなり、長さが長くなります。前のセクションのように、腕の動きを練習することは良い学習です。

⭑キャンバスの回転⭑

一部の線が他の線よりも簡単な場合もあれば、手が一方向にのみうまく機能する場合もあります。 CLIP STUDIO PAINTには、画像ブラウザにキャンバスを回転させるための多くの機能があります。手を回せない場合は、絵を回してください!

左から右に、次のことがわかります。
-左回転
-右回転
-キャリブレータ(ポイント0.0で画像をまっすぐにします)
-水平に反転
-垂直に反転

⭒ズーム⭒

デジタルアーティストの主な間違いの1つは、描画時に正しいズームを使用しないこと、後で表示されないほど小さい領域の詳細、または詳細がほとんどないほど遠くから描画することです。このエラーはどのように修正できますか?ブラウザウィンドウのズームオプションには、次の機能があります。

これを選択すると、画像は自動的に100%、つまり図面の最大サイズに配置されます。後で理解されない詳細やエラーに時間を無駄にしないために、100%ズームを超えないようにすることをお勧めします。

その右側には「フルスクリーン」ボタンがあり、ウィンドウ全体にキャンバスを配置します。これらの2つの倍率マージン(「フルスクリーン」〜100%)の間での作業に慣れている場合は、この問題を克服するのがはるかに簡単になります。

⭑セカンドウィンドウ⭑

これは、図面を完全に配置したときに、描画しているものが見栄えがよいかどうかを知るのに役立つもう1つのオプションです。 ([ウィンドウ]> [キャンバス]> [新しいウィンドウ])に移動すると、キャンバスの新しいビューが開きます。

新しいウィンドウに画像をフルサイズで配置し、ドラッグしてサイズを変更し、目的の場所に配置します。次に、最初のキャンバスで画像を拡大して、描画を開始します。新しいビューアでは、フルサイズで正しく表示されているかどうかを確認しながら、狭い領域で快適に作業できます。

°˖✧END✧˖°

これでこのチュートリアルは終わりです。最後まで読んでくれてありがとう、線画について私ができるすべてのアドバイスがあります。それらがお役に立てば幸いです。 (๑•̀ㅂ•́)و✧


『夢中』

https://www.instagram.com/kime.kuu/?hl=es

https://twitter.com/kime_kuu https://twitter.com/kime_kuu

コメント

関連する記事

新着

公式 新着