CLIP STUDIO PAINTのテキストツールをアンロック!

5,615

simonwl

simonwl

CLIP STUDIO PAINT を使い始めた方は、テキスト ツールの機能をすべて知っているわけではないかもしれません。これは、その機能のかなりの部分が隠されているためです。それでは、テキスト ツールの秘密を解き明かし、より効果的に使用する方法を学びましょう。

 

このチュートリアルのテキスト版を読み続けることも、ここでビデオ版を視聴することもできます。

サブツールの詳細でオプションのロックを解除する

「ツールプロパティ」ウィンドウの右下隅に小さなレンチアイコンがあります。これは「サブツールの詳細」オプションを表します。このウィンドウは、「ウィンドウ > サブツール詳細」から起動することもできます。

この新しいウィンドウには、現在選択しているツールの追加オプションのセット全体がリストされます。

 

「でも、一部のオプションを別ウィンドウで隠すのはちょっと不便ではないですか?」と思われるかもしれません。 -そしてそれは本当です!これは、ツール プロパティ ウィンドウでこれらすべてのオプションの表示/非表示を切り替えることができる理由でもあります。オプションの左側にある矢印ボタンの左側にある灰色のボックスをクリックするだけです。これにより、ボックスに目のアイコンが表示されます。これは、このオプションが [ツール プロパティ] ウィンドウに表示されることを意味します。同様に、目のアイコンをクリックしてオプションを再度非表示にします。

素晴らしいのは、これがテキスト ツールだけでなく、すべてのツールに適用されることです。 [サブツールの詳細] ウィンドウには、これまで知らなかった追加機能が隠されている可能性があるため、必ず調べて試してください。

ただし、このビデオの焦点は依然としてテキスト ツールです。それでは、CLIP STUDIO PAINTでテキストを操作するときに便利な、アクセスできるオプションのいくつかを見てみましょう。

テキストとテキストボックス

非常に基本的なことに戻りましょう。テキスト ツールを初めて使用する場合は、おそらく次のように使用することになるでしょう。

 

キャンバス上の任意の場所をクリックして、入力を開始します。これにより、キャンバス上にテキストが作成されます。

ツールプロパティウィンドウの「ドラッグ」ドロップダウンメニューに気づいたかもしれません。デフォルトでは、これは「なし」に設定されている必要があります。ただし、ここで「テキストボックスの作成」を選択することもできます。試してみましょう。

このオプションは、単にクリックしてテキストを作成するのではなく、テキスト ボックスを作成することを意味します。

 

しかし、違いは何でしょうか?

 

1 つは、テキスト ボックスはテキストに使用できるスペースを制限することです。

CLIP STUDIO PAINT 2.0のテキストボックスでは、デフォルトで「テキストをフレームで折り返す」オプションが選択されています。これは、テキストがテキスト ボックス フレームの幅を超える場合、代わりに新しいテキスト行が作成されることを意味します。

 

このオプションは、[サブツールの詳細] > [テキスト] ウィンドウとメニューにあります。選択または選択解除すると、テキストをテキスト ボックスに変更したり、その逆を行うことができます。

 

もう 1 つの違いは、テキストとテキスト ボックスの変換方法です。これらの両方の例をさらに狭くしてみましょう。

通常のテキストは潰れて変形しますが、テキスト ボックスでは、改行が追加されることを除いて、テキストが同じままになります。

吹き出しの基本

CLIP STUDIO PAINTのテキストツールを使用している場合は、それを使用してコミック、マンガ、ウェブトゥーンを作成する可能性があります。このような場合、吹き出し内にテキストを表示したい場合があります。

 

ここで、吹き出しを別のレイヤーに手動で描くことも、CLIP STUDIO PAINTの「フキダシ」ツールを使用することもできます。すでにテキスト レイヤー (通常のテキストでもボックスでも) が存在する場合は、そのレイヤーを選択し、「バルーン」サブ ツールの 1 つを選択し、クリックしてドラッグして吹き出しを作成し、そのテキストにリンクします。あるいは、「バルーン ペン」ツールを使用して吹き出しを手描きすることもできます。ただし、バルーン ツールを使用すると追加の利点が得られます。

 

より複雑な吹き出しの形状を作成したい場合は、吹き出しツールを複数回使用できることに注意してください。 「尾」ツールを使用して、バルーンに 1 つまたは複数の尾を追加することもできます。

ここで移動ツールを使用すると、吹き出しとテキストが一緒に移動することがわかります。しかし、テキストの配置やバブルのサイズなどに満足できない場合はどうすればよいでしょうか?

 

オブジェクト ツールを使用する場合、テキスト、バブル、尾部の両方を個別に選択できます。テキスト ツールを使用することもできますが、その場合はテキストのみを選択でき、他の要素は選択できません。

 

バブルの線の色、塗りつぶしの色、ブラシ サイズ、さらにはブラシ スタイルを調整することもできます。

最後に、「線の修正」ツールとそのすべてのサブツールを使用して、すでに描画されているバルーンをさらに変更できます。つまり、線をピンチしてドラッグしたり、線を単純化したり、個々の制御点を変更したり、単に線の幅を増減したりできるということです。

 

バルーン ツールの使用には多くの複雑な点がありますが、これらはツールを使い始めるために必要な基本です。

テキストのスタイルと書式設定

吹き出し内の実際のテキストに戻りましょう。

 

最も重要な機能の 1 つは、フォントとテキスト サイズを選択できることです。テキスト ボックス内では、配置も関係します。漫才を作成する場合、ほとんどの場合、これを左右に揃えるのではなく「両端揃え」にする必要があるでしょう。

 

ただし、テキストを調整するためのオプションがさらにいくつかあります。サブツールの詳細 > フォント > 水平または垂直比率オプションを使用して、個々の文字を押しつぶしたり引き伸ばしたりすることができます。

私が役立つと思う使用例の 1 つは、フォントに存在するダッシュよりも長いダッシュが必要な場合に、水平比率を増やすことです。

 

文字間隔オプションを使用すると、個々の文字間のスペースをより狭くまたは広く表示できます。私の意見では、これは、キャラクターが速くまたはゆっくりと話しているように見せるための興味深いオプションである可能性があります。ただし、読みやすさを常に念頭に置き、極端すぎる値を選択しないことが重要です。

同様に、「行間/配置」セクションでは、テキストの各行間のスペースを調整できます。

 

スタイル オプションを使用すると、使用するフォントにこれらのオプションが含まれていない場合でも、テキストに斜体や太字の効果を簡単に与えることができます。

テキストアウトラインの作成

「フォント」セクションのオプションの 1 つに「アウトライン」があることに気づいたかもしれません。これにより、テキストが全文ではなくアウトラインとしてのみ表示されるように変更されます。私の使用法では、このオプションが特にうまく機能するとは思えません。アウトラインの太さのオプションが 2 つしかないため、読みにくくなります。テキストにアウトラインを追加したい場合は、次の方法をお勧めします。

 

テキストが独自のレイヤー上にあることを確認してください。

 

テキストレイヤーにすでに吹き出しが含まれている場合は、オブジェクトツールで文字のみを選択し、「編集>切り取り」で文字を切り抜きます。

 

次に、新しい空のレイヤーを追加し、「編集 > 貼り付け」を使用してテキストを独自のレイヤーに配置します。

 

次に、「レイヤープロパティ」ウィンドウを開きます。

 

ここでは、「効果 > 境界線効果」オプションを選択します。

 

枠線の色と太さをお選びいただけます。

 

もちろん、これはテキストレイヤー全体に当てはまります。 1 つの単語のみを強調表示したい場合は (「アウトライン」オプションで可能)、この方法を使用することをお勧めしますが、効果を得るには複数のテキスト レイヤーを使用します。

フォントリスト

フォントを選択するとき、下部に「すべてのフォント」というドロップダウン メニューが表示されることに気づくかもしれません。このメニューを使用すると、フォント リストを作成したり、フォント リストから選択したりできます。たとえば、多数のフォントがあり、それぞれがさまざまなフォントを使用する複数の異なるコミックに取り組んでいる場合、これは時間を節約できます。こうすることで、必要なものを見つけるために何度もスクロールする必要がなく、よく使うものにすばやくアクセスできます。

フォントリストを作成するには、「すべてのフォント」の横にある歯車アイコンをクリックします。ここで、左下隅をクリックして新しいフォント リストを作成できます。ここで、リストに含めたいフォントの横にチェックマークを入れるだけです。 [OK] を押すと、次回開いたときにドロップダウン メニューからフォント リストを選択できます。

フォント リスト メニューのもう 1 つの便利なオプションは、フォントのリストの表示方法を切り替えることができることです。フォント名のみ、フォント内に表示されるフォント名、またはフォント内に表示される現在選択されているテキストのいずれかになります。

合字

サブツール詳細ウィンドウの「フォント」セクションにあるもう 1 つのオプションは「合字」です。デフォルトでは、これは有効になっています。 CLIP STUDIO PAINT 2.0で追加された新機能です。

 

合字とは何ですか?これらは 2 つの特定の文字の組み合わせです。すべてのフォントにそれらが含まれているわけではありませんが、いくつかのフォントには含まれています。特に手書きフォントの場合、このオプションを使用すると、テキストの表示方法に多様性が生まれ、手書きの雰囲気が高まります。このオプションを有効にすることを強くお勧めしますが、何らかの理由で特定のフォントの合字の見た目が気に入らない場合は、これでオプションをオフにする方法がわかりました。

テキストの変換

次に、「変換設定」セクションと「モード」オプションを見ていきたいと思います。サイズ変更ハンドルを使用するときにテキストをどのように変換するかを選択できます。デフォルトでは、これはスケール/回転に設定されています。しかし、テキストを「斜めにする」オプションがあるのは興味深いことだと思います。

アートワークの変換に慣れているように、テキストにさらに大幅な変換を適用したい場合は、それが不可能であることがわかります。たとえば、メッシュ変換ツールは、テキスト レイヤーが選択されている場合には使用できません。

 

ただし、現在のレイヤーのコピーを作成し、そのコピーをラスター化し、そのコピーを変換することはできます。このようにして、キャラクターがぼうっとしているように見えたり、疲れているように見えたり、あるいは遠くで何かを叫んでいるだけなど、興味深いテキスト効果を作成できます。

CLIP STUDIO PAINTで文字を作成する5つのヒント

テキスト ツールには他にもたくさんの機能がありますが、私が個人的に関する限り、用途は限られています。いずれにせよ、この概要がツールの基本的な理解、あるいはさらに深く理解するのに役立つことを願っています。

 

このチュートリアルを終える前に、テキストを使用するための 10 の重要なヒントを残しておきたいと思います。これらのヒントの半分は CLIP STUDIO PAINT の機能について説明し、残りの半分はコミックにおけるテキストの使用方法全般について説明します。

ヒント 1: テキストの複数のインスタンスを一度にフォーマットする

テキストツールを選択し、サブツール詳細ウィンドウを開き、「操作」セクションに進みます。ここでは「ドラッグ」オプションを選択できます。これにより、テキスト ツールをクリックしてドラッグしたときに何が起こるかを決定できます。デフォルトでは新しいテキストボックスが作成されますが、ここでは「テキストの選択」に切り替えてみましょう。次に、「プロパティの編集」セクションに移動し、「選択したテキストに適用」を選択します。これで、テキストを選択すると、加えた変更が、選択したすべてのテキストまたはテキスト ボックスに適用されます。

これは、たとえば、すでに大量のページを作成した後でコミック内のフォントを切り替えることにした場合に、時間を節約する簡単な方法です。

ヒント 2: テキストのデフォルトの書式設定を作成する

テキストが選択されていない場合、テキストのスタイルと書式設定を変更すると、新しいテキストを作成するときに常に現在のオプションが適用されるようになります。

これの素晴らしい点は、特定のテキスト オプションをサブツールとして保存し、それに応じた名前を付けることもできることです。さまざまな書式スタイルを切り替えると、時間を大幅に節約できる可能性があります。

ただし、これを機能させるには、現在選択されているテキスト レイヤーの選択を解除する必要があります。それ以外の場合は、現在選択されているレイヤーのスタイルがコピーされます。

ヒント 3: 単一のレイヤーにテキストの個別のインスタンスを含める

複数の図形が接続された複雑な吹き出しを作成する場合は、1 つのレイヤーに個別のテキスト ボックスを作成する必要がある場合があります。

サブツール詳細ウィンドウの「設定の編集」セクションに「追加方法」オプションがあります。デフォルトでは「位置検出」に設定されています。つまり、クリックまたはクリックしてドラッグして吹き出し形状内にテキストを追加すると、同じレイヤーにテキストが自動的に追加されます。図形の外側をクリックすると、新しいテキスト レイヤーが追加されます。このオプションを変更して、常に新しいレイヤーを作成するか、常に選択したテキストに追加するようにすることもできます。

テキスト レイヤーやバルーン レイヤーで「レイヤーを結合」機能を使用すると、編集機能を維持したまま、それらの要素も同じレイヤーに結合されることに注意してください。

ヒント 4: 「レイヤーの検索」を使用してテキスト レイヤーをすばやく見つけます

多数のレイヤーを含む大きなファイルで作業している場合、これにより時間を大幅に節約できます。「ウィンドウ > レイヤーの検索」メニューを開きます。ここのドロップダウンメニューで「テキスト/フキダシレイヤー」を選択します。このタイプの利用可能なレイヤーがすべてリストされていることがすぐにわかります。

ヒント 5: 配置ツールを使用してテキストを均等に配置する

「ウィンドウ>整列・配置」メニューを開きます。 CLIP STUDIO PAINT 2.0 のこの新機能を使用すると、テキストをすばやく整然と配置できます。この機能の詳細については、私の別のチュートリアル「位置合わせと分散をいつ使用する方法と場合」を参照してください。

漫画のテキストを美しく見せるための 5 つのヒント

ヒント 1: フォントを使用する場合でも、特殊なテキスト インスタンスは手書きで作成してください

先ほどのキャラクターの叫びの例を見てみましょう。テキストを変形することでかなりクールに見せることができましたが、同じ文字が何度も繰り返されているだけなので、少し退屈で味気ないものに見えます。

このような場合、テキストを手書きすると便利だと思います。もう少し手間がかかりますが、かなり面白くなるでしょう。

ヒント 2: 吹き出しを多用しない

これまでに説明したように、レイヤーごとに個別のバルーン シェイプとテキスト ボックスを作成し、それらをテール フィーチャに接続することもできます。漫画に長いテキストを入れるときは、これを利用することをお勧めします。場合によっては大量のテキストが必要になることがありますが、分割することで非常に読みやすくなります。また、人々がそれを読むため、会話の中に精神的な一時停止が生まれやすくなります。これにより、対話がより自然に見えるようになります。

ヒント 3: 独自のフォントを作成する

これは、コミックに独特の美しさを与えるのに役立ちます。フォントを作成する方法はたくさんありますが、個人的には Calligraphr を使用し、非常に便利で使いやすいサービスであることがわかりました。

ヒント 4: テキスト サイズを統一するように努める

コミック内のすべての会話で単一のテキスト サイズにこだわることの利点は、より大きいまたはより大きいテキスト サイズを使用して会話をより大きく、またはより静かに伝えることができることです。もちろん、小さな変化は気づかれないかもしれませんが、いざというときにテキストを入れる余地を見つけるのに役立ちます。

理想的には、最初からそのようなことを行う必要はありません。これが私の最後のヒントになります。

ヒント 5: 漫画ページを作成するときは、最初にすべてのテキストを追加することから始めます

コミックをスケッチする前に、まずコミック ページのスクリプトからすべてのテキストを追加すると、非常に便利です。これは、アートに使用できるスペースがどのくらいあるのかを確認するのに役立ちます。漫画を読んでいて、吹き出しが後付けのようなコマがあるのは、個人的には絵のかなりの部分を覆い尽くしているようであったり、構図が窮屈に見えたりするので嫌いです。

テキストを最初に配置することで、特定のページ内の会話の量を減らす必要があるかどうかのアイデアが得られ、アートに利用できるスペースがどれくらいあるかが正確にわかります。また、テキストを中心に構成を計画することができます。テキストを構成に合わせるため。

ありがとう!

これで終わりに到達しました!読んだり見たりしていただきありがとうございます - いつものように、ご質問がございましたら、以下にコメントしていただければお答えさせていただきます。

コメント

新着

公式 新着