3Dモデルを機械風にみせる方法

609 view

皆さん、こんにちは。
このチュートリアルでは、Clip Studio Paintの3Dモデルツールを使ってロボットを描画する手順を紹介します。

今回使用する3Dモデルを紹介します。

https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1725718

まずは、こちらのモデルをキャンパスへ読み込んでみましょう。

キャンバス: 2000pixel×1500 pixel
解像度 : 72 pixel/inch
モード : RGB カラー

次に、骸骨モデルレイヤーの下に新規レイヤーを作成します。
そこに[3Dデッサン人形Ver.2(男性)]を読み込みます。

デッサン人形で骸骨を包むように同じポーズをとらせます。
デッサン人形の体形はメニューの[ウィンドウ]→[ツールプロパティ]・[サブツール詳細]から体型変更の+アイコンをクリックしメニューを開くと、自由に体型を変更できます。

※ツールプロパティの「光源の影響を受ける」のチェックをはずすと見やすいのではずしてください。

次に3Dデッサン人形のレイヤーをLT変換します。
[レイヤー]→[レイヤーのLT変換]を選択し、OKを押します。

骸骨モデルにも同様のLT変換をし、不透明度を55%に下げます。

機械っぽく見えてきました。

電磁を感じさせるような、色をのせました。
完成です。

最後までご覧いただき ありがとうございました。
このチュートリアルが皆さんのお役に立つことを願っています。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着