Clip Studio Paintのベクトル図:コミックとマンガ

1,118 view

前書き

このチュートリアルでは、ベクターツールのみを使用して、コミックスタイルのイラストを作成する方法を学習します。これは、満足のいくラインアートとシェーディングを達成し、良好な仕上がりにするための簡単な方法です。

このチュートリアルは、基本レベルまたは中級レベルのアーティストを対象としており、Clip Studio Paintがベクターラインを操作するために自由に使用できるさまざまなツールを段階的に説明します。

ベクトルを使用する利点は複数あります。一方では、そのエディションの可能性により、デジタル描画の高度なドメインを持たずに非常に良い結果を得ることができます。一方、ベクトルの性質により、ラインの品質を損なうことなく画像を拡大または縮小できます。

始めましょう!

ベクターの操作を開始するには、「新しいベクターレイヤー」をクリックします。

タスクバーの「レイヤー」セクションの「新しいレイヤー」の下にある「ベクターレイヤー」を選択することもできます。

この最後の方法を使用する場合、名前、式の色、組み合わせモードなど、レイヤーを開く前にレイヤーを調整できます。

このコマンドは、作成する各行がベクター形式で作成される新しいレイヤーを作成します。

次に、図面の線の描画を開始します。これを行うには、Clip Studioペイントツールのいずれかを使用できます。この例では、プログラムにデフォルトで含まれる「ペンG」と「連続曲線」を同じ意味で使用します。

「ゴム」ツールを使用して、気に入らない行を削除できます。 Clip Studio Paintが提供するゴムのいずれかを使用する場合、消しゴムが通過する領域を削除します。

このプログラムは、特別な方法でベクトルを削除する特定の機能も提供します。 [ベクタードラフト]オプションをオンにすると、ベクターレイヤーにいるときにいつでもこの関数を使用できます。これにより、タッチした領域を削除するか、ライン間の交点まで削除するか、グローバルラインを削除するかを選択できます。

「コントロールポイント」でラインアートをスタイリングします

完成した図面のラインができたら、「ライン補正」をクリックして補正ツールにアクセスします。これにより、ラインを簡単かつ迅速に調整して、ラインアートをより様式化した外観にすることができます。

Clip Studio Paintには、この作業をはるかに簡単にする複数のツールが用意されています。好きな順序で使用できますが、このチュートリアルでは、最初に「コントロールポイント」を使用しますが、その他については後で説明します。また、「操作」ツールを使用することもできますが、このチュートリアルでは最後のポイントで説明します。

「コントロールポイント」を使用すると、ベクターを構成する幾何学的ポイントをさまざまな方法で変更できます。したがって、メニューで選択したプロセスに応じて、既存のポイントを移動したり、新しいポイントを追加したり、削除したり、コーナーと見なされるものを変更したり、選択したポイントの線の幅を変更したり、密度を修正したり、線をカットしたりできます。

好きな方法でこれらのメディアを使用してください。 1つのヒントは、「コントロールポイントの削除」ツールを使用して数量を減らすことです。これにより、操作しやすくなります。また、「ラインを簡素化」ツールを使用して、このプロセスをより高速に実行することもできますが、制御は少なくなります。この機能については、このチュートリアルの次のポイントで説明します。

「線幅の変更」ツールを使用して、必要なポイントで線の太さを調整します。 1つの推奨事項は、光が当たる場所で最も細い線を作成し、影の領域で太くすることです。

満足のいく結果が得られるまで、前述のツールを使用してベクトルを変更し続けます。

「ライン補正」でラインアートを完成させます

次に、他の「ライン補正」ツールでラインを調整します。

「線をつまむ」を使用すると、ポインタで線をつまんでいるかのように線を変更できます。

「ラインの単純化」を使用すると、ラインを変更して、それを構成するコントロールポイントを減らすことができます。

「接続線」を使用すると、最初は分離されている2つの線をリンクできます。

[線の再描画]または[幅の再描画]を使用すると、線をトレースすることで線またはその幅を変更できます。

「線幅の変更」を使用すると、線全体のサイズを変更できます。

露出したツールを使用して、お好みの方法でラインアートを完成させます。 1つのヒントは、線幅を変更して、描画を構成するすべての線を均一にすることです。これを行うには、幅を拡大、縮小、変更、または修復するかどうかを選択し、サイズを調整します。次に、変更する図面の線を選択します。

シェーディングを開始します!

ラインアートに必要な結果が得られたら、シェーディングを開始します。ベクトルを使用して、コミックのインク付けのようなハードシェーディングを得ることができます。これを行うには、このチュートリアルの前のポイントですでに説明したものと同じツールを使用します。

まず、必要なツールを使用してシャドウラインを作成します。この例では、以前に使用した「ペンG」が使用されています。

次に、「ライン補正」に含まれるツールを使用してラインを変更します。

インクの外観を与えるための小さなトリックは、シャドウラインの横に直線を作成することです。これらの線の幅を変更して、影付きの端が広くなり、明るい端が狭くなるようにします。これにより、ブラシの端に残された効果と同様の効果が得られます。

希望する結果が得られるまで、必要に応じてラインアートを再調整して影に合わせます。

「操作」で最後のタッチ

前述のプロセス全体で、「操作」ツールを使用できますが、このチュートリアルではこの時点で説明します。現在の方法でベクターを操作するには、「オブジェクト」に含まれているツールを使用するだけです。

編集する行を選択します。できない場合は、「ベクター」が選択可能なオブジェクトとしてマークされていることを確認してください。

選択すると、すでに作成した行を編集できるさまざまなツールを備えた新しいメニューが開きます。

これらのツールを使用すると、線の色、サイズ、または描画に使用するブラシを変更できます。目的の操作を選択した後、カーソルをドラッグして、線を移動、回転、または拡大縮小することもできます。

必要な調整を行い、少し色を付けて描画を終了します。このようにして、イラストが完成します!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着