CSPイラストのベクトル化されたカットラインが簡単になりました

1,689 view

Clip Studio Paintは優れたベクター機能を提供しますが、残念ながら他のベクタープログラムとの互換性がないため、印刷には使用できません。

残念ながら、ほとんどのベクタープログラムは使用するのが非常に面倒で、素人にとっては複雑すぎます。

このチュートリアルでは、Kiss&Cut Stickerを使用して、Clip Studioのイラストのカットラインを数回クリックするだけで作成する方法を紹介します。

Kiss&Cutステッカーを既に知っていますか?

アーティストの間では、彼らは大人気を博しています。ステッカーは、その形状に応じて事前にカットされており、簡単に取り外すことができます。

プリンターには、Fomzusschneeidungenのベクトル化されたカットラインが必要です。

これらを作成するには、CSP pro、またはEXとなどのベクタープログラムが必要です。アドビイラストレーター

ステップ1

最初のステップでは、CSPでステッカーシートを作成します。

ファイルにクリッピング境界線が含まれていることを確認してください

私の場合、ステッカーシートのサイズは90x160mmでなければなりません

プリンターに必要なトリム* 3mm

->それで、私のファイルは96x166mmのサイズを持っています。

次のステップでは、背景を作成してステッカーを配布します。

背景とステッカーが2つの別々のレイヤーまたはフォルダーにあることを確認してください。

次のステップでは、ステッカーを白い輪郭で囲みます。

これを行うには、ステッカーでレイヤー/フォルダーをクリックし、「レイヤーのプロパティ」に移動して、少なくとも1mmの白い境界線を追加します。

次の手順では、対応するレベルの横にある目をクリックして、背景を非表示にします。いったん消えると、飛行機は見えなくなります。

これで背景が透明になります。

結果を.pngファイルとしてエクスポートします。

ステップ2

次のステップでは、杖を取り、写真の「空の領域」をクリックします

次に、[選択]-> [選択した領域を元に戻す]に移動して、選択を反転します。

次のステップでは、選択-> "選択範囲の拡大"を選択して、選択範囲を少なくとも1mm拡大します。

次に、新しいレイヤーを作成して、選択範囲をステッカーの輪郭と同じ色で塗りつぶします。

最後に、ステッカーを非表示にし、背景を再び表示したレイヤーを作成します。背景+塗りつぶし領域のみが表示されます。
この結果は、エクスポートされた.pngステッカーファイルとは異なるファイル名で保存されます。

ステップ3

次に、以前に保存した.pngファイルをClip Studioで開き、「透明ピクセルをロックする」オプションを選択します(レイヤーの上でそれらを見つけるため)。

その後、任意の色を取り、表面全体にペイントします。次に、別のファイル名で.pngとして結果を再度エクスポートします。

これで、3つのエクスポートファイルが作成されました。
1.輪郭付きのステッカーを含むpngファイル
2.輪郭面が拡張された背景ファイル
3.元の.pngファイルのシルエットを含むpngファイル

ステップ4

これで、CSPを閉じてベクターグラフィックスプログラムを開くことができます。私の場合、Adobe Illustratorを使用していますが、今では多くの無料の代替手段があります。

[ファイル]-> [新規]に移動し、次のウィンドウを取得します。

ここで、ステッカーのサイズ(90x160mm)とトリム(3mm)を別々に再度指定します。さらに、カラーモードCMYKが設定されていることを確認する必要があります

OKを押して、このファイルに似たファイルを取得します。
外枠にはトリムが表示されます。これが表示されない場合は、[表示]-> [アートボードを表示]に進みます。

次に、背景レイヤーをプログラムにドラッグし、黒い矢印「選択ツール」を使用して配置します。次に、ステッカーを置きます。

次に、対応するレベルの横にある空のボックスをクリックして、2つのレベルをロックします。
ロックが表示される場合、ロックされています。

ステップ5

これで、シルエットファイルをプログラムにドラッグして配置することができます。

ファイルには、選択する機能が必要です。下向きの小さな矢印をクリックして機能を追加し、「シルエット」を選択します。

プレビュー結果は黒になります。次に、「変換」を押します。

これで、同様の結果が得られます。
左上には、ベクトルを変更するオプションがあります。

赤い線の付いた白いアイコン(色なし)に左のボックスを置き、右のボックスにカットラインの色を選択します。そのすぐ隣で、輪郭の強度を定義できます。

カットラインの色はプリンターの仕様を満たしている必要があり、多くの場合、特別に作成して名前を付ける必要があります。印刷会社と同様に、関連するWebサイトで見つけることができる独自のチュートリアルがあります。

一般に、カットラインは100%マゼンタで、カットラインカラーなどの独自の名前が付いています。これを作成するには、CSPの新しいレベルについて知っているアイコンをクリックします。これで、新しい色を定義して名前を付けることができます。

これでカットラインができました!

次に、カットラインをエクスポートします。
[ファイル]-> [名前を付けて保存]に移動し、PDFを選択します。

ブリードを含むブリード全体がエクスポートされるように、ドキュメントのブリード設定が使用されていることを確認してください。

これで、カットライン付きのPDFが作成されました。すべて正しく行った場合、カットラインの色は後の印刷で見えなくなります。

これらはプリンタごとに異なるため、印刷会社の仕様を正確に読んでください。

シルエットテクニックは、あらゆる種類のカットラインに使用できます。このチュートリアルを支援し、作成しやすくすることを願っています。

https://www.yunuyei.com
https://www.facebook.com/yunuyei

*切り抜き

トリムは、「スピードカメラ」とも呼ばれる白いエッジがないことを保証する安全エッジです。

疑わしいものとは異なり、印刷ファイルは適切なサイズのシートに印刷されるのではなく、他のページと一緒に大きな用紙に印刷されるためです。
印刷後、レーザーを使用して適切なサイズにカットされます。これは100%正確に動作しないため、「ブリード」または「ブリード」に対応する耐障害性があります。
そのため、ページの周囲に白い境界線を描くことはお勧めできません。これは、レーザーが正確に機能しなかった場合に印刷で見えるようになるためです。

ここでもレーザーは100%正確に動作しないため、ステッカーのカットラインにも白い境界線が必要です。


ブリードをプログラムプリセットではなく手動で作成する場合は、各ページに追加する必要があります。
3mm 3mmのトリミングで、上、下、右、左が追加されます。
印刷文書は、元のサイズよりも幅が6mm長く、6mm長くなります。
ソース形式を表示するには、ガイドを使用できます。

このためには、「表示」->「ルール」でアクティブにします

これで、ドキュメントの周囲に測定テープが表示されます。
測定テープをクリックし、マウスの左ボタンを押しながらカーソルを移動すると、補助線を作成できます。

マウスの左ボタンを放すと、ガイドラインから離れて配置します。

このチュートリアルでは、手順1〜3でガイドを使用しました。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着