My Speed Painting-絵画にグロー効果を追加する方法

3,336 view
https://www.youtube.com/watch?v=YBURjutcvyw&feature=youtu.be

前書き

こんにちは。

私はEggylickyであり、このスピードペインティング全体を試してみるのは初めてです。 Clip Studio Paintを使用すると、アートの制作方法が本当に変わりました。ブラシやエフェクトなど、CSPが提供するすべてのものを使用するのが大好きです。
この特定のビデオでは、光る効果を調べ、それを自分で使用する方法を示します。 (理解するのに十分簡単にしたことを心から願っています。)
このスピードペインティングでは、作品のスケッチ、色付け、レンダリング、仕上げの一般的なプロセスをお見せしたかったのです。しかし、光る効果を追加する必要がありました。それは、私が通常自分のアートに追加するものだからです。
以下に、その方法に関するステップごとのヒントを示します。
ビデオとチュートリアルを確認していただきありがとうございます。このヒントを試してみてください。

スライド1

この最初のスライドでは、輝く効果を追加するペイントの部分に任意の色(この場合はオレンジと黄色)を追加します。ガッシュブラシを使用してこれを行い、ランダムに大きなストロークを追加します。

スライド2

ご覧のとおり、2番目のスライドでは、右側のレイヤー(スライド1で描いた)をクリックし、「ブレンドモード」(デフォルトセットは通常)でレイヤーの上をクリックします。 「VIVID LIGHT」モードを選択します。

スライド3

次のステップは、照明をもう少し試してみることです(オプション)。 [編集]タブ(ステップ1)をクリックし、[色調補正(D)]、[色相/彩度/明度(Ctrl + U)]を選択します。好きなものを見るために遊んでみてください(ステップ2)。

スライド4

これは非常に重要なステップです。私たちの輝きがそのように粗く見えないようにするために、ぼかし効果は物事を滑らかにするのに役立ちます。 [フィルター]タブ(ステップ1)をクリックし、[ぼかし]、[モーションブラー]の順に選択します。バーを中央に向かってスライドさせて、好みの方法で選択します。さらに、下の[方向]タブを[両方向]に設定します。 (ステップ2)。

スライド5

最終ステップはほとんどオプションですが、私は通常それを行います。ぼやけた光るレイヤーの上に、好きなブラシ(ガッシュブラシを使用)で細かい部分をあちこちに追加すると、作品がより生き生きしていて、少しカリカリに見えます(それが理にかなっている場合)。

ありがとうございました

これで終わりです。私はこれを楽しんでおり、このコミュニティの一員であることが大好きです。
好きにコメントしてください。あなたの考えを見てみたいです。

Instagramページも添付しますので、見つけてください:

https://www.instagram.com/eggylicky/

コメント

関連する記事

新着

公式 新着