印刷用はがき

35,904

ED.

ED.

はじめにとワークスペース

みなさん、こんにちは。このチュートリアルへようこそ。私の名前はエドです。最初から最後まで印刷用のはがきを準備する方法を紹介します。 Clip Studio Paintで作品を作成し、設定を調整し、PSDファイルをファイルオブジェクトとして使用し、印刷用にファイルをエクスポートします。

 

注:このチュートリアルは元々、Clip Studio Paintのバージョン1.9.3用に英語で書かれていました。

 

▼このチュートリアルで使用するワークスペースは、以下のリンクからダウンロードできます。

 

 

 

始めましょう!

 

 

ステップ1:印刷会社に連絡する

最初に行うことは、印刷するハガキ(または任意の印刷物)を送信する印刷会社に連絡することです。印刷プロセスについて疑問がある場合は、彼らに質問することができます。

 

開始する必要がある重要なポイントを次に示します。

 

[1]素材。さまざまな種類の紙と厚紙、光沢とマットがあり、g /m²と色が異なります。はがきの場合、約250〜350 g /m²の厚紙で十分です。

 

[2]カラープロファイル。すべての印刷物は通常、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックを表すCMYKを使用します。これらの4色から、印刷機はすべての色を再現します。

 

▼カラープロファイルについて詳しく知りたい場合は、以下を確認できます。

 

 

 

印刷会社に、使用している[カラープロファイル]について、または使用できるカラーガイドがあるかどうかを尋ねます。

 

▼ここでは、印刷されたガイドサンプルを見ることができます。

 

ガイドサンプルは、インスタンスごとのインク量をパーセントで示します。C100 M 30はシアン100%およびマゼンタ30%を表します。家庭用またはオフィス用のプリンター用に作成できます。

 

注:印刷されたガイドは、印刷システムと紙/厚紙の素材によって異なる場合があります。また、用紙が古くなると色が変わる可能性があるため、有効期限も確認してください。

 

[3]配達。印刷会社に印刷物の配達方法を尋ねてください。

 

a)解像度(通常は約300dpi)について、またファイルをブリードして送信する必要があるかどうかを尋ねます。

b)作品PSD、TIF、JPG(最良のオプションではない)、またはその他を送信するファイル形式。

c)一部の企業は、PSD、EPS、またはPDFドキュメントで既に印刷物のテンプレートファイルを持っています。ファイルをデザインで埋めるだけです。

 

ステップ2:アイデアをスケッチする

印刷会社から必要な情報をすべて収集したら、設計プロセスを開始できます。

 

■印刷されたポストカードまたはその他のグラフィック素材を探しているインスピレーションを検索できます。これは非常に重要なステップであり、特にこの分野での経験があまりない場合は重要です。問題を視覚的に解決する方法のさまざまなアイデアを調査し、それらを「ムードボード」にまとめることができます。

 

▲「ムードボード」は、画像、イラスト、フォント、色、ロゴ、効果などのさまざまな(印刷またはデジタル)の例を思い出します。アイデアは、例の1つをコピーするのではなく、要素を探索、分析、インスピレーションを得て、独自のデザインを作成することです。

 

注:画像の著作権を所有していないため、「ムードボード」の例を紹介することはできません。

 

ここで、簡単なスケッチ描画を行って、はがきの要素を配置する場所を視覚化することをお勧めします。 Clip Studio Paintでは、紙と鉛筆、チョーク、マーカー、またはデジタルでそれを行うことができます。

 

▼こちらが私のものです。 3番目のものを選択しています。

 

構図を視覚化するために、スケッチ描画を自分の近くに保つことを忘れないでください。 Clip Studio Paint内のレイヤーに配置することもできます。

ステップ3:Clip Studioの環境設定

次に、Clip Studio Paintで環境設定を設定して、はがきをデザインします。

▼[ファイル]> [設定]から:

 

[1]ルーラー/ユニットで、ユニットの長さをmmに変更します

 

[2]カラー変換で、使用するCMYKプロファイルを選択します。後でカラープロファイルを割り当てたり変更したりすることもできますが、最初に設定することをお勧めします。

 

注:このプロファイルを使用すると、モニター画面の色が良くなり、色が印刷されたガイドに似ているため、「Japan Color 2001 Coated」を選択します。

 

[3]新しいドキュメントを作成します。 [コミック]を選択[キャンバス]はがき-幅148mm×100高さmm- [解像度] 350白紙。印刷会社が指定した場合、[裁ち落とし幅]を追加できます。

これで、はがきの表面用と裏面用の2つの[レイヤーフォルダー]を作成できます。

 

▼トンボ、裁ち落とし、安全マージンについて詳しく知りたい場合は、以下を確認できます。

 

 

[4] CMYKプレビュー。 [表示]> [カラープロファイル]> [プレビュー設定]から、[プレビューのプロファイル]を[設定]でCMYKに選択したものに変更します。 Windowsを使用している場合は、[使用するライブラリ]をMicrosoft ICMに変更し、[OK]を押します。

プレビューを使用すると、画面上のCMYKカラーをシミュレートできます。これは単なる近似であることを忘れないでください。正確な色を得るには、印刷されたカラーガイドを使用する必要があります。 [表示]> [カラープロファイル]> [プレビュー]からカラープレビューのオン/オフを切り替えることができます。

 

 

▼プロフィールのプレビューについて詳しく知りたい場合は、次を確認できます。

 

 

[5]印刷サイズ。 [ファイル]> [設定]から[キャンバス]を選択し、[ディスプレイの解像度] [設定]をクリックし、小さな定規で画面に表示されるものと一致させて[OK]を押します。

 

 

これで、サイズがはがきが印刷されるのを確認できます。これは、小さなテキストを読んだり、印刷サイズの効果や詳細を確認する必要がある場合に非常に役立ちます。 [表示]> [印刷サイズ]から印刷ビューのオン/オフを切り替えることができます。

ステップ4:CMYKカラーを使用する

まず、既存のロゴ/ブランドを既に持っているクライアントで作業している場合、CMYKでロゴ/ブランドに使用されている色を尋ねることをお勧めします。また、クライアントのブランドアイデンティティガイドラインで色を見つけることもできます。

 

多くのロゴには、黒、白またはグレーの単色バージョンのロゴがあります。このハガキでは、「GS」ギフトショップのロゴに青(印刷されたガイドから)を使用します。

 

[カラースライダー]をCMYKに変更し、新しいカラーセットを作成して色を保存します。

 

▼カラーセットの作成方法がわからない場合は、以下を確認してください。

 

▲[カラースライダー]を使用して、使用する印刷されたカラーガイドに基づいて色を作成します。ドロップ+アイコンを使用して、[カラーセット]に色を追加できます。

 

注:登録された色は、カラースライダーの値を変更する可能性がありますが、視覚的には同じように見えます。

 

▲追加のヒント:CMYKで黒を100%使用すると、本来のように暗く見えない場合があります。私は印刷会社に連絡しましたが、彼らは本物のダークブラックを得るためにシアン、マゼンタ、イエローの60%を追加する必要があると言いました。印刷会社に連絡して、それについて質問してください。

 

ステップ5:Clip Studioでグリッドを設定する

Clip Studio Paintでグリッドを設定して、スケッチに基づいてアイコン、リボン、線の描画を開始します。

 

[表示]> [グリッド設定]からグリッドを変更し、希望する分割数とギャップを選択できます。 [グリッドにスナップ]アイコンをクリックするか、ショートカットCtrl + 3を押してグリッドに基づいて線を描画してください。

 

■新しいドキュメントを作成します。イラストを選択[キャンバス]カスタム幅10cm×高さ10cm- [解像度] 350ホワイトペーパー付き。この正方形のドキュメントを使用して、ハガキのスケッチに基づいてアイコンを描画します。

 

 

▼[グリッド設定]ギャップ1 cmと分割数2を変更します。

 

[ワークスペース]を使用している場合は、ショートカットのShift + Gを使用してグリッドを表示/非表示にし、Alt + Gを使用してグリッド設定を変更できます。次のステップに進むには、[グリッドにスナップ]アイコンがアクティブになっていることを確認してください。

 

 

ステップ6:ベクトル線を描く

ここで、前の手順で作成した正方形のドキュメントにスケッチ描画からギフトアイコンを描画します。ラスターレイヤーの代わりにベクターレイヤーを使用して、品質を損なうことなくラインを変換できます。

 

■[新しいベクターレイヤー]を作成し、[直接描画]ツール(ショートカットU)から長方形を選択します。 [コーナーの丸み]を120に変更します。[グリッドにスナップ]アイコンをアクティブにして、キャンバス上でマウスをドラッグすると、形状がグリッドにスナップします。

 

 

 

[Direct Draw]から連続曲線を選択し、Cubic Bezierを選択します。 Illustrator、Inkscape、Affinity Designerなどのアプリ/ソフトウェアを使用している場合、この曲線は「ペンツール」に似ていることがあります。

 

 

▲[グリッドにスナップ]を使用して、連続曲線を使用して線を描画します。

[1]キャンバスをクリックして、描画を開始します。おそらく、次のクリックまで何も表示されません。

[2]グリッドをガイドとして使用してもう一度クリックし、直線を取得します。

[3]クリックしてドラッグし、丸い角を描きます。これで、描画を完了し、終了したらEnterキーを押すことができます。ダブルクリックすることもできますが、誤って別のポイントを作成しないようにしてください。

 

注:最後のポイントを削除する必要がある場合は、DELまたはBackspaceを押します。描画をキャンセルするには、ESCを押します。

 

 

▲デコレーションリボンをすばやく描画するには、ドキュメントの中央に対称ルーラーを使用します。新しいベクターレイヤーを作成して、ギフトボックスの上部に装飾を描画できます。

 

上で見たように線の描画を開始する前に、[特別な定規にスナップ]アイコンがアクティブになっていることを確認してください。

 

 

▼定規の詳細については、次を確認してください。

 

 

▲描画が終了したら、[ツールプロパティ]パレットから、[操作]ツール(ショートカットO)を選択してブラシサイズを変更できます。 Brush Sizeを40に変更し、ドキュメントを「Gift-Box-Lines」として保存します。

 

これらのヒントを使用して、他のアイコンも描画できます。ポリライン、楕円、ポリゴンなどのさまざまなサブツールを使用することもできます。

 

▼線画アイコンは次のとおりです。

 

 

■はがき文書に戻ります。ポリラインサブツールを使用して中心にリボンを描画し、色、ブラシサイズ、ブラシ形状を変更できます。ブラシの形状をスプレーに変更して、線にテクスチャを追加します。

 

 

そして、ハガキの裏面については、ブラシの形状を破線に変更します。

 

 

他のブラシシェイプを自由に試して、印刷作業に最適なシェイプを選択してください。

 

ステップ7:はがきにテキストを追加する

次に、ハガキの表と裏にテキストを追加します。プロセスを簡単かつ迅速にするために、フォントを新しいフォントリストにグループ化します。

 

 

[1] [ツールプロパティ]パレットから[フォント]を選択し、歯車アイコンをクリックして、[フォントの設定]リストを開きます。

[2]最初のアイコンをクリックして、新しいフォントリストを作成し、名前を付けます。

[3]はがきまたはその他の印刷物で使用するフォントを選択し、[OK]をクリックします。

 

これにより、特にシステムに大きなフォントコレクションがある場合は、多くの時間を節約できます。

 

 

■テキストツール(ショートカットT)を選択し、使用するフォントとサイズを設定します。これらの設定は後で変更することもできます。キャンバスをクリックして、テキストの入力を開始します。 Shiftキーを押しながら矢印キーを移動するか、マウスでテキストの一部を選択できます。 「30%OFF」には太字フォントを使用します。色を変更することもできますが、色を変更する文字だけを選択してください。

 

 

はがきの裏では、テキスト情報に90%の黒を使用します。他の色合い/インク(シアン、マゼンタ、イエロー)を含むダークブラックを選択しないでください。印刷の登録に関する問題が発生する可能性があります。 [印刷サイズ]プレビューを使用して、テキストの読みやすさを確認することもできます。特に、11未満のテキストを使用してください。

 

 

▼テキストツールについて詳しく知りたい場合は、次を確認できます。

 

ステップ8:ファイルオブジェクトのインポート

 

このステップでは、前のステップで四角い文書に作成されたアイコン図面を1つずつインポートします。 [ファイル]> [インポート]> [ファイルオブジェクトの作成…]から、Clip Studioファイルを選択し、[開く]を押します。

 

 

▲オブジェクトレイヤーに関する詳細を示すメッセージが表示されます。 [OK]を押すと、この図面がレイヤーパレットの[ファイルオブジェクト]であることを示すアイコンが表示されます。

 

ファイルオブジェクトを変換できますが、元のファイルには影響しません。線の色を変更したい場合は、[ツールプロパティ]パレットからは変更できません。色を恒久的に編集または変更する場合は、[レイヤー]メニューから[ファイルオブジェクトのファイルを開く]を選択して変更します。

 

 

■ファイルオブジェクトの色を(ソースファイルを開かずに)すばやく簡単に変更する方法は、[レイヤープロパティ]パレットの[レイヤーの色]を使用することで、元のファイルには影響しません。

 

 

▲使用する色を選択し、レイヤープロパティパレットに塗りアイコンが表示されたら、レイヤーの色をクリックします。

 

他の描画アイコンでこのプロセスを繰り返して、異なる色を試すことができます。グリッドをガイドとして使用して、はがきやその他の印刷物に要素を配置することもできます。

 

▼ここには、他のアイコンが表示されています。

 

 

 

■重要:PSDファイルをFileオブジェクトとしてClip Studio Paintにインポートすることもできます。 [ファイル]> [インポート]> [ファイルオブジェクトの作成…]からPSDファイルを選択し、[開く]を押します。

 

 

▲ここでは、背景を切り取って保存した写真を見ることができます。写真編集アプリ/ソフトウェアを使用しない場合は、Clip Studio Paintの選択ツールとマスクを使用できます。

 

▼マスクについて詳しく知りたい場合は、次を確認できます。

 

ステップ9:レイヤーをファイルオブジェクトに変換する

 

任意のレイヤーまたはレイヤーフォルダーをファイルオブジェクトに保存できます。これにより、後で編集できる新しいClip Studio Paintオリジナルファイルが自動的に作成されます。

 

▼これは、私がポストカード用に作成したギフトショップのロゴです。

 

 

[1]「GS」ロゴに2つの異なるフォントを使用しました。また、エッジの色が青の[境界線効果]を追加しました。

[2]次に、「ギフトショップ」というテキスト用に、同じ青の2行で別のレイヤーを作成しました。

[3]最後に、2つのレイヤーをレイヤーフォルダー内に配置しました。 [ワークスペース]を使用している場合は、Ctrlキーを押しながらGキーを押してフォルダーを作成し、選択したレイヤーを挿入して、レイヤーを選択できます。

 

レイヤーフォルダーを選択し、[レイヤー>ファイルオブジェクト>レイヤーをファイルオブジェクトに変換…]から新しいファイルオブジェクトの領域を選択し、[OK]を押して新しいファイルを保存します。 [描画領域]を選択し、元のレイヤーを保持します。

 

 

新しいファイルオブジェクトを保存すると、前のステップで上で見たメッセージとアイコンレイヤーが表示されます。

 

ステップ10:印刷用にエクスポート

 

はがきのデザインが完了したら、印刷会社が必要とするファイル形式で作業を[エクスポート(単層)]する必要があります。編集可能なドキュメントを配信する場合は、すべてのレイヤーとフォルダーを含むファイルをPSDとして[名前を付けて保存]できます。

 

[File> Export(Single Layer)]から2つのPSDファイルとTIFFファイルでポストカードをエクスポートします。 1つは前面用、もう1つは背面用です。

 

 

[1]テキストが選択されていることを確認します。パーソナルインクプリンターでコピーを印刷する場合は、クロップマーク(T)とデフォルトの境界線(Y)を選択することもできます。

[2]式の色と埋め込みICCプロファイルを選択できます。これにより、ドキュメントの環境設定で設定したカラープロファイルが挿入されます。

[3]スケール比を選択できます。ファイルを印刷会社に送信するには、100%でエクスポートする必要があります。

 

注:裁ち落としを使用してドキュメントを作成したが、印刷会社から、必要なファイル拡張子でハガキをエクスポートする前に[編集>キャンバスサイズの変更]から画像を切り抜くことができると言われた場合。

 

サンプルの仕上げと印刷

 

最後に、はがきまたは印刷デザインを印刷会社に送信する前に、印刷される素材(紙、厚紙など)の作業を視覚化することをお勧めします。インクまたはレーザープリンターを使用して1つまたは複数のサンプルを作成し、色、テキストサイズ、安全な領域などを確認します。

 

デザインの印刷生産の準備ができたら、正しい印刷サンプルをクライアントと印刷会社に提供できます。

 

印刷会社にアクセスすると、デザイナーと正しい色について話し合うことができます。色は、スクリーンモニターに表示される色や、インクまたはレーザープリンターで印刷したコピーと異なる場合があります。そのため、PANTONEなどのカラーガイドが色の再現に非常に役立ちます。

 

▼これが最終的なはがきです。

 

 

このチュートリアルをご利用いただきありがとうございます!ここで役立つヒントを見つけていただければ幸いです。下記のコメントセクションでご意見をお聞かせください。作成することを忘れないでください。

 

 

コメント

新着

公式 新着